« 2015年12月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

방아다리。

とある本を読んでいると、唐辛子の栽培について

Y자로 나누어진 방아다리 가지 사이에…

という文章が出てきた。

この방아다리とは何ぞや…と調べてみると、

金・銀・玉などでかかしの形に作られた

婦人たちの装飾品。

…こりゃ違うな(-ω-)…さらに検索…。

ほかの방아다리は

방앗다리(水車の杵をはさんでいる木)の北朝鮮語

・コメツキバッタの方言

…いずれもピンと来ない(-ω-)

さらに検索すること2時間ほど(T▽T)

確信はありませんが、どうやらこの방아다리

방앗다리から由来した言葉で、

さらにその방아というのは양다리방아(または두다리방아

という、Y字型の踏み板を用いた踏み臼디딜방아)のこと、

つまり방아다리は양다리방아の踏み板のこと

もしくはY字型のこと、と思われます(たぶん)。

↑のサイトによると、中国、日本でも踏み臼は使われていましたが、

Y字の踏み板を用いた踏み臼は、韓国独自のもののようです。

ゆえに방앗다리というと、Y字のものを指すのが当然

…になったのでしょうか。

こちらの방아のサイトには、こんな諺が紹介されています。

죽은 시어머니도 방아 찧을 때는 생각난다.

…踏み臼を踏むと姑を思い出す。

困難な局面に直面すると、それまで憎らしかった人さえ

ありがたくなる、恋しくなる、という意味らしい(-ω-)

で、この場合の踏み臼も양다리방아で、

姑と2人で踏み板を踏んで作業をしたのではないかとのこと。

…なのですが。

調べていると「고추 방아다리を摘まねばならない」という

表現が多用されている。

(唐辛子は、枝分かれしたところにできた初めの花?実?は

摘まねばならないらしい。)

もはや방아다리はY字のことではなく、

Y字の枝にできた唐辛子…の意味でも使われているように

思われます。

まあ、言葉は生き物ですからねcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

탐정이 아닌 두 남자의 밤。

あけましておめでとうございますfuji

てかもう3月coldsweats02

読書時間は「そこそこ」確保(理想量には満たない…)、

しかしながらレビューアップの気合いがイマイチ…

と思いつつ、だんだんたまってきちゃったので

やっとの思いでレビューをアップしようと思ったのに、

さっき記事を編集してたら、エラーでぶっとびやがったpout

というわけで、さっき書いた前置きは省略!

今年の初レビュー!

…は、昨年最後に読んだこちら!

Img_2641

『탐정이 아닌 두 남자의 밤』 최혁곤

チェ・ヒョッコン作家の連作小説です。

これまでのBシリーズはハードボイルド・アクションな

感じでしたが、

今回は少し雰囲気が明るく、ポップな印象。

女性にも読みやすいかと思われます。

(えーっと、一部、ぎょっとしますが。)

元記者と元刑事のでこぼこコンビ、

「探偵じゃない」二人の男のドタバタ奮闘記です。

元刑事のカル・ホテが経営する喫茶店に入り浸る、

元記者のパク・ヒユンとヒユンの後輩のエリ、

そして喫茶店のウェイトレスも一緒に、

事件に巻き込まれたり、

事件解決に挑んだり…ドタバタしますsmile

物語は、ヒユンの元カノ誘拐事件から始まります。

真夜中に入った、元カノからのヘルプコール。

犯人からの呼び出しを受けたヒユンが、

早急に友人カル・ホテに協力を要請し、

犯人からの指定場所に向かいますが、

そこで彼らが目にしたものは…coldsweats02sign03

そのほか、多文化家庭やスポーツ業界、

芸能界にブラック企業など、

多彩なテーマを扱った7つのストーリーが、

少しずつ絡まりあって描かれます。

都市開発や、街頭デモ、座り込みなど、

あちらこちらに「韓国の今」っぽさも見え隠れしています。

うぎゃ~~~!なシーンもちょこっとあり、

ホロリとする親子愛もあり、切ない愛もあり、

もちろん!チェ・ヒョッコン作家ならではの

どんでん返しもありsmileな一冊です。

それから…

Img_2642_4


なんと付箋をこんなに貼った!

その中から、一部分をご紹介いたします。

복부인:【福婦人】不動産投機で財を成す主婦、女性。

 前にも調べたな、きっと(-ω-)

사짜:사기꾼, 사이비…つまり、詐欺師、まやかし、まがいもの、

 エセ、など。

꼰대:「年寄り」または「先生」のスラング。

강호의 의리도 땅에 떨어졌다

 :강호(江湖)は世界、世間、世の中で、

 人々の義理も地に落ちたものだ、

 世も末だ、くらいの意味でしょうか。

 今読んでる本にも出てきた!

야마돌다:気が狂いそうなほど腹立たしい

고삐리:=고딩 「高校生」のスラング。

시공초월:【時空超越】!

(손에) 장을 지지다:「絶対だ、賭けてもいい!」というような

 断言するときに使う言葉。

 前にもどっかで見た…。

팔불출:バカ、マヌケな人のこと。

それからそれから

♪세월이 가면~ 가슴이 터질 듯한~

の歌、ご存知でしょうか!?

ドラマ「彼女が帰ってきた」(2005年)のテーマ曲のような

歌なんですが、この歌詞がお話の中に登場して、

久しぶりにドラマを見てしまいました~懐かしい~happy02

小説の中に、自分にとって思い入れのある歌が出てくるという

これまた嬉しい体験をさせていただきました^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年4月 »