« 2015年6月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

探し物をしていたら…。

…探してないものが出てきた(-ω-)

Img_2318_2


韓国語を始めて3年目くらいのころの雑記帳。

あの頃は熱血だった(/□≦、)

学生時代にこんだけ勉強してたら

人生変わってたかも(/□≦、)

残ってしまった二色・三色ボールペンの赤を使って、

百均ノートにガシガシ書き殴る…

てのが、当時の覚え方でした。

手で覚えた…から、いまだに口から出てこないんだhappy02

…それはそうと…探し物が出てこない(-ω-)…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

아린의 시선。

またまたお久しぶりです…。

家事雑用と公務と仕事と遊びに追われ、

(上記4項目の比率はご想像にお任せしますcatface)

なかなかブログの記事アップにたどりつかない

今日この頃です…。

読書時間も激減、しかしながら着実に読了本はたまる一方、

意を決してやってまいりました…。

Img_2291_3

『아린의 시선』 서미애

韓国推理小説界の女王、ソ・ミエ作家の新刊

…といっても5月に出版されたものですが、

長編推理…というよりサスペンスかな…小説です。

ソ・ミエ作家の作品は、今までも長編、短編集含め

何冊か読ませていただきましたが、

ワタシ的にはハズレがない!

しかし、今回ばかりは購入をためらってしまいました。

こんなキャッチコピーのせいで。

누군가 내 열한 살의 몸에 스물일곱 번 칼을 찔렀고...

コ、コワイ…shockshockshock…。

サスペンス、ミステリは好きですが、

極度にホラーチック、ただただ残虐なだけで

終わっちゃうような作品は苦手です(-ω-)

が、やはり作家の魅力に負けて購入、

読んでヨカッタ(≧∀≦)

たしかに事件の発端は「残虐な事件」なのですが、

その残虐性がメインではありません。

主人公は、20年前に起きた一家殺傷事件の被害者、

アリン。

当時、アリンの家には、彼女の他に4人の家族がいました。

母親と、新しい父親、そして彼の娘と息子。

事件後、数日間昏睡状態だったアリンは、

その衝撃と恐怖のため、

そのとき家族に何が起こったのか、

家族がどうなったのか覚えていません。

そして20年後。

アリンは、ある殺人事件に関する夢を見ます。

そして、20年前の事件の夢も。

…いろいろあらすじはお知らせしたいところですが、

ネタバレになるのでこの辺でsmile

事件解決のカギを握るのは、アリンの夢と、

アリンにつきまとう異母兄弟のジェハ。

ダレどころがない、スピード感が嬉しい、

時にウギャ~~~~アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!…な

スリルとサスペンスが楽しめます^^

時間的に許されるなら、ぜひ一気読みしたい!

と思える作品でしたshine

内容的にも韓国語的にも、

比較的読みやすいのではないかと思います。

ではまた、近々アップしに参りますε=ε=ε=(┌  ̄_)┘…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年11月 »