« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

脳。

朝鮮日報、一日一記事…を「読むこと」を

日課として「いた」私ですが、

(某友人は、私が一日一記事「翻訳」してると

思ったらしいのですが、どんでもありません。

気になった記事をスクラップして、

タラ~~~っと読んで単語のチェックを

しているだけです(-ω-))

雑務に追われ、どうにも滞りがち…

…というより、春先の雑務で滞ったものが

なかなか消化できずにいたところに

雑務、秋の陣、到来thunderみたいな。

で、ワタワタと忙しく、また停滞typhoon

(そのわりに本は読んじゃったりしてる私。)

1ヶ月以上も前の朝鮮日報とえっちらおっちら

格闘中でございます。

そんな私に更に追い打ちをかけ、

私のフニャフニャの脳ミソを硬直させる記事に

出会いました。

主題はズバリ、「脳」。

子供用の記事だったのですが大混乱ですwobbly

といっても、内容が難しいわけではないのです。

単語が!おかしい!!!

脳のイラストと共に脳の部位が説明されていて…

Cocolog_oekaki_2013_10_30_15_28

カタツムリ付きブロッコリー(-ω-)???

ヨレヨレのうちわ(-ω-)???なんとでも言って…(/□≦、)

黄緑…전뇌

黄色…중뇌

オレンジ…사이뇌

赤…중간뇌 

   다리뇌

   숨뇌

   뇌줄기

紫…소뇌

…といった具合です。

まあ紫が小脳なのはOKでしょう。

중뇌、사이뇌、중간뇌がどれもなんだか

「間」「中」で混乱しますが、

赤の뇌줄기に「脳幹」というカッコ書きがあり、

合わせて、それぞれに書かれていた説明により

赤の중간뇌は中脳、다리뇌は橋(きょう)、

숨뇌は名前通り、呼吸を司る延髄でしょう。

では、オレンジの部分、사이뇌とはなんぞや?

とNaver辞書の韓日で検索すると、なんと!!!

中脳…って出てきた(゜д゜;)!!なんで!

中脳は赤んとこ(중간뇌)じゃないの!?

しかも、Naver国語辞典には

사이뇌…大脳半球と中(間)脳の間にある部分。

て書いてあるのに(T_T)意味わかんない(T_T)

…とパニクリまくりましたが。

コレはどうやら、日本語の「ちゅうのう(中脳)」の

説明にでてきた「사이」と「뇌」という

単語に反応して検索結果に上がってきたみたい(-ω-)

というわけで、Naver国語辞典の説明を参考にすると

사이뇌はどうやら「間脳」である模様。

ま、考えてみれば사이=間なので当然と言えば当然。

しかし、日本語でも中脳だの間脳だのがあり、

韓国語でも사이뇌があり、중간뇌があり、

중뇌という言い換えがあり、

辞書を見てるだけでも大混乱。

そして残る難問は전뇌と중뇌なのですが。

ちなみにNaverでは、

전뇌は「前脳」(大脳の前側の部分)、

중뇌は「中(間)脳」(また!)と出ています。

が、新聞のイラストと説明によると

전뇌は「前に位置している部分」ではなく、

「一番外側の部分」で思考、判断、言語などを司る、

とのこと、

중뇌は전뇌の中側にあり、感情を司る部分、

とのこと。

これはどうやら、大脳皮質と大脳辺縁系のことを

表しているのかと…そう判断したのですが。

どう考えても黄色の部分「중뇌」は、

中脳の説明「間脳と橋の間にある脳幹部分」に

当てはまらない。

なぜこんなわかりにくい単語が使用されたのか(T_T)

なんとも長い道のりでした(T_T)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

히망か희망か。

先日の記事でちょこっと触れた

「希望」のハングル表記について、

面白い記事を見つけました。

1931年の東亜日報、ハングル質疑欄から

かいつまんでみます。

(問)関「관/관

   続「속/속」

   者「자/자」

   会「회/회」

   録「록/록」

   勇「용/용

   望「망/망」

   …どちらの表記が正しいのでしょうか。

(答)の本来の音は「」です。

   しかし、現在の発音は「」になってます。

   中には、この発音は絶対「」だという人も

   いますが、掲載「게재」の掲が「」で、

   係、継の「」の音と大差がなく、

   それらを区別するのは難しくないですか。

   そのため、私(記者さん?)の考えでは

   漢字の元の音に拘束されず、

   現在の発音の標準に合わせ「」と書けば

   いいと思います。

   また、記、機、気などの本来の音は「」です。

   しかし、現在の発音では「」になるので、

   これも、発音通りに書くのがよいでしょう。

   希の音「」は、今のところ、

   その発音がいろいろなので(!?)

   そのまま(元の音通り?)書いてもいいでしょう。

ほほ~( ̄0 ̄)…です…アバウトなのか(-_-)??

まさに言語はイキモノだ、ってカンジですね。

常に進化(?)しているようです。

とってもなじみ深い「気」のハングル表記も

昔は違ったとは、ほほ~です。

1933年に、朝鮮語学会により制定、公布された

한글맞춤법통일안で、

漢字語でも従来使用されてきたアレア、

そして「ㅢ」の表記をなくすことにしたようです。

(私の調べたところによると。)

しかしながら、1970年代、80年代に入っても

ㅢからㅣへ、ㅣからㅢへと二転三転、

1977年の新しい맞춤법案に関する新聞記事では

「発音通りに書きやすく」というタイトルのもと、

희망は히망になると書かれているのに、

1988年版の맞춤법では「生活用語」というくくりで

「希望」は희망と規定されてようです。

…なんで긔は기になったのに

희は히にならなかったんだろう…。

調べれば調べるほど気になることが出てくる

今日この頃(-ω-)

頭ん中グルグルtyphoontyphoontyphoon

(そして、その「気になること」の大半は、

たいして重要でもない、どうでもいいコトなのだpig

| | コメント (3) | トラックバック (0)

連体形。

以前、実家に帰ったときのことなのですが。

長文を読むとき、どんなところでひっかかるか

両親に聞いてみたところ、

まずは変則活用の用言の活用形らしい。

例えばこちら、新聞のタイトルですが

더 나은 미래.

(長文じゃないし(゜д゜;)!?というツッコミはナシで(-ω-))

더は「より、もっと」

미래は「未来」

はわかるけど、나은 とはなんぞや…

という状況。

とりあえず、この나が「私」の나ではないということは

わかるようですが、正解にたどり着けない。

母は나다 を思い浮かべたらしいのですが

나다 が連体形(名詞につながる形)として活用するなら

난(過去) 나는(現在) 날(未来) です。

さて、この「未来」という名詞につながっている

用言の原形は何か???

辞書を調べてみましょう。

で、わからん用言の原形をどうやって調べるの

…って話ですが、

もちろん나은では出ていません。

が、나으で調べてみると、

例えばポケットプログレッシブでは

나으…낫(다)+으‐2

コスモス朝和では

나으 ⇒낫다 1,2       と出ています。

これで問題は半分以上解決ですshine

나은 は낫다の連体形だったのですshine

で、낫다を調べてみますと

ㅅ変則活用であることがわかると思います。

ポケットプログレッシブでは見出し語(낫다)の後ろに

「27」「55」など、数字が書かれていますが

こちらの数字、活用されていますでしょうか。

ちなみにうちの母は、私の説明を聞いて

「へ~そんな意味があるんだ!」

と感動してくださいましたが、

間違いなく、その感動は2~3回目でございますcatface

今回は例文の意味上、形容詞の「55」の方を

用いさせていただきます。

その「55」は辞書の後ろの付録についている

「用言活用表」で使います。

ダダダ~~~~っと表にされている見出しの中から

「55」を探すと、まさに「낫다」が現れます。

表中の赤で表示されている欄、

この場合、3類、4類、5類が変則活用をしている

欄なのですが、

このうち、3類というのが連体形の項目で、

現在連体形の欄に나은があります。

というわけで、나은 は「ましである~、より良い~」、

例文の意味は「より良い未来」になるのです。

ちなみに1類は「逆説形」などと書かれていますが

別に逆説だろうがなんだろうがなんでもよく、

用言を語尾(지만,고,아/어서,(으)시,(으)니까など)と

つなげるときに、どの形に活用させるか、という話で

例えば지만を調べると1類、고も1類、

아/어서:5類、(으)시:3類、(으)니까:3類…などと

書かれています。

これは지만の前の用言は1類の形にしてください、

고の前も1類、 아/어서の前の用言は5類ですよ…

という意味です。

これが、コスモス朝和の場合(果たして、今コスモス朝和を

使っている方がどれほどいらっしゃるのか…)、

見出し語낫다のあとに나아 、나은と出ています。

コスモス朝和は語基論を基に書かれているのですが、

この나아 は第Ⅲ語基を表しており活用表でいうと5類、

나은は現在連体形での活用を表しています。

語尾の方はというと、コスモスで자만を調べると「Ⅰ+」

니까はⅡ+、 서はⅢ+と出ていて、

それぞれ第Ⅰ語基、第Ⅱ語基、第Ⅲ語基に活用させた

用言とくっつくことが説明されています。

…コスモス朝和は語基論から入った人には

非常にわかりやすくて良い辞典なのですが

そうじゃない人にはわかりにくいのかも…。

どうも、韓国語教室では辞書の活用法までは

なかなか教えてくれないようで、

母も度々「そんなこと(辞書の引き方)

誰も教えてくれなかったもん」とかエバってますがsad

辞書をどんどん活用して、

みなさん、韓国語小説を楽しみましょう~~~heart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

고백의 제왕。

三女が自分の母子手帳を眺めながら

「お母さん、○○(自分)の飼育日記ってさ~…」

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!ペットかsweat01家畜かsweat01sweat01

ま、キミの気性の荒さは、ちょっとした猛獣並みだからねleo

飼育日記であってるかも(-ω-)

ちなみに「飼育日記ってさ~」のあとは

4歳以降の記録がほとんどない、という苦情でしたsweat02

ミアネ~bleah

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

本日の本~。

L97889364371211

『고백의 제왕』  이장욱

『告白の帝王』イ・ジャンウク作家の短編集です。

イ・ジャンウク作家の作品は

以前にもコチラで紹介させて頂いております。

それから、同じく、以前に紹介させていただいた

2010年度이효석문학상受賞作品集、

『밀수록 다시 가까워지는』

に掲載された作品も、こちらの短編集に載ってます

…とリンクしたかったのですが

以前の記事が探し出せません(-ω-)

…てかアップしてなかったのかな(-ω-;)

『カロの愉快な悪魔たち』も摩訶不思議な作品でしたが

今回の短編たちも摩訶不思議な作品が多いです。

摩訶不思議といっても、イロイロな摩訶不思議さが

ありますが、この短編集の摩訶不思議さは、

現実と妄想、現世と霊界、現在と過去…

そんな異空間どうしが同時に流れている

摩訶不思議さです。

裏と表が同時に描かれているような感覚で、

一見「ワケわかんないし!」的なのですが、

この「ワケわかんなさ」がクセになるのはなぜでしょう…。

文章も、方言だらけの作品があったり、

下品だらけな作品があったりでアジがあります。

(下品なアジsweat02sweat02?)

どれもこれも摩訶不思議で面白いのですが、

私が特に楽しく読ませていただいたのは、

方言豊富な作品「변희봉」。

イ・ヒョソク文学賞受賞作品集にも掲載されている

作品ですですが、변희봉さん、ご存知でしょうか?

この方ですが。

탤런트 변희봉

(↑Naverより)

映画でもドラマでもよく拝見しますねhappy02

小説の主人公マンギは、

この俳優さんの大ファンなのですが、

マンギ以外の人はピョン・ヒボンという俳優の存在を

知りません。

そんな俳優は聞いたことがないというのです。

マンギは必死に友人らに説明します。

が、口から出る言葉は

밴히봉 선생 말이다.

ベン・ヒボンのことだよ。

봉じゃなく봉…なまってんですねhappy02

彼も변희봉という正しい綴りを知っているのですが

字ごと(?)なまっています。

更に説明が続きます。

밴소 할 때 밴. 히망 할 때 히.

便所の便、希望の希だ。

漢字語だけど字もなまってるcoldsweats02

(もっとも、밴소 は慶州道の方言のようですが

히망は方言というより昔の言葉なのでしょうか?

それともただ単に発音どおりに記しただけか??

今も희망を히망と書く若者も少なくないようですが

1930年代くらいには新聞などでも普通に히망と

書かれていた模様。)

方言というとなんだか固有語なイメージなのですが

漢字語がなまっているのがなんだか面白い。

文字がなまっているのが面白い。

耳で聞いたら히망の히だろうが、희망の희だろうが

変わりはないけど、

文字だからこそ「히망の히」でニヤリとしてしまう。

滑稽ながらほんわかとしたお話です。

ちなみにピョン・ヒボン先生のピョンは

正しくは便所の便ではなく「邊」のようですcatface

不思議すぎて読みにくい面もあるかもしれませんが

フツーの世界に飽きた方にオススメです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋から冬へ~。

すっかり秋が深まった北海道ですmaple

(なぜ秋だけ「深まる」のか?についてはコチラ

我が町はまだ降雪が見られませんが、

先週の金曜日、学校が休校で、

一日中、家にいてもモメゴトが多発するだけですので

富良野のアンパンマンショップへ~rvcar

行ったのですが、あちこちに雪snow

さすがに路面に積雪はありませんでしたが

畑が~~~畑の玉ねぎコンテナが~~~bearing

098_3

そして、アンパンマンショップわきの林は

紅葉と雪のコラボshine

110_2_3


123_4

そして、林のわきの「おたまじゃくしの池」(沢?)にも雪snow

写真ではわかりにくいかもしれませんが、

フキの葉がある辺りが上流で、

キレイな水が流れ込んでいます。

113_3

で、子供たちは靴はビショビショ、手はキンキンに冷えながら

沢で雪遊びwobbly

121_3

学校一早く雪遊びをしたのではないかと

ご満悦の子供たちcatface

125_2_2

↓金網がなかったら素敵な雪景色だったんだけどなbearing

126

↓夕日に照らされる雪山もキレイ~~~で

わざわざUターンして撮った…わりには

あんまりパッとしなかったサジンcatface

128_2

天気にも恵まれ、なかなかのドライブでした~good

どんどん冬に向かってしばれて行く季節、

皆さま、体調など崩しませんようお気をつけ下さいませshine

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ハングルの日。

訓民正音頒布567年記念、

ハングルの日、おめでとうございますbirthday

そしてハングルの日の祝日復帰、

おめでとうございますshine

韓国ではイロイロ行事が行われているようですね。

訓民正音頒布式の再現ですって。

ステキですね~happy02

こんなの間近で見てみたいわ~(*゚ー゚*)

…と思いながら、よくよく見たら

世宗大王(なのかしら?)役の方の口元に

当てられているマイクが目に入ってsweat02sweat02sweat02

567年前の式典の再現にそりゃないでしょ(≧▽≦;)

まあ、状況的に必要だったんだろうとは思いつつも、

そのミスマッチさに、

一人、吹き出してしまったワタシ(-ω-)

何はともあれ、人生をこんなにも楽しませて下さる

ハングルを作って下さった世宗大王サマ、

心より感謝申し上げますm(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ドンちゃん、おめでとう!!!

2013코리아 드라마 어워즈

男性優秀賞、おめでとう!

1310026

1310025


ん~~~~いい笑顔happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

반가운 살인자。

週末に、ココより更に田舎の町で小さなマラソン大会があり、

次女の友達とそのお母様、私とうちの三姉妹が出走予定。

来月はその町の小学校に、子供たち(合唱部)が

芸術鑑賞のゲストとして(!)招待されているので、

足を運ぼうと思うものの、なにせ未知の町。

今日は下見を兼ねて片道40分ほどのその町へ~rvcar

国道をちょこっと走り、あとはひたすら道道なのですが。

周りは田んぼと畑ばっかcoldsweats02

コレ、ホントに道道っすかcoldsweats02ってな狭い道。

(道道だから狭いのか…。)

対向車とすれ違うのがギリギリの幅の橋shock

田園風景ばかりで目印らしいものが何もないcoldsweats02

ので、迷ってるか迷ってないかもわからないcoldsweats02

どれだけ走ればどこに出るのかもわからないcoldsweats02

(うちの車にはカーナビが搭載されていませんcatface

かつて、年下の先輩(なんで年下の先輩なのかは

聞かないで(* v v)…)の車で本州縦断(岡山まで)

した時は、地図通りに走ったら見事に山の中へfuji

ずんずんずんずん山の奥へと進み、

ついには、地図にあるはずの道がない!という事態。

ホントに山の中で道がブツンと切れて藪になったcatface

辺りは薄暗くなってくるし、オットケ~~~bearing

…という経験があり、再びそんなことになったら

どないしましょshockと思ったけど、ブジ、小学校も

マラソン会場も発見shine

今年最後のレース(と言っても親は5キロ、

子は3キロ)は田園風景の中でまったりと~maple

…秋草花粉症の次女がブジだといいのですがsweat02

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

本日はこちらの本~。

L97889011095891

서미애作家の短編集「반가운 살인자」。

表紙もなかなか素敵。

枕元にこんなふうに

L97889011095891_2
…置いておくと、ちょっとカッコイイ。

で、内容ですが…めっちゃ楽しかったですhappy02

300ページほどで、字もそれほどギッチリではなく、

コ難しい言い回しも少なく、比較的読み易い文体かと。

短編なので必要以上に入り組んだ構想でもありません。

ソ・ミエ作家の作品を読むのは2作目なのですが

推理小説の中でも、サスペンス色が濃いかなと

思います。

それがなんとも面白い!

比較的早い段階で、誰が犯罪者か、というのが

なんとなくわかるというか。

早い段階で犯罪者の匂いを漂わせている人が

現れるので、犯人探しを主体にしたものではなく、

その犯罪が成立するまでの人の心の動きや成り行きを

固唾をのみながら覗き見る|ω・)ソォ~

そんな作品が多い気がします。

もっとも楽しみにしていた作品はズバリ!!

남편을 죽이는 서른 가지 방법…(-ω-)ウフフフフ…

いや~恐ろしいほど「わかるわかる!」といった

夫に対する憎悪の念と嫌悪感(笑)。

例えばこんなの。

식사를 마친 남편이 물을 입안에 넣고

또 소리를 내며 물 양치를 한다.

그녀가 남편에게 못 견디어 하는

또 하나의 버릇이다.

(心苦しいので和訳は省略)

で、これがなんで耐えられないの??

と、普通の夫婦なら、思うでしょうね~。

耐えられないんですわ~これがcatface

물양치、ものすごくいい習慣だとわかっていますが

なぜか妙にムカつく夫の물양치。

あ~angry排水溝詰まるしpout誰が掃除すんのよpout

…とかねcoldsweats01(長女がしてくれることが多いんだけど(笑))

坊主憎けりゃ、じゃないですが、

もう~一挙手一投足が面白くなくなるんスよhappy02

更に…

세상의 많은 아내들이 남편과 함께 살면서

때로는 실망하고 때로는 포기하며

그렇게 살고 있지 않은가.

그런데 자신이 왜 유독 남편을 죽이고 싶을

만큼 못 견디어 하는 것일까?

그녀는 이제 자신이 나쁜 것인지,

자신에게 이런 생각까지 하게 만든

남편이 잘못된 것인지 확신할 수 없었다.

(同上)

う~ん、私のココロを覗かれたみたいcoldsweats02

と、妙に感動してしまいました(-ω-)

…とブログがグチ会になってしまうのもなんですので

韓国語のお勉強を(。・ω・。)

↑の文章で出てきた물양치

(小説では물 양치と分かち書きされていましたが

検索にかけると分かち書きされていない書き方が

多かったのでくっつけさせて頂きました。)

食後に歯磨きの代用として行うブクブクうがいですね。

何気なくかけた検索ですが、気になる記事が。

커피를 마신 직후에는

구강 내가 약산성 상태이므로

양치질을 세게 하면 되레 차아의 맨 바깥층인

법랑질이 손상될 우려가 있다.

커피 마신 직후에는 물양치를 하고

30분쯤 지난 뒤 양치질을 하는 것이 좋다.

コーヒーを飲んだ直後は、

口腔内が弱酸性の状態なので

歯磨きを強くすると、かえって歯の表面の

エナメル質법랑질[범낭-]:ホウロウ質→エナメル質

かつてはホウロウ質と言ったそうです。)

傷つくおそれがある。

コーヒーを飲んだ直後は、うがいをして

30分ほど経ってから歯磨きをするのが良い。

…んだそうです~。

同様の理由(コーヒー→弱酸性→虫歯になりやすい)

から、コーヒーをダラダラ飲むのは歯によくないとか。

そうは言われてもやめられないコーヒーダラダラ飲みhappy02

…4か月続いた歯医者通いに終止符を打ったと思いきや

先週からまた歯医者通いに復活した☆海☆でしたshock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »