« 세월호 피해자 가족분들, 친구분들께 | トップページ | 나를 아는 남자。 »

영친왕。

本日、小学生組の家庭訪問、ブジ終了~。

一日中、掃除してました~(p_;)

…というわけで、久しぶりにレビュー。

L97889929204521

いつ読み終わったのか…引っ越し前のハズ(-ω-)

私には珍しくノンフィクションです。

『영친왕』英親王

英親王とは、李王朝第26代高宗の七男、

李王朝最後の王、第27代 純宗の弟、李垠(イウン)

(ひょっとして、常識??)という方のことなのですが、

名前は全然覚えていませんでしたが

(何度も言いますが、極度の社会オンチ、

個々の歴史的出来事はなんとなく覚えられても

前後の流れは把握できない、

どの戦いが誰対誰なのか覚えられない、

人の名前、人の顔を覚えられないノーミソの私。

顔面認識障害はたぶんヘソン並み(≧∀≦)→関連記事

ずいぶん前(たぶん、韓国語にハマる前?)に

テレビでこの方の伝記ドラマ?を見たことが

あることを、思い出しました。

日本の皇族と結婚し(させられ)、

生まれて間もない王世子を連れて朝鮮を訪れた際、

王世子が謎の死を遂げられた…という

悲しい出来事がとても印象的で

記憶に残っていました。

本書の著者、김을한さんは、

1905年生まれの新聞記者で、

特派員として東京に滞在していた方のようです。

この本は、1970年5月から半年余り、

『中央日報』に連載されたものをまとめたもので、

1971年に『韓国日報』から単行本として出版され、

2010年に再出版されたものとのこと。

新聞に連載されていたものなので、

1テーマの文章が短く、写真も豊富、

とても読みやすい構造になっています。

著者は記者としてだけではなく、

英親王と個人的な交流もあった方で、

時代に翻弄されたお二人の苦悩、

政略結婚の犠牲となったとも言えるお二人が

お互いに温かく支えあう姿がうかがえる

エピソードが、たくさん詰まっています。

日帝時代の話なので、もちろん、

日本人が読むには耳も胸も痛む話題が

出てはきますが、

方子妃殿下は、韓国での障害児教育などにも

尽力された方で、芯が強く、

最後まで温かい心で英親王を支えたと

韓国でも称えられているようです。

意外だったのは、なんと伊藤博文の描写が!!

英親王を「人質」として日本に連れてきたのが

伊藤博文だったらしいのですが、

その意外な描写に、思わず、え~~~!!

と叫んでしまうくらい、驚きました(-ω-;)

幼くして日本に連れてこられ、

日本陸軍の軍人として育てられ、

政略結婚を強いられ、国籍を失い、

終戦後も母国に帰ることができず、

アメリカに留学した子供の元へも

なかなか行くことができず…という

苦労続きの人生と、

そのような環境の中で育まれた

夫妻の強い絆が、たっぷりと描かれており、

あちらこちらでホロリと来ます。

歴史には詳しくない(私のような)方でも、

コ難しい話にアタマ悩ませずに読めますよ^^

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:

読書時間不足の今日この頃ですが、

明日は前の町にピアノレッスンへ~。

(来月の発表会まで時々通うことに(-ω-))

車で片道2時間弱。

その分、本読んでたいわ(#`皿´)

と思うけど~、レッスン待ってる間と、

レッスン後に子供たちとお友達を公園に

放牧する間、ちょっと読んじゃえるかな、と期待(^^)

なんと、いつの間にかキム・ジュンヒョク作家の

オモロそうな新刊も出てる!!

キム・ヨンス作家との、何げない(けどオモロイ)会話が

着想の発端となったという、

めっちゃオモロそうな探偵小説

(とはいえフツーの探偵小説とはちょっと違うらしい)。

読みたい~~~(>_<)けどまだ未読本が~~~(>_<)

頑張れワタシ~~~!!!

(相変わらず気合入れるところがチガウ(-ω-))

で、↑このキム・ジュンヒョク作家の風貌が、

アカヌケたのかアカヌケきれてないのか、

判断に悩むワタシ(-ω-)

|

« 세월호 피해자 가족분들, 친구분들께 | トップページ | 나를 아는 남자。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

前にテレビドラマ(日本の)で見ました。政略結婚であったにもかかわらず、お二人は仲睦まじかったようです。あ、たしか常盤貴子さんが方子さんを演じてました。

私も歴史は何がどうなっているのか理解できませーん(~_~;)。ドラマだと割とわかりますねぇ。

この本、いつかお借りしたいな。

「목련이 피었다」、やっと読み終えました(⌒▽⌒)。

投稿: ハーちゃん | 2014年4月26日 (土) 04時13分

そっか~。私も顔面認識障害だったのか~。
名前記憶障害もあるし~。bleah
仕事場でもこの障害があらわれちゃうもんだから、ほんと困っていますわ。coldsweats02
でもヘソンも海さんも・・・ならちょっとうれしいわhappy02

キム・ジュンヒョク先生のページを開いたら・・・
まず笑いがでちゃいました~happy02
この、親しみがわいちゃうお姿がいいですね^^

投稿: ◇Yumi◇ | 2014年4月26日 (土) 14時07分

ハーちゃんさん…う~ん…顔面認識障害的には、
あのドラマが常盤貴子さんだったのかどうか…
てか、常盤貴子さんの顔自体、認識できてない気が…
日本語の本もたくさん読んでいらっしゃるのに
韓国語の本まで、すごいですね~。
是非、次回は英親王もリクエストください^^

yumiさん…ホント、幼稚園の役員の時なんか、
お金集めても誰のお母さんがわからなくて
とっても困りましたヽ(‘Д`;)丿
高校時代も、よく見知らぬ人(←私から見ると。
向こうは私を知ってる(-ω-))から
話しかけられてビックリしました(p_;)
モノレール、楽しまれてますかsmile

投稿: 海 | 2014年4月26日 (土) 14時48分

キム・ジュンヒョク作家は芸人の子藪さんから悪意を取った感じです。

キム・ヨンス作家はもとに戻った感じがしました。
『波が海の業ならば』の作者近影が、ピークだったわ。

投稿: たま | 2014年4月27日 (日) 10時49分

キム・ヨンス作家のピーク…??
…髪~~~~!!??
と思っちゃいましたが、そうじゃなくて(-ω-)…??

コヤブさん…という方も初耳で(-ω-;)
ホント、芸能人わかりませんわ~ワタシヽ(´Д`;)丿
検索してみましたが、ナルホド、顔も真顔の写真、
似てますね(^ω^)

投稿: 海 | 2014年4月27日 (日) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/55835319

この記事へのトラックバック一覧です: 영친왕。:

« 세월호 피해자 가족분들, 친구분들께 | トップページ | 나를 아는 남자。 »