« 이터널마일。 | トップページ | ドンちゃんinミュージカル。 »

궁극의 아이。

9月11日、震災から2年半ですね。

震災でご家族や友人、大切な人を亡くされた方々、

復興に尽力されている方々、

いまだ避難生活を余儀なくされている方々、

心の回復と町の復興が訪れますことを

心よりお祈り申し上げます。

そして、911テロから12年。

眠らない長女(当時5ヶ月)を抱いて、

次々と映し出される映像を夜通し、

茫然と見ていたことを覚えています。

本日は、その911テロが中心モチーフの一つとも

なっている、こちらの本をご紹介させて頂きます。

(まだ書きそびれているレビューがあるのですが

…あまりにも面白くなかったのでスルーgawk

L97889546206801

궁극의 아이/장용민

長編推理小説です。

kの本棚さん にございます。)

こちら、随所でミステリーだのスリラーだの

推理小説だのと評されていますが、

最後まで読んでみるに、これは

愛の物語shineです!!

もう~切なさいっぱいのぬくもりが感じられる

ラストシーンは泣けます!

なんで推理小説で泣いてんだよ、自分(´;ω;`)

と思いましたが、こりゃ、愛の物語だshine

ネイティブの評価も比較的高いのですが、

中には辛口評価もあり、そんな辛口評価の一つが

「低俗なジャンル小説」。

ジャンル小説の何が悪いヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

ジャンル小説、結構じゃないのψ(`∇´)ψ

…というわけでジャンル小説好きの私は

どっぷりハマりました。

この本は、たまさんにご紹介いただいたのですが

たまさんの推薦…難しい本なんだろうな(-ω-)…

しかも500ページ越えだし(-ω-)…

ま、ちょっとずつ読んでみるか(-ω-)…

と読み始めたら、それまで読んでいた本そっちのけsign03

(それまで読んでいた本、ごめんよ~sweat01

全然持ち運び用の重さじゃないのにもかかわらず

フツーに持ち歩いて読み続けてしまいましたhappy02

この作品のキーワードは「欲望」でしょうか。

権力に対する欲望、名誉に対する欲望、

富に対する欲望。

そして「因果応報」。

表紙の女の子の写真にもあるように、

オッドアイ(左右の瞳の色が違う人・動物。)をもつ

人たちが主人公、つまり「窮極の子」です。

(余談ですが日本語では窮極と究極が

同義語で使われつつ、

報道業界では「究極」に統一され、

全体的にも「究極」が多用されている模様。

一方、韓国語では구극(究極)よりも

궁극(窮極)が断然使用頻度が高いようですが、

こうなると邦訳はどっちを使うんでしょうね?

「窮極」の方がガチッとして字ヅラ的に

カッコイイし、

読んだ印象的に、やっぱり「窮極」な感じですが。)

どうやらこの「オッドアイ」を持ち出す作品が

結構多く、それゆえ「安っぽい」という評価を

受けやすいみたいなのですが、

私は初めて読みました、オッドアイ小説。

(オッドアイの猫については、その昔、

「わくわく動物ランド」で見ましたが。)

以下、若干のネタバレあり~。

過去のすべてを記憶する少女エリスと、

未来の出来事を記憶する青年シン・ガヤが出会い、

愛を育んでいきます。

しかしガヤは、その特殊能力を欲する

悪の集団から追われる身であり、

ある日、自らの命を絶ってしまいます。

10年後、エリスは10年前とはまるで違う

160キロ越えの巨体をもてあますおばさんになり、

10歳になる娘ミシェルと暮らしています。

ある日、娘から「パパが死んだなんて嘘だったのね。

パパから手紙が来たわ」と打ち明けられ…。

…いろいろ見どころをお伝えしたいですが

あまりネタバレすると面白くないでしょうから、

お伝えしたい気持ちはグッとこらえて少しだけ(>_<)

10年前に死んだはずのガヤから届く手紙、

そして、エリスの心に一つ残らず刻まれている

ガヤとの思い出を手がかりに

悪の集団の親玉と対決するハラハラドキドキの

サスペンス&切ないラブストーリー。

とにかく、たくさんの人がいろいろなところで

ちょこっちょこっと絡み合っており、

(小説ならでは、なのでしょうがsmile

その絡み合い具合が実に巧妙。

え~!この人があの!?みたいな。

本当に面白い本は眠くても眠れない、

睡眠不足でも読み続けられるということが

この本を読んで初めてわかりました。

乗り物に乗って本を読んでいると

たいてい途中で眠くなって寝てしまうのですが

(乗り物で爆睡できるタイプですcatface

この本を読んでいると眠いのに眠れず、

地下鉄待ちの数分も続きが気になって仕方なく、

ガマンできなくなって読み始めるくらい。

この本を読んでいて眠くなって本を閉じたことは

おそらく一度もなかったと思われます。

なかなか手強い単語や表現も少々出てきますが、

そんなこたぁ気にならないくらい、先が気になります。

で、振り返ってみるにこんな表現がありました。

알랑방귀를 뀌다

…毎回、下品系でスミマセン(-ω-)

(この血も三姉妹の中で一番整った顔立ちの

次女に遺伝してしまっておりますgawk

でも방귀를 뀌다だなんて絶対オナラ系~~~と

思いきや、알랑방귀를 뀌다で

「媚びへつらう」という意味だそうなcoldsweats02

なんで「媚び」がオナラcoldsweats02

알랑거리다で「媚びへつらう」という意味らしいですが

なぜオナラをくっつけたcoldsweats02

というわけでジャンル小説好きの方には

おススメです~heart04

最後になりましたが「窮極」つながりで…

…てか下品つながりか(-_-)??

130911


궁극의 변기 셀카

(SHINHWAカンパニーツイッターより)

窮極の便器セルカsweat02sweat02sweat02

ナゼにこんな所でセルカsweat02sweat02sweat02

が、ビシッと着こなされたスーツ、

斜に構えた立ち姿、

完璧な表情管理、

そして便器…そのギャップがナイスですshine

|

« 이터널마일。 | トップページ | ドンちゃんinミュージカル。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

「手強い単語や表現」が怖いけど、海さんのこの本に対する愛がよくわかって読みたくなりました。

おナラじゃなかったのか...(^^;)。

最後の写真がまた...(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2013年9月11日 (水) 23時54分

いつもながら長い駄文を読んで下さって
ありがとうございますm(_ _)m
「手強い単語や表現」は、
スルーしてもストーリーを追うのに
まったく支障がない程度かと思います^^
次回にでもお貸ししますよ~。

投稿: 海 | 2013年9月12日 (木) 00時42分

ありがとうございます。
海さんのおめがねにかなうとは、本屋冥利に尽きます。
新作チェック、発信し続けるのでよろしくね!


トイレ写真ですが…
便器はともかく、大きい鏡があったから撮ったんじゃないですかね?

スイートさんもトイレで歌う動画がありましたよ。
なぜなら声が響くからです。
トイレが好きなわけではなくて。

投稿: たま | 2013年9月12日 (木) 17時20分

こちらこそ読み応えのある作品を教えて下さって
ありがとうございました!
いつものことながら語彙不足の自分が呪わしい
レビューですが…本当にロマンチックな推理小説で、
もう~時空を超えた愛heart04みたいな。
…あんまり語彙不足なレビューを書くと
せっかくの作品が薄っぺらになってしまいそうなので
この辺でやめておきましょう…。

トイレで歌sweat02
なんか韓国人にとってトイレってスペシャルアイテム
なんでしょうかね。
韓ドラでもよく出てきますし。
トイレも舞台になっちゃうお国柄なのでしょうかcoldsweats01

投稿: 海 | 2013年9月12日 (木) 17時34分

そう言えば、日本よりもトイレがドラマに登場する率、高いわね(^^)。これは研究に価するかも? ふふふっ。

投稿: ハーちゃん | 2013年9月12日 (木) 19時30分

仕事でイヤな思いをして、トイレで泣きじゃくるシーンを
よく目にしますが、
母の韓国語の先生も、通訳でイヤな思いをして
トイレで泣いたそうです(笑)。
ま、それは日本でもあることなのかな~。
にしても、フツーにトイレでふんばってるシーンとか、
よく出ますよね、韓ドラhappy02

投稿: 海 | 2013年9月12日 (木) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/53223886

この記事へのトラックバック一覧です: 궁극의 아이。:

« 이터널마일。 | トップページ | ドンちゃんinミュージカル。 »