« 近況。 | トップページ | 전나무와 매&상속자들。 »

나비잠。

というわけで(?)本日の本はついに!!!!!

L97889320245781

『나비잠』최제훈

チェ・ジェフン作家の新作~~~crying

(といっても10月に出たのですが。)

もう~オモロかった!!!

ジャンルはなんでしょう。

ファンタジー?サスペンス?

主人公は100キロ越えの巨漢、チェ弁護士。

妻と息子と暮らしていますが、

仕事上、家庭上の小さな失策が重なり、

人生の歯車が狂い始めます。

物語は主人公の現実と非現実が並行して描かれており、

慣れないうちは、どっちの話?と混乱しますが、

実ははっきりわかるように書き分けられています。

物語の軸の雰囲気は暗めなのですが、

いたるところに笑いが散りばめられています。

そして、銀河鉄道999やキャンディ・キャンディ、

赤ずきんにピノキオ、ゴッドファザーにパピヨンと

アニメに童話に映画にと、

おもちゃ箱のように、いろいろなアイテムが登場します。

「雰囲気の重さ」と「笑い」のバランスが絶妙です。

人前で読んでいて顔がニヤけるのをこらえたり、

ご飯を食べながら読んでいて口の中のモノを

吹き出しそうになったり、そりゃあもう大変でしたhappy02

いまだに思い出し笑いしちゃいますhappy02

でも重いのよ~暗いのよ~happy02

チェ・ジェフン作家お得意、夢か?現実か?の

「グルグルシーン」も楽しめます。

毎日毎日、好きな作家さんたちの新刊を待っていますが、

なぜか私の好きな作家さんは寡作な方が多い模様catface

こうして、新作を読めて、楽しめて幸せですcrying

しかしこの本、単語がなかなか手強かった。

まずはこちら

야바위

ヤバい…になんとなく似ていますが、

意味もヤバいにちょっと似ていて、

(もと中国式の)いかさま賭博の一種

/人をだます手品、ぺてん

のことをいうそうです。

それから、発音からわからない

얽죽얽죽

発音は[억쭈걱쭉]で意味は、

顔に大小のあばたがまばらにあるサマ…とのこと。

次は

차력사 

차력は漢字で書くと[借力]、薬や神霊の力を借りて

身体や気力を強くすること、で

차력사となると、そうなった「人」のことですが、

特殊な「ワザ」を使う人のようです。

もともとは修行の一種のようですが、

わかりやすい例は、鎖を歯で食いちぎる…とか、

素手で蛍光管を点灯させる…とか

寝そべったお腹の上に岩を置いて

他の人にハンマーで叩き割ってもらう…とか

ビックリ人間みたいなものでしょうか…。

この単語、今読んでる本にも出てきました。

実は重要単語(-_-)?

それから

아리랑치기

こちらは、

酔っ払いを介抱するふりをして金品を奪うスリのこと。

日本語では「介抱泥棒」というのでしょうか?

その他、へ~こう言うんだ!という表現や、

面白い文章、ナルホドね~な文章満載、

(青少年に読ませたくないシーンも少々、)

読み応え満点ですheart04

(ネイティブの方の評価は辛口もありますがcoldsweats01

|

« 近況。 | トップページ | 전나무와 매&상속자들。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

すごい高得点の作品ですねー! これも厚い本でしょうね?

是非お借りしたいけど、まだお借りしたのを読み終えていないので〜(^^;)。

単語、どうしてもわからないのあるんですよー。その場合はほうってそのまま読み進んじゃうんですけどね(^^;)。

今夜は雪が降るのを期待して、何度も外をのぞいてみましたが、雨だったし、今は止んでます。少しは雪、見たかったなー!

投稿: ハーちゃん | 2013年12月19日 (木) 03時31分

紙質的には厚いですが、頁的には約370頁、
それほど厚くはありませんよ。

私もわからない単語、すっとばすこと多々ありますが、
なんだか音的にとか字ヅラ的に気になる単語って
存在するんですよね。
(もはや感覚的なモノなので説明できませんが。)
この小説はそのテの単語が多かったです。
調べがつかない単語で気になるものがあったら
私も調べてみますのでメールででもご連絡下さい。
…といっても調べがつくかわかりませんけど(^_^;)

投稿: 海 | 2013年12月19日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/54305719

この記事へのトラックバック一覧です: 나비잠。:

« 近況。 | トップページ | 전나무와 매&상속자들。 »