« 秋から冬へ~。 | トップページ | 連体形。 »

고백의 제왕。

三女が自分の母子手帳を眺めながら

「お母さん、○○(自分)の飼育日記ってさ~…」

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!ペットかsweat01家畜かsweat01sweat01

ま、キミの気性の荒さは、ちょっとした猛獣並みだからねleo

飼育日記であってるかも(-ω-)

ちなみに「飼育日記ってさ~」のあとは

4歳以降の記録がほとんどない、という苦情でしたsweat02

ミアネ~bleah

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

本日の本~。

L97889364371211

『고백의 제왕』  이장욱

『告白の帝王』イ・ジャンウク作家の短編集です。

イ・ジャンウク作家の作品は

以前にもコチラで紹介させて頂いております。

それから、同じく、以前に紹介させていただいた

2010年度이효석문학상受賞作品集、

『밀수록 다시 가까워지는』

に掲載された作品も、こちらの短編集に載ってます

…とリンクしたかったのですが

以前の記事が探し出せません(-ω-)

…てかアップしてなかったのかな(-ω-;)

『カロの愉快な悪魔たち』も摩訶不思議な作品でしたが

今回の短編たちも摩訶不思議な作品が多いです。

摩訶不思議といっても、イロイロな摩訶不思議さが

ありますが、この短編集の摩訶不思議さは、

現実と妄想、現世と霊界、現在と過去…

そんな異空間どうしが同時に流れている

摩訶不思議さです。

裏と表が同時に描かれているような感覚で、

一見「ワケわかんないし!」的なのですが、

この「ワケわかんなさ」がクセになるのはなぜでしょう…。

文章も、方言だらけの作品があったり、

下品だらけな作品があったりでアジがあります。

(下品なアジsweat02sweat02?)

どれもこれも摩訶不思議で面白いのですが、

私が特に楽しく読ませていただいたのは、

方言豊富な作品「변희봉」。

イ・ヒョソク文学賞受賞作品集にも掲載されている

作品ですですが、변희봉さん、ご存知でしょうか?

この方ですが。

탤런트 변희봉

(↑Naverより)

映画でもドラマでもよく拝見しますねhappy02

小説の主人公マンギは、

この俳優さんの大ファンなのですが、

マンギ以外の人はピョン・ヒボンという俳優の存在を

知りません。

そんな俳優は聞いたことがないというのです。

マンギは必死に友人らに説明します。

が、口から出る言葉は

밴히봉 선생 말이다.

ベン・ヒボンのことだよ。

봉じゃなく봉…なまってんですねhappy02

彼も변희봉という正しい綴りを知っているのですが

字ごと(?)なまっています。

更に説明が続きます。

밴소 할 때 밴. 히망 할 때 히.

便所の便、希望の希だ。

漢字語だけど字もなまってるcoldsweats02

(もっとも、밴소 は慶州道の方言のようですが

히망は方言というより昔の言葉なのでしょうか?

それともただ単に発音どおりに記しただけか??

今も희망を히망と書く若者も少なくないようですが

1930年代くらいには新聞などでも普通に히망と

書かれていた模様。)

方言というとなんだか固有語なイメージなのですが

漢字語がなまっているのがなんだか面白い。

文字がなまっているのが面白い。

耳で聞いたら히망の히だろうが、희망の희だろうが

変わりはないけど、

文字だからこそ「히망の히」でニヤリとしてしまう。

滑稽ながらほんわかとしたお話です。

ちなみにピョン・ヒボン先生のピョンは

正しくは便所の便ではなく「邊」のようですcatface

不思議すぎて読みにくい面もあるかもしれませんが

フツーの世界に飽きた方にオススメです。

|

« 秋から冬へ~。 | トップページ | 連体形。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

「飼育日記」とな! 面白〜い。

この本なんですが、海さんだから読みこなせるみたいな...(^^;)。

私のほう「魔人」だいぶ進みました。誰が犯人でナゾはどのように解けるのか、まださっぱりです(^^;)。

登場人物も多いけれどわかりにくくないですね。

今のところ해월が怪しそうに書いてあるけれど、きっと違うんだろうなぁ、なんて思いながら楽しんでまーす(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2013年10月25日 (金) 15時50分

いえ、実際、読み「こなせて」るかはギモンです(笑)。
ただただ、不思議な世界が面白いだけで(^_^;)

「魔人」、読み易いでしょう~。
私は最初、日帝時代の作品だというので
どんだけ古語!?と思ったのですが、
きちんと、わかりやすい現代語に直して下さってる
んですもんねヾ(≧▽≦)ノ

今更(今から?)いうのもなんですが、
「魔人」のラストは「そんなのアリかよcoldsweats02」的なので
あんまり真剣に推理しながらよまなくてもいいですよ~coldsweats01

投稿: 海 | 2013年10月25日 (金) 17時06分

我が家の次男の母子手帳は、
思いっきり長男の名前を書いて線で消してあります。

次男のクラスの父母会の自己紹介でも
「XXX(長男の名前)の母です」って言ってしまうしね。
「気づいたけど、突っ込まないでおいたよ」と後からフォローされたわ。

まあ、世間的にも長男の名前で「XXくんのママ」って言うのが基本かと。はは。

投稿: たま | 2013年10月25日 (金) 22時20分

お~2人目から既に混乱ですか(笑)。
私も3人目の学校教材に名前書きをしてる時に
次女が「私のも名前書いて」と、何か一個持ってきて、
再び三女の名前書きに戻った時、三女の教材に
思いっきり次女の名前を書いてしまい
「〇〇(次女)…の妹の△△(三女)」と取り繕いました。
参観日(低中高学年に分かれてます)も、
毎度、誰の参観日に来たのか、その子が何組なのか、
思い出すのが大変です(そして違うクラスに入っちゃう)weep

投稿: 海 | 2013年10月26日 (土) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/53619339

この記事へのトラックバック一覧です: 고백의 제왕。:

« 秋から冬へ~。 | トップページ | 連体形。 »