« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

『野良猫姫』プロジェクト、締め切りまで15日!

午前中、学校から電話が来た。

お迎え要請コールか!?

長女か!?三女か!?

…と思ったら次女の担任から

「うちのクラス、明日から学級閉鎖になりました~」

と(笑)。

うちの次女も学級閉鎖に一役買ったのね♪

流行に乗っちゃった、うちの子(≧∀≦)

というわけで、流行の最先端、

B型インフル真っ最中(只今39度2分)の次女。

この次は長女か、三女か?

いずれにせよ、週末の漢検はキャンセルな予感…。

(もっとも、勉強できてないんで、どうでもいいんですけど。)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

さて、締切が近づいてまいりました、

クラウドファンディングによる

『野良猫姫』出版プロジェクト!

『菜食主義者』『楽器たちの図書館』など、

韓国文学の翻訳出版で有名な出版社「クオン」さんが、

ファン・インスク作家の小説、

『野良猫姫』を出版するための支援者を募っています。

(もう、みなさんご存知かと思いますが。)

支援額に応じて、日本語版がもらえたり、

韓国語版がもらえたり、奥付に名前を載せてもらえたり、

いろいろなリターンを受け取ることができます。

支援額はカードでのみ支払い可能で、

目標額を達成できなければ、

もちろんお金は取られません…が、

もちろんリターンも受け取れません(>_<)

皆さん一人一人の支援によって、

本が出版されるだなんて、

ワクワクする企画じゃありませんか(≧∀≦)

締め切りは2月14日の0時ちょうど、

支援額は1000円から15万円まで(!!)

いろいろな設定があります。

興味のある方はぜひコチラまで、お急ぎください!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

뱀파이어 나이트。

ついに学校でもインフルが流行りだし、

次女のクラスがポロポロやられてきている模様。

で、その次女、本日、帰ってきたら熱が(-ω-)

なぜに余計なところで流行に乗る(-ω-)

締め切りつきの無償労働を抱えている私、

一日寝込んだらアウトやで~てな状況。

お願いだからうつさないでね(-ω-)

ツラの皮が厚いわりに、異常に敏感肌のため、

マフラーやマスク、髪の毛などが触れると

顔に吹き出物(接触性皮膚炎みたいなものでは

ないかとのこと。)が出るので、

マスクなんてよっぽどのことがない限り

したくないのですが

(だって、マスク領域にニキビってかなりマヌケ(T_T))

マスク一枚が頼みの綱の夜です(>_<)

(噂によるとマスクも2枚重ねが安心らしいけど。)

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

本日の本。

L97889257177771

『뱀파이어 나이트』김이환

バンパイア・ナイト…ずっと『バンパイアの夜』…

かと思っていましたが、ナイトは騎士の方でした。

キム・イファン作家の作品ゆえ、

だいぶ前から気にはしていたのですが

バンパイア…(-ω-)?となんとなくひいていました。

が!!!

やっぱキム・イファン作家!

おもろかった!!!

(バカバカしいけど(笑)←コレ、ポイント)

これぞノブレスクラブ(シリーズ)!という作品のように

思います。

ひたすらワクワクワクワク読みました。

(イヤ、バカバカしいんですけどね(^^;))

主人公は、タイトル通りバンパイアなのですが、

簡単にあらすじを言っちゃいますと、

バンパイア対バンパイアの闘いを描いたお話です。

も少しネタバレになりますが…

主人公マックスの頭の中には、

人工知能の回路カプセル(?)が組み込まれており

(バカバカしいでしょ(≧∀≦))

そいつ(デイビッド)が絶えずマックスに

うるさく話しかけてきます。

なぜだかわかりませんが、デイビッドの姿を思い浮かべると

「レッド・ドワーフ号」のクライテンになります(-ω-)…。

かしこまった口調で口うるさいところが似てるのか…。

しかし、デイビッドはクライテンよりかなり性能がよく、

マックスにとっては、デイビッドあっての戦闘です。

が、終盤、デイビッドが自分も肉体を持ちたいと言い出し…。

あ~おもろかった(≧∀≦)

戦闘シーン=バンパイア同士の殺し合いのシーンが

たくさん出てくるのですが、

そこはキム・イファン作家、あったかいんです(*v v)…。

ただの殺して終わり、殺したが勝ち、じゃない。

ほんわかします。

いろんなところに、ん?これなんだろう?と

思うネタがちりばめられており、

読んでいくと、ナゾが解け、

「あ~!なるほど!これがあの時の!」と

嬉しくなっちゃう、

そんな伏線があちこちに張り巡らされていて

最後まで飽きずに読めました。

読者を引きずり込むのが本当に上手い!

(というより私がキム・イファンワールドに

引きずり込まれやすいだけ?)

単語も特別クセのあるものはなく、

非常に読みやすかったです。

ほっこりあり、笑いあり、ドキドキあり、

もう~文句なし、今年の初★5つ!

今読んでいる本も、なかなか面白い^^

けど、日常業務に加え引っ越し作業、

さらに締め切りつき無償労働が加わり、

読書時間がなかなか取れない今日この頃(p_;)

そんな私のために、

明日の受診時間(=読書時間)を作ってくれた

親孝行な次女よ、ありがとよ…

もう~嬉しくって涙が出ちゃう(T∀T)

こんな時期に小児科に行けるだなんて(T∀T)

感染リスク高すぎでしょ(T∀T)

皆さま、冬季感染症には十分にお気をつけくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新学期スタート!

先週、引っ越し先の家を内覧してきて、

引っ越し先を決めてきました。

2軒候補があったのですが、

1つは3階建の豪華~な戸建。

階段がとっても素敵で、トイレも洗面所も二つあり。

収納がとっても多く、車庫も広々shine(電動シャッターshine

しかし、居間が2階なのに、

トイレが1階と3階。

風呂(=洗濯機を置く場所)も1階。

電気も間接照明色のスポットライトみたいの?が

点々とついているだけで、

モデルハウス的には素敵だけど、

なんだか生活臭がしなさすぎ。

おまけに中学校がちょっと遠いのがイタかった。

もう1軒は、1軒目より若干狭く、

しかもなんと、車が置けない(-ω-)

4200ミリ(つまり4メートル20センチ?)までしか

認められないらしいが、

うちの車は4650ミリ(-ω-)

でも、小学校も中学校もそこそこ近く、

なんせでかい図書館が徒歩圏。

子供の登下校も考慮し、

車は近くの駐車場を借りることにして、

そこに決めました。

というわけで、とにかく引っ越し準備にとりかかろう!

モノを投げよう!

と、押し入れやら部屋の隅にある段ボールを

片っ端から開けて整理する日々。

前回の引っ越しでは「保管用」としてしまってあった

モノたちですが、

今、見てみると、いらんもんばっか!!

お気に入りだった服とか(もう着ないのに。)

今や誰なのかわかんない人からの手紙とか、

(文通ずきだった。)

若かりし日の夫との思い出の品とかね(笑)。

バッカバカ捨てて、スッキリshine

収納が少ない、狭い家に引っ越すので、

たくさん捨てねばならない。

でも、例えば、子供のかわいい服や本なんかは

なかなか捨てられない。

ので、私の服や本をバッカバカ捨てています。

ものすごい勢いでゴミ袋がいっぱいになって行きます。

どんだけゴミ溜めこんでいたんでしょ(-_-)…。

自分の棚を整理していた長女もしみじみ、

「本当に必要なモノってあんまりないんだね…」と。

まさにその通りだ、長女よ。

韓国語のテキストなんかも、面白くなかったものは

捨てていますが、

初期の頃に勉強したテキストやノート、単語帳など、

よくこんなに勉強してたね私!と思うようなものが

出てきて、それらは捨てられませんね(^_^;)

どこから時間を捻出していたのか(^_^;)

(今はその時間が読書時間になってんだろな(-ω-))

本も読みたい、漢検は近い、最近は歴史の勉強も

したい、やりたいことだらけでてんやわんや、

そして、こういう時に限って、

ボランティア(報酬なし)ワーク到来。

嬉しい悲鳴です(T▽T)ノ

でも、今日から新学期が始まり、

宿題&自由研究の監督業がなくなったので

その分、精神的にラクにあれこれ作業ができそうです。

(昨日までは段ボールに囲まれて引っ越し作業しつつ

鼻かみつつ、

「お母さん、ここどうやって貼ればいいの」 

     ―by自由研究で箱作り中の長女

「お母さん、行の後ろがそろわない!」

―by自由研究でパソコンで図書カード作り中の次女

「ゴラーーーヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

脱走すんな~~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

本読むな~~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

マジメに勉強せぇ~~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆」

        ―to宿題から脱走中の三女

という状況。

子供たちの近くにいるにもかかわらず、

何もしてくれない夫に殺意を抱かずにいられようか

(いや、いられない)。)

そんなわけで、

日々、荷物とホコリと鼻炎とアレルギー性結膜炎と

格闘中ですpunch

| | コメント (4) | トラックバック (0)

무심한듯 시크하게。

L97889257111571

お~ノートブックPCで写真が入った~

…けどやっぱり絵文字、顔文字が入らん…

ということでデスクトップPCに移動~

ε=ε=ε=(┌  ̄_)┘...

本日の本↑↑↑↑↑

『무심한듯 시크하게』한상운

こちら、노블레스 클럽というシリーズから出ている

作品なのですが、

このシリーズで一番初めに読んだのが、

シリーズ1作目のコチラ、大好きなハ・ジウン作家の作品shine

もう~~~スゴイ好き!!!

只今、品切れ中ですが、ついに本日!!

今年発表される新作と同時に再版決定!!

と発表がありました~~~heart04heart04heart04

ゾクゾクワクワクキャー!なファンタジーに

興味のある方は是非どうぞ!

新作も待ちきれない~~~~~lovely

…で、つまりハ・ジウン作家とかキム・イファン作家とか、

ミン・ソヨン作家、イ・スルギ作家、

さらに境界文学ベストなども出ているシリーズなので

そっち系(どっち系…)なのかと思いましたが

フッツーーーーのドタバタ推理小説でした(-ω-)

面白くなかったというわけではなく、

なんとなく肩すかしを食らったような気分(-_-)?

どこであっちの世界に行っちゃうのかと

ドキドキワクワクしていたのですが、

フツーに刑事モノ小説で終わっちゃいました(T_T)

熱血刑事のテソクとパートナーのビョンチョルが、

ひょんなことから「必要にかられ」

盗品の金塊やらダイヤの原石をちょいとネコババ、

ひと儲けしようとしますが、

必要以上に(?)事件に巻き込まれてしまいます。

自分たちのヤバい行動を隠すため、

事件を公にすることもできず、

コソコソ、かつジタバタドタバタと事件を

解決していこうという2人を描いた作品です。

作品の性質上、乱闘シーンもちょこちょこありますが

グロ度はかなり低め、雰囲気も明るいです。

特にコ難しい内容もないかわりに、

ナルホド…という感動もありません(-ω-)

(その点、先日読んだチェ・ジェフン作家の作品

ホホ~…と思う文も散りばめられて素敵すぎ。)

韓国語的には俗語が多かったり、

知らない単語、表現が結構多くて勉強になりました。

(とはいえ、知らない単語~と思いつつ調べたら

過去にもひいた単語だったりするんですけどcatface

소싯적幼いころ、若いころ

축지법縮地(道術により地脈を縮め距離を近くすること)

   の術(ワープ(-_-)?)

장물贓物(ぞうぶつ…って読むらしい。犯罪行為によって

   手に入れたもの)、盗品

갑부:[甲富]金持ち

빠삭하다:普通は枯葉などのガサガサパサパサした

   音を出している様子に使われる気がしますが

   ~에 빠삭하다~に詳しい、精通している

   という意味にもなり、

   カッコイイとか素敵という意味もあるらしい。

떡실신(당하다):スポーツでコテンパンにやられること

   意味することが多いようですが、

   過飲による失神にも用いられるらしい。

삥 뜯다カツアゲする

などなど~他にもイロイロひいちゃいました。

作品的にはちょっとダレダレなシーンも目立ち、

緊迫感があるのは最初と最後くらい?

するする読める読み易さはあるけど、

満足度としては、ちょっともの足りない…

ワタシ的には★三つかな~。

ネイティブ評価も賛否両論ですが、

2刷目発行なところを見ると

そこそこ人気があったのでしょうか。

ちなみにこのハン・サンウン作家、

ハン・ソッキュ、ソン・イェジン、コ・ス出演の

映画『백야행』の脚本の脚色を担当されたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

스피리투스。

今年の1冊目。

…っていっても今年読んだのは3巻セットの

3巻目なのですが。

カラフルでかわいい3冊^^

L97889595218831

L97889595218901

L97889595219061

스피리투스/민소영

バリバリのファンタジーです。

以下、若干ネタバレあり↓↓↓

主な登場人物は…人間と魔人、悪霊など。

何度も言いますが、歴史音痴の私、

(受験生の分際で社会だけのために塾に通った人って

あんまりいないと思いますが、いかがでしょう。)

例え小説であっても、国がいっぱい出てきたり、

どっちの国がどっちの国を占領したとか

どこの国の皇帝が誰で、後継ぎが誰で、とか

そのテの話がメインストリームとなっているお話は

ヒジョーーーーに飲み込めませんcatface

そういう意味で苦労しました~この作品ヽ(´д`;)ノ

まず、王国だの帝国だの皇帝だの陛下だの

なんかそういうのでつまずいた(-ω-)

国の名前がたくさん出てくるだけで拒否反応(笑)。

国の名前がいっぱい出てきて地図もあるんだけど

どの国が王国でどの国が帝国なのかcatface

1回2回出てきただけじゃあ頭の中、スルーですchick

更にややこしいことに、このお話、

途中で人物の魂が入れ替わっちゃう!!

それはそれでファンタジー的には面白いけどhappy02

でも、その魂の入れ替えを匂わす出来事が

ちょこちょこ描かれたりしていて、

あ~!だからあのヒトあんなことしたんだ!

とか、あとで納得したり。

全体的にはそこそこ面白かったんですけどね。

ハラハラドキドキシーンあり、

クスリと笑えるシーンあり、

感動のシーンあり、バランスは良いと思います。

ロクでもない2人の父親と狂暴な母を持ったカヒール、

怪物並みの体力と剣術をもつリホーク、

明るい場所、太陽が苦手な王ナダン、

誰よりも臆病、そして元妻に未練たっぷりの、

カヒールの父マルコ チェレバン、

的確な状況判断と理路整然とした思考と話術で

男どもに頼られる少女ビアンカなどなど

キャラクター的には、人にも船にも個性があって

とても面白く読めます。

潔癖症のしゃべる船とかも出てきますcoldsweats01

(意志を持ち、自ら動く船が何隻か登場。)

船の話だからといって、海だけが舞台な訳では

もちろんなく、陸地での戦いもそれなりにあります。

あ、グロポイントも若干高いですsmile

何気なく旅立った航海が、

入れ替わった魂を元に戻すための、

蘇った魔人を再び封印するための、

悪霊界に引きずり込まれた家族を助けるための

闘いへと発展してしまいます。

最後のほうには嵐が丘を思い出させるシーン、

若干感動シーンもあります。

くどいようですが歴史音痴のワタシ、

このテのストーリーは特に、

ちびちび読んでいては話がわからなくなりそうで、

前回のファンタジー上下巻同様、

他の本との並行読みができませんでしたshock

そして、ちょっとファンタジーの世界に酔い気味catface

というわけで、次は現世(?)の作品を読んでいます。

主人公の刑事、いきなり暴力団につかまって

死体収容マンホールに突き落とされそうになってますけど。

最後に、스피리투스からこんな文章をご紹介。

해야 할 일이 있으면 당장 해!

그런 종류의 일들은 말이다,

놔두면 안 해도 되는 일이 되는 법 따위 없다!

…実は3月末に引っ越し予定の我が家。

去年の夏には「秋になったら荷作りを…」

秋には「冬になったらね~…」

冬になったら「年明けたら!」

…もう後がない!

しかも2月2日は漢字検定が!

去年の4月、

「毎日やったら、この問題集、3ターンはできるねshine

なんて思ってたのに1ターンも終わってない(゜д゜;)

(どんだけサボってた、私(-ω-))

あっちもこっちも後がないワタシには、

なかなかグサリと痛い一文↑↑↑でした…。

(この際、漢検とか言ってる場合じゃないと思うけど。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

…と画像をアップしようと思ったのですが

やはり、アップできない…

ノートパソコンめ、ビミョーに使えんわ~(-ω-)

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆

今日はちょっと古めの新聞連載小説をご紹介。

ガサゴソ検索をしていてヒットしたもので、

용비어천가 /방기환

歴史小説なのですが、ちょっと面白そう。

李王朝開国の主役である太宗・李芳遠を中心に

繰り広げられる、王朝創業の大パノラマを描いた

作品…とのことで、

1972年から京郷新聞に掲載されたものです。

コチラが連載前の小説紹介で

登場人物などがのぞけます。

テキストで本文も読めますし、

テキストを閉じて紙面を拡大し、

新聞のまま小説を楽しむこともできます。

コチラから連載開始です。

連載開始が1月15日。

もうすぐ1月15日ですし、連載小説を読む気分で、

毎日読んでみるのはいかがでしょうか。

…ちなみにこの小説、第991回、

1975年3月31日掲載分まで続きます(-ω-)

それから、歴史小説をもう一つ。

もう連載初日の1月1日を過ぎてしまいましたが、

1981年の元旦から、同じく京郷新聞で掲載が始まった

송도의 봄/박연희

こちらは高麗の太祖、王建のお話で、

第616回、1982年年12月30日まで続きます。

…ちなみに史上最高の歴史オンチの私には、

まことに残念ながら、読み切る自信がありません(T₋T)

が、オンチながら歴史の話を聞くのは好きだったり、

オンチゆえ知りたいという気持ちもあったり、

ついていけるところまで、読んでみたいと

思わないでもなかったり。

でも、そんな時間があるなら、キム・ネソン先生の

新聞小説を読もうかなと思ったり…

悩ましい新年の幕開けです。

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »