« 어둠의 변호사~붉은 집 살인사건。 | トップページ | 탐정은 돌아보지 않는다。 »

당신의 그림자는 월요일。

もうはや9月shock

3月末に引っ越してきて、丸5か月。

(片付くまでに)半年はかかるねcatface

と、いろんな人に言われてきましたが、

既に片づける気力、ナシgawk

まだまだ段ボールが隅っこにおかれてたりしますが、

もうどうしようもないカンジ~(´▽`)ノ♪あははは…

私の部屋の本棚もかなりヤバいカンジ。

本が床に山積みになってます(-ω-)

おかしいな~引っ越してきたときは本棚に隙間があったのにな~(゜‐゜)

この先、何年生きれるのかわかりませんが、

仮に60歳まで、あと19年、

1年に40冊ずつ買い込んだとすると…

760冊(゜Д゜;)!!!

(ちなみに、おそらく年に40冊以上買ってる(-ω-))

日本の文庫本ならいざ知らず、

韓国本760冊はマズい気がshock

どこか本のサイズが小さい国の言葉に

鞍替えしたろか…と思ったけど、

やっぱり日本の文庫が小さい方なのかなcatface

というわけで、本日は月曜日!

月曜日の本!

L97889320261211

『당신의 그림자는 월요일』김중혁

キム・ヨンス作家との何気ない会話から誕生したという

キム・ジュンヒョク作家の長編小説。

主人公は怪しげな探偵、

表紙もなんだかミステリー風、

お~楽しみ!!…と思ったんだけど~

…ビミョーかな(-ω-)

探偵ク・ドンチの仕事は딜리팅…日本語に直すと

デリーティング?

生前に契約した依頼人が

「自分の死後に消し去ってほしい」と依頼したものを

依頼人の死後に消滅させる仕事です。

パソコンのデータだったり写真だったり手紙だったり、

依頼人が自分の死後に人目に触れさせたくないと

思うものを、始末してあげるのです。

なかなか突飛な、かつ、そんな職業の人がいるのなら

私も頼みたいわ(-ω-)と思わせる設定。

ぶっちゃけ、そんな仕事を依頼するとなると、

人に知られないようにコッソリとするわけで、

依頼を受けた方は依頼人亡きあと、

仕事を実行しようがしまいが文句を言う人

(依頼人)もこの世にはいない、

となると、こんな仕事は成立し難いでしょうね…。

しかし、そこは物語の世界。

ク・ドンチは、黙々と仕事を実行に移し、

遺族に見つかる危険も顧みず、依頼人の家に

忍び込んじゃったりします。

キム・ジュンヒョク作家らしい読みやすい文章では

ありました(俗語は少々あり)。

が、題材的には突飛なんだけど、

話の流れがダレダレだった印象(-ω-)

全体的に、感情を揺さぶられるシーンが

少なかったというか。

そのわりに、意味不明なエロシーンが

登場したりshockなんの意味があったんだろ、あのシーン…

登場人物に愛情がわかなかったという

残念さも残りました。

私にとって面白い作品、没頭できる作品は、

登場人物に妙な思い入れを感じてしまう

作品である気がします。

イイ人とか悪い人とかいうのではなく、

事細かな説明があればいいというのでもなく、

読み進めていくうちに、なんだかその人の

人となりが目に浮かんでくるような作品。

そんな人がたくさん出てくる作品であればあるほど、

さらに言えば、町の匂いや漂う空気、射しこむ光まで

感じられる作品であればあるほど、

読了後にマンプク感を感じますdelicious

贅沢な望みなのかもしれませんが、

そんな作品に出会うとホントに幸せですlovely

今回のこの作品は、そんな匂いや空気が

足りなかったかな、という印象です。

匂ってるのは…

主人公が事務所を構える악어빌딩だけでした…

しかしながら、今回も拾った単語を少々。

붕어자물통 フナ型の錠…ということは想像できましたが、

 魚の形をしているのには意味があったとは知らなかった!

 魚は目を開けて寝るから門番の象徴とされたそうなpisces

 (関連記事コチラ

다이다이로:これは、「対」から来て一対一で

 と言った意味で使われるようなのですが、

 最近では転じて、カップルなどが「二人きりで」とか

 「サシで」の意味や「割り勘で」という意味でも使うらしい。

아작나다傷つく、ボロボロになる、ダメになる、といった

 カンジの言葉の俗語。

気になった単語はこんなもんでしょうか。

すっとばした俗語もありましたがcoldsweats01

ちなみにこちらの本、ページは419ページと

そこそこですが、背丈は187㎜と、

比較的、本棚に優しいサイズとなっておりますbook

|

« 어둠의 변호사~붉은 집 살인사건。 | トップページ | 탐정은 돌아보지 않는다。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

キム・ヨンス作家、お顔はわかるけど、彼の作品を読んだことないのかなぁ、私(^^;)。

その彼との会話の中から生まれた、キム・ジュンヒョク作家の小説ですかぁ。お二人、仲良かったっけ?

다이다이로の「対」は、日本語から来ているのでしょうか?

この本、珍しく海さんの読後感がもひとつ、なのね(^^;)。

段ボールは、永久にそこにある、のかな(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2014年9月 1日 (月) 21時14分

私もキム・ヨンス作家は2冊だけじゃないかな~と
思います。
あれ?グッバイイサン、読まれてませんでしたっけ?
お二人、幼なじみで、一緒に本も出されてます。
関連記事はコチラ
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=003&aid=0003333183
とコチラ
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=312&aid=0000004928
で、お時間があるときにどうぞ^^


投稿: 海 | 2014年9月 1日 (月) 22時21分

あー、そんな昔からの親友だったんだー!

それに「グッバイ・イサン」、持っているのに〜(≧∇≦)。安田さんに探してもらったのです!

どーも、韓国の人のなまえ、覚えられない…(~_~;)。

投稿: ハーちゃん | 2014年9月 2日 (火) 13時15分

私も特別お好みの作家さんだと覚えられますが、
その他の作家さんは覚えられません^^;
好きな作家さんの作品は、これでもか!ってくらい
ちょこちょこ新作求めて検索かけてますからね~
自然と覚えちゃいますよね。

投稿: 海 | 2014年9月 2日 (火) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/57161705

この記事へのトラックバック一覧です: 당신의 그림자는 월요일。:

» http://www.mypsychicadvice.com/ [http://www.mypsychicadvice.com/]
http://www.mypsychicadvice.com/ [続きを読む]

受信: 2014年9月 2日 (火) 12時26分

« 어둠의 변호사~붉은 집 살인사건。 | トップページ | 탐정은 돌아보지 않는다。 »