« 분에 넘치는 선물... | トップページ | 익명소설。 »

B컷。

や、やっと一週間が終わりましたね(゜-゜)

この時期のバタバタには、いつまでたっても慣れません(゜-゜)

週末は週末で、平日にはこなせない雑事を片づけねばならず、

明日は、子どもたちの用事をなるべく一か所ですませたろ、

…ってことで、ショッピングモール行き決定(T▽T)

休日のショッピングモール(T▽T)

ちっとも嬉しくねぇ(T▽T)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

お久しぶりのレビュー。

Img_1270

『B컷』 최혁곤

こちら、「推理小説」「刑事」などで検索をかけると

ヒットする作品で、かなり前から存じ上げていたのですが、

キラー?アサシン?コワイの?

…と思い、手を出せずにいました。

が、この度、縁あって購入に至りまして、先日読了。

主な登場人物は、不幸な過去を持つ女キラーと、

刑事の職を追われた男。

1枚の写真に写った4人の男のうち、

2人が立て続けに死亡します。

変な言い方ですが、本筋の事件は一般的な

スリル具合で進みます。

不幸のどん底に現れた、頼れる先輩キラーのもと、

新米キラーとして新たな道を歩み始める女と、

事件の真相を追う元刑事。

そして、これは韓国小説の味でもある気がしますが、

家族の深い情、深い情があるがゆえに生まれた恨、

そんな色も感じながら、

物悲しさにしんみりしながら、

…暗殺者と元刑事の攻防が描かれます。

しかし、なんといっても、ワタシ的にこの作品のミソは!!

ラスト15ページに凝縮されてる!!

ラスト15ページに叫びどこが4か所!!

いつものように歯磨きしながら読んでて

え゛~~~~~~~!!!!!と2度叫び、

隣で歯磨きしてた長女にいぶかしがられ、

その夜は、時間がなく、そこでおしまい、

布団に入ってからあまりのショックで眠れなかった(T_T)

な、なんで(T_T)(T_T)(T_T)

なんでなの(T_T)(T_T)(T_T)

どうにも作家にだまされた気分大!超特大!な展開。

しかし、振り返って読んでみると、

作家は嘘はついてない…私が(そして、ほとんどの

読者は)勝手に「そう」と思い込んでただけ…。

やられた…(T_T)というショックです。

そして、翌日、残りを読んで、また2度のショック…

こちらは叫ぶというより背筋が凍るショックでしょうか。

ぞぞぞ~~~~cryingなショックです。

そんなショックを、ラストにさらりと書いちゃってます、作家。

ああ、ネタバレしてしまいたい…

ですが、気になる方は、

どうぞお手にとって、ご自身でお読みくださいますよう。

韓国語的にもあまり難しくなく、

物語の構成自体、非常に読みやすく、

かつカッコイイ、面白い構成になっています^^

最後の最後まで、気を抜かずにお読みくださいconfident

|

« 분에 넘치는 선물... | トップページ | 익명소설。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

お忙しい1週間! そんな中でも読書にいそしむ海さん(^^)。

えー、ラストに4回のショックですってぇ...。えー!

お借りしたいです。

もうじきお借りしたのまとめてお返しできると思いますので〜(^^;)。

投稿: ハーちゃん | 2015年4月24日 (金) 23時55分

いそしむってほどいそしめていなくて、
街に出るときの乗り物の中と歯磨き中くらいしか
読めてないのです(T_T)
が、そんな限られた時間で読んだ本が、
つまらない本ではなく、面白い本だったってコトが
とっても嬉しいです^^
ショックのデカさも気分いいですし(≧∀≦)

投稿: 海 | 2015年4月25日 (土) 11時15分

海さんの記事がなかったらまず手に取ることもなさそうな男性的なイメージの表紙本。
だけどホント、読んでみたくなっちゃうようなレビューなのよね~happy02おもしろそう~note
そしてその「なんで~crying」がむちゃくちゃ気になりますわsmile
あぁいつ読めるかしら・・happy02

あちこちショッピング、お疲れ様~delicious
ウチはおばあちゃん(義母)が、私のブラウスを買ってあげるから出かけるかい?って言ってくれたのに、んもう買い物行くのがが面倒くさくって今日はパスしてしまいました~coldsweats01
だけど私の休みの日なのにダンナも休みで、な~んだか好きなことできなくていやんなっちゃうわ~gawk

投稿: ◇Yumi◇ | 2015年4月26日 (日) 22時27分

せっかくの休日に忍耐の時間、お疲れさまですcoldsweats01
男のヒトって、休日にストレス感じるシチュエーションとか、
ないんでしょうかね?
それとも、そう見えるのは、夫を好きにさせてる(無関心ともいう)私のおかげかしらhappy02

4か所のなんで(T_T)のうちの一つが、
本当にショックというかなんというか、
その事実自体もショックなんですが、
そこに至るまでに、自分が騙されていることに
気づかないこともショックだったし、
「そう」思わせるための作家の手法もお見事、
その罠に見事にハマってしまった自分もお見事(笑)、
と、いろんな意味でショックを楽しめましたよsmile
そのうち是非^^

投稿: 海 | 2015年4月26日 (日) 23時44分

ハーちゃんさん、スミマセン、
私の正体がばれてしまうと困るので
コメント、非公開にさせていただきましたsweat01

あちらでも彼女とはつながっていないのですが、
早速、本を買ってくださったとのことで
お礼だけお伝えさえていただいたくらいなのです。
ありがたや~ですconfident

投稿: 海 | 2015年5月13日 (水) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/59762568

この記事へのトラックバック一覧です: B컷。:

« 분에 넘치는 선물... | トップページ | 익명소설。 »