« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

당신의 몬스터。

相変わらずたまりにたまってるレビュ~~~。

L97889570759821


ウフフ…イイ感じの表紙でしょ(-ω-)

電車で立ち読みするには、ちょっと気がひけて、

カバーつけて読みましたけど(-ω-)

『당신의 몬스터』 서유미

購入に至ったいきさつを、まるで覚えていませんが、

面白かった!

一応、長編小説とされていますが、

細かな章に分かれており、

それぞれの章が独立しながら、

章ごとにちょっとずつつながって

一つの作品を成しています。

ちょっと最初の方のネタバレをしちゃいますと、

地下鉄駅の出口で物乞いをする男が、

ある日、毎日1万ウォンくれる男に

出会います。

妙に甘い香りを漂わせ、黒いスーツに身を包んだ

杖を持つ男。

毎日、同じ時刻に1万ウォンずつもらえるようになり、

物乞いの男は、少しずつ(物乞い的には)贅沢を覚えます。

そして、毎日1万ウォンもくれるのだから、

あの男は金持ちに違いない、

財布の中には大金が入っているに違いない、

いっそのこと、1日1万ウォンゲットするのではなく、

彼を襲って財布ごとゲットしてしまおう!

…という欲を出してしまいます。

地下鉄の駅から出てきたスーツの男の後をつけ、

薄暗い路地裏で、男に飛びかかり、財布をとったら!

なんと!!!

…あ~この先も言ってしまいた~いcoldsweats01

けど、やめておきます、皆さまのお楽しみのためにhappy02

永遠に美しさを保ちたい女優、

永遠にヒット曲を生み出したい作曲家、

そんな願望を叶えてくれるモノ、ヒトが、

彼らの前に現れます。

が、もちろんタダで美味しい話はありません。

前にも似たような話をどこかで読んだ気はしますが、

『笑ゥせぇるすまん』みたいな、

ちょっとゾッとするお話です。

が、ゾッとするだけに面白い!

グロシーンはほとんどありません(多分)。

韓国語的読みやすさは3.5くらいでしょうか。

易しい!って感じではないですけど、

特別、読みにくい感もなく。

そんな中から、意味が分からなくても

なんの支障もないながらも、

ちょっと気になった単語、귀족수술

これは、

팔자주름(ホウレイ線)を取る手術

だそうな~。

いいね~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京にて。

いや~今回は徘徊の旅だった東京への旅。

1日目、韓国語本イベント開催会場までの地図を

グーグルマップのストリートビューで見て

手帳に書き込んでいったにもかかわらず

目印の建物が変わりまくり(゜Д゜;)

少々徘徊の後、目的のイレブンを発見したはずが、

そのイレブンは違うイレブンだったらしく(-ω-)

「学校左折」とかメモっていったら、

学校がいっぱいあったり(-ω-)

2か所くらいで道を聞いたけどわからず、

大人しくたタクっちゃいました。

そして、最大の誤算はホテル!

某駅から某地下道直結!な~んて書いてあるから

そりゃ便利だわい、と利用してみると、

なんだか、目的の地下道が見当たらない(-ω-)

しょうがなく地上に出て、インフォメーションボードを頼りに

歩いてみたけど、行きたい方向に曲がれない(>_<)

見えてるのにたどり着けない(T▽T)ノ

人通りの少ない道に出ちゃって、どうしたものかと

困っていたら、運よく道路工事のおじさま発見shine

2メートルほど離れたところにある、

ホテル前に通じる密かな階段を教えてくれましたshine

2日目も、やはり地下道みあたらず、

ホテルの名を告げて警察に道を聞いてみると

地上の道を教えてくれた。

「そこの階段上がったところの信号を一つ目と数えて

道なりに進んで4つ目の信号を…」

階段上がったらロータリー(゜Д゜;)

どこが1個目?どっちが道なり(゜Д゜;)?

んで、テキトーに歩いて路上の地図を見ていると、

若者が「すみません、ちょっと聞いていいですか」

…って、私も今、道に迷って地図見てんだけど(笑)。

(地元はもちろん、外国でもイロイロ聞かれちゃう私。)

彼女たちは違うホテルを探していたんだけど、

丁度、路上に警官の背中発見、追いかけてって

道を尋ねると…

「二つ目の信号を甲州街道に沿って…」

…だから甲州街道って何よ(#`皿´)!!

と、某ホテル、地上からは非常にわかりにくい場所でした。

…そして、帰ってきて検索してみると…

直結地下道利用時間は22時45分まで、

私がホテル戻ったのは両日とも24時30分過ぎil||li _| ̄|○ il||li

ホテルさん、そういうことはHPのアクセスページに

書いてくださいませm(_ _)m

それでも、とっても楽しかった2泊3日shine

イベントでは、大好きな作家さんの本が

たくさん並んでいて感動shine

未読本も立ち読みでき、たくさんの方々とお話ができ、

解散後は、雲の上の世界の方々と飲み食い話し、

笑える時間を過ごすことができました。

中学時代からの親友や、グチ友とも話し続け、

(1日で昼6時間+夜6時間、みたいな。)

ブロ友さんたちとも、昼間っからお酒入りで

話し続け、1年分の交流を1日でした気がします。

2泊3日の東京滞在、3日間とも飲酒したのは

初めてですshine

あんなに楽しい時間があったから、

魔の夏休み家族旅行も乗り越えられそうです(T▽T)ノ

幸せな時間をご一緒してくださった皆様、

ありがとうございました^^

またの上京時にお会いできますことを、

心より楽しみにしております。

北海道にも、ぜひお越しくださいませ~^^

(韓国行く方が安いわい…と言われそうだけど)

そして、素敵な縁を作ってくれた한국말 님、

고마워요~사랑해요~heart01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キム・ネソン先生、邦訳本!

当ブログでも、何冊か紹介させていただいている、

キム・ネソン先生の作品ですが、

この度、小説集が邦訳、発売となりましたshine

そして、なんと!

その小説集で解題を執筆された、

アジアミステリ研究家のDokutaさんが、

当ブログにお越し下さるという大事件がhappy02

Dokutaさんは、当サイトのような

「これ読みました~グロかったです~happy02

…というレベルのレビューブログではなく、

アジア全域にわたるミステリー小説を、

非常に緻密で専門的な知識をもって

解説、紹介するサイトを運営されています。

そんなDokutaさんから情報をいただき、

早速、注文しました、キム・ネソン先生の小説集。

51ubjun6j2l_sl500_aa300_1


丁度、hontoの割引クーポンとポイントがあったので、

ソク、購入(≧∀≦)

が、本の到着は金曜日!

金曜日は、子供の終業式にもかかわらず、

ちょいと東京までひとっとびしてくる予定のワタシ、

本の受け取りは、帰ってきてからになるかな~despair

上手い具合に、家にいる間に宅配さんが来てくれると

いいんだけどbearing

そして、近日中には名作『魔人』の邦訳版も出るようですshine

表紙は↑Dokutaさんのサイトで拝見できます^^

い~い雰囲気の、怪しげな表紙、素敵ですheart04

一応、当ブログで紹介させていただいた、

キム・ネソン先生の作品を。

魔人

青春劇場1、2』『青春劇場3』『青春劇場4、5

恋文綺譚

双子虹のかかる丘

白蛇圖

真珠塔

それから、キム・ネソン先生の作品ではありませんが、

キム・ネソン先生をモチーフにした作品。

ホームズからの手紙

邦訳を読んで興味を抱かれた方、

韓国語版にも挑戦してみてはいかがでしょうか^^

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夜遊び。

昨日は、市内で「カルチャーナイト」というイベントが

ありました。

100か所以上の施設が夜間開放され、

いろいろなイベントが開かれるという催し。

沢山の会場の中から我が家が選んだのは、

気象庁ホームページファンの長女のご希望で

札幌管区気象台と、

…ワタクシのご希望で、夜の水族館happy02

なんとか2件回れるだろうと思いきや、

1時から委員会が入ってしまった(今週3回目)。

まあ、3時半ころには帰宅できるだろうと思ったら~、

帰宅が4時半過ぎ。

いっそいで準備させて出かけましたが、

出発したのは5時くらい、

途中、お菓子屋でお菓子を買って

(私はマドレーヌ系、子供たちは最中アイス)

腹ごしらえ、

気象台に着いたのは6時近くだったでしょうか…。

入口で長女、叫ぶ。

「はれるん~~~♪♪♪」

なんのこっちゃ~と思ったら、コチラ。

Img_6773


気象庁のキャラクター(-ω-)

係の方が、その場でチェキで記念撮影してくれて、

(人数分、3枚も!)

うちの子たち、初のインスタントカメラの写真に

大コーフン(-ω-)

そして、こちらは降雨体験。

Img_6775

Img_6777


ほんとは、気象台はタラ~~~っと30分くらいで

通り過ぎようと思ったのですが、

建物内でも、とってもたくさんの展示物があり、

職員の方々もたくさんいて説明をして下さり、

子供より熱心にあれこれ質問しちゃったりしてcatface

へ~~~と思わされることがいろいろありました。

長女はパンフレット類をかき集めご満悦。

スタンプラリーで、お天気豆知識入りのカレンダーを

いただき、

自分の生まれた日のお天気情報を印刷した

ポストカードをいただき、お土産てんこもりで、

満足~shine

なんだかんだ1時間以上いたでしょうか。

急いで新さっぽろの水族館に駆けつけましたが、

到着が8時(-ω-)

近くのハンバーガー屋に駆け込み夕食。

8時半ころ水族館到着~。

懐中電灯片手に夢のナイトウォッチング~happy02

子供が小さすぎたときは実現できなかった夢crying

…と思いましたが、フツーにちっちゃい子が沢山。

「コワイよ~~~~。・゜゜(≧Д≦)゜゜・。」

と、絶叫してましたが(笑)。

魚さんたちには、申し訳なかったですが、

楽しかったheart04

Img_6781_2 (-ω-)ウフ…

Img_6792

水槽の向こうの鏡に映ったワタシです。

子供たちはドクターフィッシュさんたちに

夜食(角質ともいう。)をご提供。

Img_6798

この後、お土産さんにトラップされたりdollar

またまたアイスを食べたり。

閉館(9時半)ギリギリまで居座ったら、

さすがに人が少なくて、ちょっと怖かった(笑)。

帰りの市電の中では三女うたた寝(-_-)zzz

家に着いたのは10時半近く!

あ~夜遊び、面白かった~~~(≧∀≦)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

オマケ。

賞味期限切れのキムチラーメンを食べていたら。

Img_6704

あ!!

宇宙人!!

Img_6706

ココです、ココ!!

宇宙人が笑ってる↓↓↓

Img_6706_2

長女より、「お母さん、変な本の読みすぎ(-ω-)」

とのコメントをいただきました。

どうも(‐_‐)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なう りーでぃんぐ。

まとめ買いした本を読み始めるとき、

(失礼ですが)期待度の低い本から読み始めます。

そして、だんだん、

どれもこれも期待度の高い本ばかりになってしまい、

その中から、次に読む本を決めなければならないという

苦悩が訪れます。

いっそ、もう一度(失礼ですが)期待度の低い本を

買ってしまおうかと思ってしまいます。

そして苦渋の決断の末、読み始めた本。

コチラ!

初の袋とじページ付き!

後半、結末部分が数ページずつ、

3束に分かれて封印されています!

開封するのがもったいない~(>_<)

(まだそこまでたどり着いてませんが。)

どうにか、開封せずに隙間からでも読めないか…

と考え中(-ω-)

(いかがわしい本ではありません、念のため。)

Img_0228


Img_0230_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

아빠의 우주여행。

先週末、市内の花火大会がありました。

が、フツーに見れる花火大会ではなく、

最低2800円、最高7500円というチケットを購入して

アリーナ内で見物する花火大会。

めっちゃ「非」ファミリー向けのイベントです。

が、高く打ち上げるものだったら、

うちの近くの橋から見えるかも(-ω-)

…という、私の何気ない一言で、

行く気マンマンになってしまった子供たち。

仕方がないので、徒歩で20分、橋まで行ってみると…

いるいる~フツーにイスとか持ってきちゃったり、

浴衣を着ちゃったりの、家族連れ、カップルさん、

若者たち、オジサマ、オバサマたちがたくさんshine

準備不足で、ガラケーでの不鮮明な写真しか

撮れませんでしたが、けっこう見えました^^

140712_201916

140712_202134

Getattachment1_2

流れ星のような花火も何発かあって、

「なんかお願いしなきゃ!」と子供たち。

でも、そんなに瞬時にお願い事って出てこないよね~。

と思ったら、三女が「お願いしたよ!」と。

「うそ!何したの!」との問いかけに対する三女の答えは

「アベシンゾーが戦争を始めませんように」

………………。

平和で豊かな時代の象徴の一つような花火大会ですが、

子供の心の中には、不安が渦巻いているようですよ、

安倍晋三首相。

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

本日のレビュー。

L97889942102781


『아빠의 우주여행』

韓国SF短編選で、10作品が収録されています。

何度かお伝えしているかと思いますが、

私は、本来、SF小説ズキではありません。

ということは、つまり、この短編選には

イケメン作家、イム・テウン作家の作品が

収録されているということですshine

が、しかし、この本、300ページちょっとですが、

イム・テウン作家の作品『아름다운 감금』は、

なんと15ページほどcoldsweats02

最短かもcrying

この15ページのために10000ウォン+α費やした!

そして、いつも通り、イム・テウン作家の作品を

最後に読んだ!とっても楽しみに!

物語は、タイトル通り、主人公Tが閉じ込められている

シーンから始まります。

何もない、ただの四角い部屋。

窓も出入り口もありません。

でも、突然、食べ物が現れたり、

突然、浴室が現れたりします。

が、ある日、食べ物が現れなくなり…

そして………脱力il||li _| ̄|○ il||li

なんというオチil||li _| ̄|○ il||li

でも、ある意味ビックリな、

「ちょっと待ったpaper!」とつっこみたくなるような、

そんなオチがついているのは、さすが!というべきか。

短編で、この「ちょっと(`◇´*)!!」とつっこみたくなるような

オチがついているってのは、なかなかないかも。

やっぱ、素敵かも、イム・テウン作家heart04

………

他の収録作品は~ワタシ的には、

ピカリshineと光るものはイマイチなかったかなsad

なんだか、冷凍睡眠系とか、アンドロイド系とか、

そんな印象です。

まあ、単語的にも文章的にも読みやすくはありました。

ちょっと、フフフ…と笑いながら読んだのは、

김현중作家の『우리는 더 영리해지고 있는가?』。

より賢くなるために、脳をちょいといじる手術が流行した

未来世界。

手術を受けた人は能力が高いとされ、

受けていない人は、能力が低いと蔑視されるため、

みんな、躍起になって、お金をかき集めて手術を受ける。

でも、みんながその手術を受けた場合、

自分の能力は、果たして他の人より秀でたものになるのか?

という問いを投げかけつつ、

人より抜きんでようという欲求、抜きんでなければ!という

呪縛による心の歪みを描いた作品。

みんなが整形をし、みんなが二重に、みんなが小顔の鼻高に

なった世界、彼(彼女)らは本当に美しく生まれ変わったのか?

という、著者の問いが含まれています。

それから、

정해복作家の『코르사코프 증후군』

冷凍睡眠状態から目覚め、

グロい幻覚に悩まされる男の話(-ω-)

ちょっとワタシ好み(-ω-)ウフフ

それから~最後に収録されている

곽재식作家の『그녀를 만나다』。

新種のインフルエンザウィルスによって

「脳移植」が必要となった男。

脳移植は、一見、成功したように見えたが、

実は、万が一、移植が失敗した時のために

とられた、ある「手段」のために、

思わぬとばっちりを食らってしまう…という

ナンセンスだけどちょっと悲しくも美しい物語。

…と、なんだかんだ言いつつも、

振り返ってみるとやっぱりそこそこ楽しんでいる私coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

동네전쟁。

あっという間に、今年も半分が終わってしまいましたwobbly

引っ越し準備でバタバタした3か月、

引っ越してバタバタした3か月でした。

どうにもここの小中学校は親の負担が多い印象。

小学校で全家庭に当たるPTAの仕事の中にある

交通安全旗持ち当番も、

前の学校は年に1~2回、

それでも兄弟がいたら、うちなら3~6回、

それって多くね!?と思っていました。

同じ市内の小学校で、子供の数に関係なく、

PTAの仕事は一家庭で1件、という学校もあったのに、

うちの子の通う学校はきっちり子供の数分、

仕事が当たったので、なんか子供多い損みたいな。

でも、ここの学校は旗持ち当番を選ぶと

子供1人につき年6回!!

3人いたらそれだけで18回!!

(幸い、今年の我が家は2人分ですがsmile

しかし、先生曰く

「働いてるお母さんは来ない方もいますけどね」

…って~行っても行かなくてもいい仕事なのか(-ω-)?

しかしながら、働いてないから行かねばならんだろね(-ω-)

でも、最近気づいたことですが、

中学校の役員で同じ委員のお母さんたち、

小学校の図書室ボランティアでペアのお母さん、

旗持ち当番でペアのお母さん、

みんな、イイ人ばかりで、

うわっ!都会人shockていうようなギスギスビカビカした

お母さんじゃなくて(多いんですわ~そういうお母さん)、

このお母さんたちとなら、また来年も役員やっても

イイかな、って思えるような方々で、

集まりの多い忙しい委員ながら、人に恵まれて幸せですshine

━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日のレビュー。

L97889946551541


『동네전쟁』 김이환

こちら、映画監督やプロデューサーなどが集まった

「シックスセンス」という企画集団が練った

ストーリーアイテムを、

キム・イファン作家が長編小説として生み出したという作品。

まあ、てっとり早く言ってしまうと、

韓国の、とある町が町ごと宇宙人に占領されて、

町の外に出られなくなった人たちが、

なんとか町の外に逃げ出そうと必死になる…

という、ぶっちゃけ、中身はないです(笑)。

ただただ、ドタバタと人間vs宇宙人の戦いが

繰り広げられるストーリー。

…なのですが~

グロです、グロ!!

グロい、っちゅ~~~~の!!

グロいうえに、単語は易しく、文章もとっても簡潔な

キム・イファン作家(・∀・)

妙~~~にグロシーンがありありと目に浮かぶ!

久しぶりに、読んでいるシーンを想像しないように

頑張らなければならない状況でした(-ω-)

なんという、恐るべき作家(-ω-)…。

サクサクと読みやすい韓国語小説をお求めの、

グロ好きな方にオススメです(-ω-)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »