« 最近あれこれ。 | トップページ | 『라일락 붉게 피던 집』の単語たち。 »

라일락 붉게 피던 집

ポケットに手を突っ込んで階段を上り、

後ろから来た長女にスリッパを踏んづけられて

階段の角に肘を強打した☆海☆です(-ω-)

いや~な疲労感のような脱力感のような、

妙なだるさを感じます。

とりあえず湿布さんに出動願いましたが…

このクソ寒いのに湿布だなんて(#`皿´)!!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

本日のレビュー。

Img_0744_2


『라일락 붉게 피던 집』 송시우

ソン・シウ作家、初の長編小説です。

ソン・シウ作家の短編はコチラコチラにも

収録されています。

ソン・シウ作家のデビュー作は、2012年の

ミステリマガジンにも収録されているようです。

ほら!この↑カスタマーレビューにも、

韓国ミステリの翻訳出版を待っている方が!

出版社の方、よろしくお願いしますよ~!

…てなわけで、こちらの作品のレビュー。

といっても、なんとも複雑に絡み合った

ストーリー!

そこまで絡めるか!といった感もあり、

あらすじの紹介が容易なことではございませんcatface

新聞連載のネタとして、自分が幼少時に住んでいた

共同住宅「ライラックハウス」について調べ始めた

大衆文化評論家のスビン。

時代は1980年代。

当時、その家にはスビン一家のほか、

果物商を営む家族、美男&美女の新婚夫婦、

田舎からソウルへ出てきた3人組の女性

(そのうち2人は姉妹)、そして大家の知人でもある

大学生らしき男性が住んでいました。

練炭を用いた暖房による一酸化炭素中毒死が

あとを絶たなかった時代。

ある朝、ライラックハウスに住む大学生ヨンダルも

死亡した状態で発見されます。

自殺か事故死か。

見解はわかれましたが、警察は事故死と断定。

そして現代。

人気講師としても活躍するスビンのもとに、

ヨンダル事件を担当した刑事ヨンドゥが現れ、

なにやら意味ありげな言葉を投げかけます。

さらに、ライラックハウスで共に暮らした

果物商の息子であり、

現在はスビンのボーイフレンドでもあるウドルは、

スビンがライラックハウスについて、

ヨンダルの事件について嗅ぎまわることに

猛反対します。

それでも当時の住人らを探し当て、

事件の真相を探るスビン。

話が進むにつれ、小さな疑問点が

次々と浮かび上がります。

1980年代、富を築こうと上京した人々が、

必死に働き、必死に稼ぎながらも、

思い描いていた生活とはかけ離れた

満たされない生活の中で、

時には騙し、騙されながらも

助け合いながら生きていく…

そんな時代がかいま見れるお話です。

ホラ、こっちの人が怪しいわよ、

いや、あの人の方が怪しいのよ、

といわんばかりのエサがばらまかれ、

怪しい人満載のあたりが楽しめます。

拾った単語たちもいるのですが、

長くなったので、のちほど別記事で。

|

« 最近あれこれ。 | トップページ | 『라일락 붉게 피던 집』の単語たち。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

私もいつも主人に「ポケットに手を入れないで」って言うのですが、主人の場合はカッコ付けてるような気がしないでもない(^^;)。

このミステリーですが、殺人だったのかなぁ。気になります。ほのぼのとしてもいるんですよね? う〜む(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2014年11月14日 (金) 15時48分

私はれっきとした防寒対策で手を突っ込んでたのですが…。
まさか背後から我が子に襲撃されるとは
思っていませんでした(-ω-)
背中に気をつけな…ってカンジでしょうか。

基本的にミステリ、かつ発展途上にある時代の
お話なので、ほのぼのってカンジではないですね。
ヨンダル事件については、どうぞお読みになってからsmile

投稿: 海 | 2014年11月14日 (金) 16時13分

안녕하세요^^ 라일락 붉게 피던 집을 쓴 송시우입니다. 일본인 독자님의 서평을 보고 깜짝 놀랐고 매우 뿌듯했습니다. 저는 일본어를 할 줄 몰라 일본어를 잘 하는 친구의 도움을 받아 서평을 읽을 수 있었어요.

독자님의 서평을 제 트위터(@SONGSIWOO)에 소개했습니다.

앞으로도 한국 미스터리 소설에 많은 관심 가져주시길 부탁드립니다. 영광입니다.^^

投稿: 송시우 | 2014年11月17日 (月) 20時48分

저,저야 말로 너무 놀라서 죽을 뻔했어요!!!

저는 한국 소설, 특히 추리, 미스터리 소설을 너무너무너무너무 좋아하는 일본 주부입니다.
작가님 트위터도 매일 보고 있어요^^
그 트위터에서 제 블로그가 소개되다니...
송구하옵니다~m(_ _)m
저는 페북은 하고 있는데 트위터는 하지 않아서
리플을 달지 못해요crying
여기에 감사의 말씀을 드립니다.

요즘 한국 작가분들이 쓰신 추리/미스터리 소설이 많아지고 있다는 느낌이 들어 저도 기쁩니다. 한국 독자분들도 일본 소설이나 미국,영국 소설 말고 한국 추리 소설을 더 읽고, 한국 추리/미스터리 작가분들이 활약하는 장면이 더 많아졌으면 좋겠네요^^
그런 날이 빨리 오기를 기다리면서 매일 한국 소설을 읽고 있어요.
(지금은 도진기 작가님의 『유다의 별』을...)

송시우 작가님이 앞으로도 스릴과 서스펜스, 그리고 인간미 넘치는 추리소설을 써 주시기를 기대할게요^^

저는 한국어를 읽기는 어느 정도 할 수 있는데 , 쓰기(랑 말하기랑 듣기)는 좀 서툴러서... 엉터리 한국어, 죄송합니다m(_ _)m

날씨가 추우니 몸 조심하시고 따뜻하게 지내세요

(근데요, 사실 저도 오늘 작가님의 페북을 우연히 발견했는데요...지금 친구 신청하고 싶은 욕구가...)

投稿: 海 | 2014年11月18日 (火) 00時31分

한국말 너무너무 잘하시는걸요!!!
정말이에요. 놀랐어요.^^

저에게 독자님의 리뷰를 번역해 준 제 친구도 독자님의 한국어 실력에 놀라고 있어요!

유다의 별을 읽고 계시는군요. 트릭도 훌륭한데다가 일본이 배경으로 나오는 장면도 있으니 더욱 흥미롭게 읽으실 수 있을 것 같아요.

제가 페이스북 개설은 해놨지만...관리는 안하고 있어서요. 아이디랑 비번도 잊어버렸어요 ㅠ.ㅠ

대신 한국 추리소설을 읽다가 궁금하신 점 있으시면 제 메일(endlessnight@naver.com)로 물어봐주신다면 정성을 다해 답해드리겠습니다!
처음으로 알게 된 일본인 독자에 대한 respect!

감사합니다! 알게 되어 정말 기뻐요!

投稿: 송시우 | 2014年11月18日 (火) 19時48分

천만의 말씀입니다~m(_ _)m
첫번째 일본인 독자라니 행복합니다~ 영광입니다~ㅠ.ㅠ

메일 주소를 가르쳐 주셔서 감사합니다!
아까 메일을 보냈어요^^
바쁘실 테니까 답장 쓰려고 무리하지 마시고요...
작가님덕분에 저도 더 열심히 한국 소설을 읽자!
...라는 마음이 강해졌어요.
또 여기로 놀러 와 주셨으면 좋겠어요.
앞으로도 열독(?열심히 독서)하겠습니다!

投稿: 海 | 2014年11月18日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/57968034

この記事へのトラックバック一覧です: 라일락 붉게 피던 집:

« 最近あれこれ。 | トップページ | 『라일락 붉게 피던 집』の単語たち。 »