« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

単語の続き。

寒いのぉ(-ω-)…

でも、例年よりあったかくない?

いつも、この時期、こんなあったかかったっけ?

…とつぶやいたところ、子供たちから

「それは札幌に来たからでしょ(-ω-)」

とスルドい指摘が。

確かに…以前住んでいた町より南に位置する

札幌、気温も2~3度違うようです。

でも、前の家では、この時期、洗濯物が乾かず

(とにかく湿気がスゴイ家だった)

え~い、今日は洗濯したし~炊いちゃえ!

と、暖房入れることもあったのですが、

こちら、オール電化住宅。

度重なる北電さんの値上げのせいで、

一般家庭でも年間8万以上値上げになる

見込みとか(-ω-)

いつまで耐えれるか!?我慢大会のように

着込んで着込んで耐えてます。

(と言っても、室温はまだ16度くらいある。)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

…というわけで、前回ご紹介した本『하품은 맛있다』

から拾った単語たちの残り(-ω-)

슴벅하다目がしょぼしょぼする、または、

目をしょぼつかせる

실보무라지糸くず。보무라지だけだと

布くず、紙くず、などの意味らしい。

で、보무라지の縮約形は보물、財宝、宝物を

あらわす単語と一緒coldsweats02

기야,아니야:この기야の그렇다、맞다の方言で

기야?그래?맞아?くらいでしょうか。

なので、기야,아니야で、そうなのか?違うのか?

くらいでしょう。

머릿니アタマジラミ!この니は이か!

말본새:発音は〔―뽄―〕に。口の利き方や態度

개절하다:【凱切―】検索してもあまり出てこないのですが。

非常に適切だ、相応しい、くらいの意味のようです。

따라지:いくつか意味があるようですが、

ここでは、つまらない人、つまはじき、といった感じ。

잉걸불1.熾(おき)火、熾 2.燃え残り…と

出ていますが、熾火ってナニ…で、これまた

日本語でも「赤々と燃えている炭火」という意味と、

「まきなどの燃え残り」という意味があるようですcatface

でも、どっちかというと、前者のイメージのよう。

농활:농촌활동農村活動

골부림腹いせに当たり散らすこと

あれ、これは知らなかった、縁があるのに~。

…と、とってもたくさんの単語を拾わせていただきましたshine

が、これらの単語、調べたのは、すべて読み終わった後。

つまり、意味が分からなくても、すっ飛ばして読んでも

なんら支障はありませ~ん(´▽`)ノ♪

方言をしゃべるオッサンが一人出てくるので、

方言もちょこちょこ出てきて面白いです^^

そのオッサンのこんな一言が素敵です。

살다 보믄 해도 되나 싶은 일이 있고,

해야 되나 싶은 일도 있대이.

그럴 때 정답이 뭐겠노?

해도 되나 싶은 기는 안 하는 기 맞고,

해야 되나 싶은 건 무조건 하는 기야.

니 알아서 판단 잘하그래이. 알긋나?

生きていりゃ、やってもいいのか?って

こともありゃあ、

しなくちゃならんのかなぁ、ってことも

あるもんだ。

そんなときの正解はなんぞや?

やってもいいのか?ってこたぁ

やらないのが正解、

しなくちゃならんのか?ってこたぁ

何がなんでもやるのが正解。

自分できっちり判断しろよ。わかったか?

う~ん、名言shine

しちゃダメだろうな~と思うことも

やっちゃってるワタシだけどshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

하품은 맛있다。

なかなかレビューが追いつかないので、

ワタシ的に3つ以上の作品のみ

ご紹介させていただこうかと思います。

(これまでアップした作品の中で2つ以下は

どれ、とかの質問はナシで。)

で、いきなりワタシ的に5つの作品!

Img_0669_3

『하품은 맛있다』 강지영

何度か目を留めつつも、

表紙がちょっとエッチかったので敬遠していましたが、

いや~面白かった!!

グルグル系小説typhoontyphoontyphoonですheart04

グルグル的に言うと、

チェ・ジェフン作家のこちらの作品や

キム・イファン作家のこちらの作品と似たグルグルでは

ありますが、

↑この男性陣のグルグルよりは読みやすく、

(良くも悪くも)不可解感は少ないかと。

以下、ちょろっとあらすじ。

主人公は、バイトで学費を稼ぐ苦学生イギョン。

容貌はパッとせず、通っている大学も三流ですが、

バイト代で父親の療養費の支払いも手伝う孝行娘です。

比較的収入が高い理由で選んだバイトは「特殊清掃員」。

殺人現場となった部屋を掃除したり、

故人の遺品を整理したりする仕事です。

被害者が殺害されてから発見に至るまで、

かなりの日数が経過していることもあり、

視覚的にも嗅覚的にもハードな仕事です。

イギョンは、ある日、自分がセレブなお嬢様

「ダウン」になっている夢を見ます。

イギョンと正反対のキャラクター、身分を持つダウンは、

稀に見る美貌で一流音大の学生、そして有り余るお金で

ゼイタクし放題の生活を送っています。

夢の中で体験したことや交わした会話から、

その夢がただの夢ではないことに、

かなり現実味を帯びた夢であることに気づいた

イギョンは、その夢が予知夢であると確信します。

イギョンは、夢の中のダウンを自分と認識しつつも、

第三者的視線でダウンを見つめています。

自分が動きたいように動けない、

話したいことを話せない、というもどかしさを

感じるイギョンですが、

やがて「ある方法」でダウンの体を

ある程度、支配できることがわかります。

一方、夢の中のダウンもイギョンの存在に気づき…

……物語の進行とともに、

現実の世界のイギョンと、

夢の世界の存在にすぎないはずのダウンが

少しずつ、少しずつ近づいていき…

…という、なんともミステリアス、

そして、中盤からは怪しげな事件が浮上、

真相を突き止めるため、

あちこち嗅ぎまわるイギョンの身に危険がsign03

で、ラストは若干グロホラ~~~shockなお話happy02

久しぶりに、ほぼ一気読みhappy02

…ぜんぜん「ちょろっと」なあらすじじゃなかったですね。

長くてスミマセンm(_ _)m

では、今回拾った単語たち~~~。

:これ、前にも調べた気が…。凹凸です。

부윰하다:民衆書林さんのブ厚い辞書にも

載ってなかったので、スルーしようと思ったのですが、

他の本にも出てきたのでNaverさんへrun

光、ガラスなどが、少し白っぽかったり、ぼやけてたり

曇ってたりする、という意味のようです。

…う~ん、今更だけど、これ調べた気がするな~…。

급체:こちらは급(急)に체하다、突然の胃もたれ

어줍다言行が不自然でぎこちない、不慣れである、

手足がしびれて自由がきかない、の意。

ㅂ変則活用ではなく、規則活用です!

만신巫女の敬称

밸류:…ナニ類(-ω-)?と思ったら…!バリュー!!

부창부수夫唱婦随…あ~、どおりで知らないわけだ~

縁のない言葉だもの~(´▽`)ノ♪

맹키로~처럼の方言happy02

야그이야기の方言shine

무춤하다:무춤で、はっと、ぱっと驚くさま、

たじろぐさま、などで、무춤하다(→무르춤하다)で

たじろぐ、立ちすくむ、などの動詞に。

백상아리:…も既出(-ω-)ホホジロザメ

쇼메 반지ショーメという高級ブランドの指輪catface

あ~、どおりで知らないわけだ~

縁のない言葉だもの~(´▽`)ノ♪

…と、ここまででだいぶ長くなってしまったので、

残りの単語は、また後日m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

시티투어버스를 탈취하라。

秋ですねぇmaple

近所の小さな神社にも…

141018_113727


141018_113749

クリがいっぱいcoldsweats02 痛そうですbomb


本日のレビュ~。

Img_0667

『시티투어버스를 탈취하라』 최민석

こちら、いつもお世話になっている本屋さんで

入手したものではなく、

某ネットショップで買い物をした際に、

「なんとなく」購入してしまった

チェ・ミンソク作家の小説集。

表題作を含む7編の作品が収録されています。

各作品をちらりとご紹介すると…

『시티투어버스를 탈취하라』

労働条件に不満を募らせた出稼ぎ労働者たちが、

ある事件をきっかけにテロを画策。

外国人観光客を装ってツアーバスを乗っ取り、

青瓦台につっこもう!と奮闘する‘최씨’らのお話。

『부산말로는 할 수 없었던 이방인 부르스의 말로』

ひょんなことがきっかけで仲間とはぐれ、

釜山にたどりついたブルース。

韓国語も知らずに釜山での生活を始めることになった

ブルースにとって、韓国語=釜山マルだった。

なんとか仲間を探そうと、知恵を絞るものの、

なかなかうまくいかない。

そして、もっと広い世界で仲間を探すため、

標準語の習得、さらには英語の習得しようと、

血のにじむような努力を重ねるブルースのお話。

あ、ちなみにブルースとは…

ただの異邦人、欧米人ではありませんcatface

『“괜찮아, 니 털쯤은”』

非常に珍しい身体的特徴をもった青年が、

家族の理解も得られず、

自分の努力だけで身を立てようと努力を重ね、

頭脳明晰、美しいボディを持つ人気者となる。

が、一人の女性に恋をし、

自分の力ではどうすることもできない

葛藤と挫折を味わうことに…という恋のお話(?)。

『국가란 무엇인가』

이것은 대하 막장 단편소설이다.

という一文で始まる物語。

ちなみに、대하のあとには「大河」ではなく

「大蝦」という漢字が。

夢枕に現れたおじいさん(16世紀に活躍した文豪)に

小説の代筆を頼まれた小説家のお話…なのですが。

一般的に대하소설などで使われる대하とは違う대하、

そして막장 드라마などで使われる막장とは

ちょっと違う막장…なのですが、

막장以外のなにものでもないお話(-ω-)

『‘속’시티투어버스를 탈취하라』

一つ目のお話、表題作の続編。

まさに、続編です。

『독립운동가 변강쇠』

予告編で始まり、予告編で終わる、

小説を映画のように紹介した構成の作品。

本来の「ピョン・ガンセ」とはパンソリのお話の

主人公ですが…エロなイメージの方。

ですが、こちらは…

漢城解放隊の一員であるガンヒョク(第17代

ピョン・ガンセ)が任務遂行のために乗りこんだ

列車内で繰り広げる…ドタバタ劇(-ω-)

『누구신지』

痴呆にかかったおばあさんと、

彼女を愛し続けた男性のお話。

ドタバタ主流の他の6作とは違い、

しんみりとした、ほっこりとした雰囲気の中で

物語が進行します。

…が、ラストにはやはりcoldsweats02なシーンが若干。

…と、ここまでツラツラ書き連ねてきましたが、

なんとも、終始、作家にもてあそばれてる気分!

作家が一人で騒いでいる雰囲気!

どれもこれもノリが軽い!

(最後の作品は、ラストのワンシーンを除くと

比較的マトモ。)

こんなに作家一人で騒ぎ続けている作品は初めてcatface

その「チョーシコキ」具合が、あとがきでさらに炸裂、

あとがきが一番、一人で騒いでいるイメージが強い

部分でしたcatface

しかし、あとがきのドタバタが一番面白かったかなcatface

方言が多かったり、会話文が少ない(=文字が多い)

という点で読みにくい感もありますが、

難しいお話ではないので(ミもフタもない言い方をすると

バカバカしいお話(-ω-))、

その点では読みやすいでしょうか。

おそらく、ものすごく、極度に、

好みがわかれるタイプの作品だと思われます。

愉快といえば愉快なのですが、

「ふざけてんのか(#`皿´)!!」と怒る方も

いらっしゃるかもしれません(-ω-)

(「ふざけてます~(≧∀≦)」と返されそう…)

各作品に出てくる主人公たちのほとんどが、

一生懸命に努力し、必死に生きている人たち

なのですが、

雰囲気がとってもおふざけで、

結末があまりにギャフンな感じ、

そのギャップのデカさが魅力的…なのでしょうか。

これといって気になる単語や表現はなかったのですが

最後に一つ、『국가란 무엇인가』から、

主人公の小説家(チェ・ミンソク作家自身?)の

言葉を。

한국에서는 추리소설가로 살기 힘들다...

순수문학만 문학인가?

ここだけは同感!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

나프탈렌。

TOPIKを受けられた皆さま、お疲れ様でした~。

…マジ疲れたshock

ライティングの時間がちっとも足りませんでしたshock

50分くらいで600字以上と200字以上と

短文4つくらい…でしたっけ?

(既に薄れゆく記憶…)

ものすごい殴り書きで、聞かれてないことまで書いて

マスを埋めた、といった感じ(-ω-)

リスニングも危うい…。

「どれもあってるじゃん!」て思う問題は

今までも多々ありましたが、

今回は「どれも当てはまらないじゃん!」と思う

問題がチラホラ(-ω-;)…。

際どいわ~shock

まあ、終わったことは振り返らずに本日のレビュー。

Img_0647


『나프탈렌』백가흠

ペク・カフム(カタカナで表記すると、とても不自然な

感じがするのですが、たぶん、韓国語でも

珍しいお名前では?)作家の長編小説です。

お名前は以前よりよくお聞きしていたのですが、

ゴラク小説派の私としては、ハタケ違い(-ω-)?と

敬遠しておりました。

が、作家の雰囲気が素敵だったので読んでみたcatface

…私の書籍選定の動機なんてこんなもんです、ハイcatface

肺がんのため余命いくばくもない娘ヤンジャとその母が

黄土を使用して建てられた家で療養生活を送る

日々が描かれたお話です。

つまり、全体的に明るいお話ではありません。

ヤンジャたちが入居する家は、修練所に併設されており、

修練所には所長と所長の母親のほか、

畑を管理する者、建物の工事関係者など、多数の人間の

出入りがあります。

敷地内には、同じく療養中の患者が住む家が

いくつかあります。

ヤンジャの母は、余命宣告をされた娘の命を救おうと、

病院の治療を放棄し、昔ながらの、自分ながらの

治療法をあれこれ試しますが、

ヤンジャの容態は日に日に悪化する一方です。

同じ敷地内の療養仲間も、山から何やら山草を

取ってきては、効果を確かめているようです。

そんな、しんみりした雰囲気のストーリーですが、

賭博を巡る事件がとんでもない事件に発展し…

というあたりは、ただの「しんみりした」小説とは、

ちょっと違いますsmile

その他、主要人物たちを取り巻く登場人物の

(とんでもない)恋愛、前妻との再会と別れ、

元カレとの出会いと別れ、

登場人物たちの思わぬところでつながっている

因縁など、ちょっとしたスパイスが

あちこちに散りばめられています。

比較的暗めのストーリーながら、

思いのほか楽しかったのが、文章の構成。

普通の小説だったら、章を次に移したり、

せめて行間を開けて始めるべき場面、

回想シーンや微妙に視点が変わるシーンが

なにげな~く、さりげな~く、

何事もなかったかのように、

一つの流れの中に組み込まれているのです。

回想シーンからいきなりパンッと現実に引き戻される、

ドラマや映画だったら、回想シーンから、

突然、遠くをみつめる主人公のアップ!

のような、現実と回想の交錯が心地よい場面が

楽しめるところが何か所か登場します。

誰の人生にも起こりうる出会いと別れ、

裏切りと許し、生と死、愛と憎しみ、

そんな「生」の表と裏が、

登場人物それぞれの身に起きたちょっとした事件と

共に描かれ、

そして、静かな雰囲気の中で起きた大きな事件も

描かれますsmile

いい意味で予想に反したお話でした。

今日も表現を一つだけ。

야자 하다:椰子する…ではありません。

야자타임という言葉から来ているようです。

日本語でいうと「無礼講で!」ってヤツでしょうか。

時間を決めた上で、上下関係を無視した

パンマルの会話を楽しもう、というもののようです。

つまり、야자 하다というと、パンマルで話す、と

いうことなんですね。

新造語かと思いきや、案外古い?

1988年の新聞記事で取り上げられていました。

…とイロイロ調べてやっと見つけたのに、

チョ・ヒチョル先生の『辞書にない俗語慣用表現』に

載ってたgawk

| | コメント (3) | トラックバック (0)

판타스틱 개미지옥。

最近、友達運についてるワタシ(-ω-)v

某サイトを通じて、高校時代の友人2人と再会。

そのうち1人とは近々会う予定shine

もう1人とも、来月の同窓会で会える予定shine

それから、大学時代の友達からも飲みの誘いが入り、

近々飲みに行く予定shine

それからそれから、大学時代の友達から

旅行の誘いが入り(笑)、来月旅行に行く予定shine

月に2度は「日韓交流会」を口実に昼から夜まで

家を空け、こんな感じで友達と会うことも多く、

子供たちにも

「お母さん最近遊びに行くことが……」と

非難の視線がcoldsweats01

まあね、友達はプライスレスな宝なので。

子どもが独立したあとに頼れるのは友達でしょhappy02

子どもが独立した暁には、友達と暮らしたいなぁ…

と思う今日この頃。

一人暮らしでもいいけどね~bleah

本日のレビュー。

Img_0627_3

『판타스틱 개미지옥』 서유미

以前、紹介させていただいたソ・ユミ作家の作品

より前に書かれた作品です。

こちらも、人の「欲」に対するお話。

主な舞台はデパートのバーゲン会場です。

目をつけたものは必ずや手に入れる、

奪われたら奪い返す、

奪い返すことができないなら…!?とキリのない、

女同士の熾烈な争い、

ブランド品で身を包むための涙ぐましい努力、

ダイエットにより目覚めた果てしない虚栄心と誇示欲求、

もう~女、コワ!!というお話coldsweats01

カード地獄に陥りながらデパートでバイトする女性、

セールの度にモノを買いあさる店員、

ことあるごとに商品に文句をつけるクレーマー、

などなど、数々の女性がアリジゴク的欲求に

飲み込まれていく様子が描かれています。

前に紹介させていただいた作品のような

オドロオドロしさはなく、

テーマもある意味現実的で読みやすく、

韓国語的にも、とても読みやすい作品です。

これといって難しい単語もなかったような気がします。

ちょっと話はそれますが…

この作品の中でも、その美しさの描写が出てきますが、

マネキンが来ている服、ピッタリとフィットして

キレイに見えますよね~。

でも自分が着ると、違うんですよね~(笑)。

美脚ジーンズだの美シルエットだのなんだのったって~

結局、美脚の人がはくから美脚なんだっつーの!

とツッコミたくなる私。

ジーンズしかはかない身としては、

ホテルイベントの同窓会に何を着ていくかが、

ここんとこの最大の悩み。

スカートはムリ(キャラとふくらはぎ的に。)、

ならば、百歩譲ってパンツ系で…

と、非ジーンズ系ボトムス売り場へ行き

試着を試みるも、どうにもぴったり来ない!

このズボラな下半身のラインを隠してくれる

パンツはないのか!!!

…と、なぜかジーンズを買ってしまった私il||li _| ̄|○ il||li

アイ ラブ denim heart01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハングル記念日。

韓国語サマ、ハングルの日、おめでとうございますheart04

韓国語サマに出会って、はや9年5か月くらい。

ほんの気分転換のつもりで始めた韓国語サマに

こんなにハマるとは思ってもいませんでした(>_<)

1050911_article_99_201410091532041


いつか見たいな~heart04

ハングルの日ですが、ちょっとコクビをかしげたくなる

韓国語純化に関する記事を見つけました。

こちらを日本語に適用すると、

ゴールデンタイムは黄金時間、

ブックカフェは本喫茶…になりますが…。

どっちがわかりやすいかはビミョーな線かとcatface…。

何はともあれ、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミステリ記念日。

お母さん、今日はミステリ記念日だって!

と、次女からの情報。

ミステリの生みの親とされるエドガー・アラン・ポーの

命日にちなんだとされています。(1849年没)

そこで今日は、今から約50年前の韓国における

ミステリ・推理小説事情をうかがえる新聞記事を少々ご紹介。

つい最近まで

「文学とは純文学」「ジャンル文学は文学ではない」

という傾向が強かった(今も?)韓国文学界。

韓国書籍界の推理小説ジャンルにおいては、

いまだに欧米、日本の作品が大勢を占めている状況では

ありますが、

徐々に徐々に、とっても素敵な推理小説作家さんが

活躍し始めています。

残念ながら、50年後の韓国推理小説事情を知ることは

できない気がしますが、

今後の韓国の推理小説、そしてジャンル文学の繁栄を

願ってやみません^^

そして、50年前からミステリ・推理小説の素晴らしさを

伝えようと声をあげておられた

韓国推理作家協会初代会長、

イ・ガヒョン氏が逝去された日は、ポーの命日の3日後、

10月10日だそうです。(2001年没)

今週はミステリ週間ですね~。

『ミステリ』への招待
http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1966021700209205001&edtNo=2&printCount=1&publishDate=1966-02-17&officeId=00020&pageNo=5&printNo=13639&publishType=00020

発起を急ぐ「ミステリ」協会
http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1966022800329205003&edtNo=2&printCount=1&publishDate=1966-02-28&officeId=00032&pageNo=5&printNo=6267&publishType=00020

| | コメント (4) | トラックバック (0)

잃어버린 밤。

すっかり秋の気配の北海道です。

今日は昼間にちょっくら出かけ、

夕方、建物から外に出たら凍りそうになりました(-ω-)

で、コチラ、ちょっと前ですが、

この時期に水遊びするアホな子供たち(-ω-)

Img_0442


ちなみに、マラソン大会のあとです(-ω-)

2時間ほど野山を駆け回ってました(-ω-)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

本日のレビュ~。

Img_0622


『잃어버린 밤』

韓国推理作家協会による

「今年の推理小説」2014年版です。

한국추리작가협회 13인의 공포 아야기

と銘打たれていますが、

実は、作品は13作品ですが、作者は12人、

お一人、2作品収録されている方がいらっしゃいます。

まあ、↑の副題の中でも

「恐怖の話」と書かれているので、ホラーであっても

文句は言えないのかもしれませんが、

「今年の推理小説」というからには、

推理小説を期待して読むわけです。

で、そのわりにホラーが多い印象shock

全然、推理小説じゃないじゃん!

と叫びたくなるような作品がゴロゴロ。

なんか前から感じてはいましたが、

どうにも、韓国では推理小説とホラーが

混同されているフシがあるような…

というか、ホラー系推理小説が多いのでしょうか。

…と、「どれもこれも面白かった(≧∀≦)」とは言い切れない

一冊でしたが、そんな中、面白かった作品を抜粋。

『톡톡』김재희

「コツコツ」という擬声語がタイトルのこの作品の舞台は

ある高校、主人公は臨時採用された教員ジスク。

登校初日から、夜中の校内見回りの仕事を

仰せつかりますが、その途中、

「コツコツ」という怪しい物音を聞きます。

そして「我が校には不良や校内暴力などという問題は

一切ありません」という校長の言葉とは裏腹に、

一人の生徒が夏休み明けから行方不明になっており、

彼がイジメにあっていた形跡も発見するジスク。

さて、その「コツコツ」の正体は…?

…という若干サスペンス系の推理小説。

『불효자는 웁니다』 이상우

こちらは、韓国推理作家協会の会長さんも務めた

お馴染みの作家さん。

父親の財産と会社を引継いだ母親の死を

待ち焦がれる、

親不孝者三兄弟(一男二女)のお話、怖いわ~catface

家族で海辺にキャンプに行き、

一人、テントで寝ていた母親が死んじゃう…という、

オーソドックスながらフツーに推理小説で

逆にヨカッタかな、という印象coldsweats01

そして『해골 술잔』 조동신

こちらは、亡くなったおじいさんの別荘にきた

ヒジョンとその友人らが見つけた

「しゃれこうべの酒杯」から始まるミステリー。

どこか謎めいたその杯、別荘の周りをうろつく

ナゾの小男、そして、ヒトダマ。

どうやらおじいさんの死には何か裏があるらしい。

そのミステリアスなストーリーの起承転結、

そして、素敵なオチまでが、

30ページ弱の中にきちんとおさまってます(・∀・)

この조동신作家の作品『내시귀』をテーマにした

読書会が近々開催されます!!

…ソウルでね~(T▽T)

お近くの方はゼヒ(T▽T) 詳細はコチラ

では、今回のへ~!な単語たちを少々。

いきなり不穏な単語ですが카따

 カカオトークでの왕따(イジメ)ですってshock

 同義語に떼카というのもshock

때리다:…初級単語じゃん!…と言われるかも

 しれませんが、연락을 때리다という形で出てきました。

 こちら「~をする」という意味で使われることが

 あるらしい。

 例)술 한잔 때리자식사 때리고 가자

 영화 한 편 때리고 가자 など。

次。ちょっと調べるのに手こずりました。사리

 こちらは、한사리の縮約形で、

 陰暦の15日と30日(月の最終日)ころ、

 満ち潮の水位が一番高くなる時期の潮

 (日本語では大潮?)のことのようです。 

 보름사리は、陰暦15日の潮、もしくは、

 その頃にとれる조기イシモチのこと、で

 그믐사리は、陰暦晦日の潮、もしくは、

 その頃にとれるイシモチ…と、思いきや~

 그믐사리の方には、潮の意味はなく、

 イシモチの方の意味だけのよう(-ω-)

 で、小説の中では、사리が出てきたあとに

 조금という単語が出てくるのですが、

 こちらは「少し」…ではなく、사리の反意語、

 満潮の水位が低い時期(陰暦の8日と23日ごろ。

 日本語で小潮?)のことでした。

そういえば、ちょっと話がずれますが、

満月となるチュソクに食べる송편は、

なぜ보름달満月の形ではなく、半月の形なのか?

という文章が…TOPIKの過去問に出ていました。

それに関する記事、コチラコチラ

(二つ目、文字化けするかもしれません…

ページ上でマウス右クリック、エンコードでその他→

韓国語を選べば見れる…でしょうか…。)

TOPIKまであと1週間~shock

既に不合格の夢を見たワタシ…(-ω-)ウフ…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »