« 동네전쟁。 | トップページ | なう りーでぃんぐ。 »

아빠의 우주여행。

先週末、市内の花火大会がありました。

が、フツーに見れる花火大会ではなく、

最低2800円、最高7500円というチケットを購入して

アリーナ内で見物する花火大会。

めっちゃ「非」ファミリー向けのイベントです。

が、高く打ち上げるものだったら、

うちの近くの橋から見えるかも(-ω-)

…という、私の何気ない一言で、

行く気マンマンになってしまった子供たち。

仕方がないので、徒歩で20分、橋まで行ってみると…

いるいる~フツーにイスとか持ってきちゃったり、

浴衣を着ちゃったりの、家族連れ、カップルさん、

若者たち、オジサマ、オバサマたちがたくさんshine

準備不足で、ガラケーでの不鮮明な写真しか

撮れませんでしたが、けっこう見えました^^

140712_201916

140712_202134

Getattachment1_2

流れ星のような花火も何発かあって、

「なんかお願いしなきゃ!」と子供たち。

でも、そんなに瞬時にお願い事って出てこないよね~。

と思ったら、三女が「お願いしたよ!」と。

「うそ!何したの!」との問いかけに対する三女の答えは

「アベシンゾーが戦争を始めませんように」

………………。

平和で豊かな時代の象徴の一つような花火大会ですが、

子供の心の中には、不安が渦巻いているようですよ、

安倍晋三首相。

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

本日のレビュー。

L97889942102781


『아빠의 우주여행』

韓国SF短編選で、10作品が収録されています。

何度かお伝えしているかと思いますが、

私は、本来、SF小説ズキではありません。

ということは、つまり、この短編選には

イケメン作家、イム・テウン作家の作品が

収録されているということですshine

が、しかし、この本、300ページちょっとですが、

イム・テウン作家の作品『아름다운 감금』は、

なんと15ページほどcoldsweats02

最短かもcrying

この15ページのために10000ウォン+α費やした!

そして、いつも通り、イム・テウン作家の作品を

最後に読んだ!とっても楽しみに!

物語は、タイトル通り、主人公Tが閉じ込められている

シーンから始まります。

何もない、ただの四角い部屋。

窓も出入り口もありません。

でも、突然、食べ物が現れたり、

突然、浴室が現れたりします。

が、ある日、食べ物が現れなくなり…

そして………脱力il||li _| ̄|○ il||li

なんというオチil||li _| ̄|○ il||li

でも、ある意味ビックリな、

「ちょっと待ったpaper!」とつっこみたくなるような、

そんなオチがついているのは、さすが!というべきか。

短編で、この「ちょっと(`◇´*)!!」とつっこみたくなるような

オチがついているってのは、なかなかないかも。

やっぱ、素敵かも、イム・テウン作家heart04

………

他の収録作品は~ワタシ的には、

ピカリshineと光るものはイマイチなかったかなsad

なんだか、冷凍睡眠系とか、アンドロイド系とか、

そんな印象です。

まあ、単語的にも文章的にも読みやすくはありました。

ちょっと、フフフ…と笑いながら読んだのは、

김현중作家の『우리는 더 영리해지고 있는가?』。

より賢くなるために、脳をちょいといじる手術が流行した

未来世界。

手術を受けた人は能力が高いとされ、

受けていない人は、能力が低いと蔑視されるため、

みんな、躍起になって、お金をかき集めて手術を受ける。

でも、みんながその手術を受けた場合、

自分の能力は、果たして他の人より秀でたものになるのか?

という問いを投げかけつつ、

人より抜きんでようという欲求、抜きんでなければ!という

呪縛による心の歪みを描いた作品。

みんなが整形をし、みんなが二重に、みんなが小顔の鼻高に

なった世界、彼(彼女)らは本当に美しく生まれ変わったのか?

という、著者の問いが含まれています。

それから、

정해복作家の『코르사코프 증후군』

冷凍睡眠状態から目覚め、

グロい幻覚に悩まされる男の話(-ω-)

ちょっとワタシ好み(-ω-)ウフフ

それから~最後に収録されている

곽재식作家の『그녀를 만나다』。

新種のインフルエンザウィルスによって

「脳移植」が必要となった男。

脳移植は、一見、成功したように見えたが、

実は、万が一、移植が失敗した時のために

とられた、ある「手段」のために、

思わぬとばっちりを食らってしまう…という

ナンセンスだけどちょっと悲しくも美しい物語。

…と、なんだかんだ言いつつも、

振り返ってみるとやっぱりそこそこ楽しんでいる私coldsweats01

|

« 동네전쟁。 | トップページ | なう りーでぃんぐ。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

えっ、結局とても面白そうなんですけどぉ(^^)。

やっぱりイム作家のが気になります。むか〜し、麻酔を覚めつつある状態で見た夢に似ているから!

アリーナ内での花火、ったって、しょせんは空に打ち上げるんだから、外からでも見えますよね?

ああ、安倍さん、お願いしますよ!

投稿: ハーちゃん | 2014年7月16日 (水) 02時28分

そうなんですよね~。
低めの打ち上げ以外は、見えちゃうんです^^
帰りに近くのミスドでお茶して、
子連れ夜遊びしちゃいましたcoldsweats01

そろそろイケメン作家の長編小説が読みたいですbearing

投稿: 海 | 2014年7月16日 (水) 16時24分

ほんとに、小説の紹介を読むとなかなか面白そうですよ~happy01

花火大会、そんなトコ(どんなトコ?)でもやるんですね~。
道新さんの花火はおととしまで行っていたんだけど、さすがにマンネも去年から行ってくれなくなりましたbleah
結構花火好きの私です。あの地下鉄の込みようを考えると、shockなんですけどね・・・smile

投稿: ◇Yumi◇ | 2014年7月16日 (水) 16時52分

私は、あの地下鉄の混みよう、嫌いじゃないですsmile
お~なんかレジャーしてるshineという満足感?
かといって、人ゴミのテーマパークとか遊園地は
好きじゃないんですけどね~。
地下鉄ってのがいいのかな。
中島公園とか幌平橋ってのがいいのか?
…でもうちからなら市電かもshock

投稿: 海 | 2014年7月16日 (水) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/56773686

この記事へのトラックバック一覧です: 아빠의 우주여행。:

« 동네전쟁。 | トップページ | なう りーでぃんぐ。 »