« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

홈즈가 보낸 편지。

本日の本。

出版されてわりとすぐにキョボで発見、

購入後もったいなくてしばらくあたためていたのを

やっと読みました。

L97889011524311


홈즈가 보낸 편지 / 윤해환

ホームズが送った手紙 / ユン・へファン

なんと、キム・ネソン先生とホームズが出会ったら!?

という魅惑的な設定の長編小説ですsign03

物語は1919年、キム・ネソン少年がナゾの英国人少年と

出会うところから始まります。

偶然出会った英国人少年の助けを借り、

3・1運動で自分を助けてくれた青年を探していた

キム・ネソン少年ですが、

その過程で他殺体を発見してしまいます。

当時の韓国においては推理小説ってナニ!?

ホームズってダレ!?という状況ゆえ、

鋭い推理力を見せる英国少年に驚愕するネソン少年。

それでも事件の謎は解けないまま、

17年の月日が経ち、ネソン青年は日本へ留学。

韓国初の探偵小説化を目指し執筆の日々ですが、

17年前の事件にも未だ執着。

日本人の親友の助けを得ながら推理、捜査を

続けます。

推理小説的にはガツンとしたものがなく

全体的にやわらかな雰囲気なのですが

(あ、死刑囚が出てくる部分があんまり

やわらかな雰囲気じゃないな…)

ネソン先生がこんなこと考えながら執筆されて

いたのかな~と思っちゃったり、

後半に登場するネソン先生と奥様のやりとりなども、

真偽のほどは定かではありませんが

こんな感じだったのかな~(*゚ー゚*)

…と微笑ましい構図ににんまりしてしまいます。

この本の大きな特徴は巻末にある注釈?

「知らなくても本文を読むのにこれといって

大きな問題はないけれど、

読まないと物足りない、かなり偏狭で私的な注釈」

という注釈(笑)。

本文より小さな字でざっと22ページくらい。

本当にただの注釈程度の注釈もありますが、

引用した小説の原文がかなりの長文で載せられて

いたりします。

読まなくても問題ない注釈なら…と思ったけど

結局読んじゃった(^_^;)

ホームズのみならずルパンやその他、

日本の推理小説家さんたちのこと、

もちろん江戸川乱歩先生のことなども

言及されていたりして、

へ~~~!と思うようなこともチョコチョコ

書かれており、勉強になる注釈でした。

キム・ネソン先生の作品とホームズシリーズ、

両方読まれた方は、

あ、この場面smile…とほくそ笑みながら読める

1冊だと思います^^

…余談ですが、

そのうちカテゴリーを「長編」「短編」などに、

もしくはジャンルごとに分けたいな~と

思っている今日この頃なんですが…

いつになるやらdespair

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続チキンマニア。

昨夜はいろんな所でチキンマニア登場shine

コレ、ことの始まりはどうやら、どっかのサイトに載ってた

チキンマニアの広告をポチしたコトな気がする。

チキンマニアのHPをウロウロした後から

いろんなサイトの広告がチキンマニアになった気が。

こんなんとか…

Photo_3

こんなんとか。

Photo_2

この↓ドンちゃん、めっちゃ美しlovely

爽やかすぎでしょshine

130619

この↑ドンワンの上腕たまらんわ~(゚ー,゚*)ジュルルル

…と思っていたけど、チキンマニアのHPで

全体像を見たら、上腕のみならず前腕もたまらんhappy02

130620

あ~美しい~男らしい~(゚ー,゚*)ジュルルル

その上、歌も上手くて言葉巧みで(スベるけど)

魅力的すぎ~ドンちゃん~~~ヾ(≧▽≦)ノ☆

皆さまも是非シナメンのサジン豊富なチキンマニアのHPで

溢れ出る生ツバと闘ってみて下さい^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今宵のワンダフルナイト。

今日(あ、12時5分。日が変わった…)は

夫のいないワンダフルナイトshine

…なのですが~次女が熱発(ノ_-;)…

先週月曜の三女ヨウレンに引き続き、

今週月曜は長女がヨウレン(´▽`)ノ

(ある意味、想定内。長女の月一恒例行事。)

ま、今更熱が出るわけでもなく、

元気だからいいんですけど。

この先4週間、毎週、三女長女三女長女と

検尿ですけど(-_-)

で、月曜日には次女もノド痛&咳で長女と共に

受診したのですが、ヨウレンは検出されず。

(ちなみに月曜の放課後は学校→病院→ピアノ

→病院→家→ピアノ→病院という目まぐるしさ(T_T)

3人産んだ自分が悪いんスけどね(T_T))

しかし、余りにグルグルヨウレンをうつしあってる

おバカなうちの子供たちを見るに見かねて

今回は3人まとめて除菌(抗生剤処方)してもらえる

ことになったshine

(せっかく抗生剤を飲み終わったのに

再び服薬の身となった三女、イカる(`Д´))

ヤレヤレ、ひと安心(´▽`)ノ

…と思っていたところに次女の熱(-ω-)

何の熱かしら~咳もおさまらないし(-ω-)

ひょっとして明日また受診か??

今週も私の歯医者→長女&次女の小児科→

三女の皮膚科→次女の小児科→私の歯医者

(月曜に行ったのに、軽い虫歯の治療になったせいか

今週もう一回来いと言われた)

→長女の小児科(ヨウレン検尿)…週6コース~sad

というワケで今夜は次女が茶の間わきの和室で

就寝、看病ナイトですcatface

(とはいえ、熱が出てもきっちり食べる、

きっちり寝る次女、うなされる事もなくラクチンsmile

おまけにヤボ用抱えて今夜はパソコンにかじりつき

状態bearing

どんだけタブ&ウィンドウ出てんのsign02ってくらい

検索の雨あられrainsnow

ど、どこまで検索せねばならんねんsad

…とグッタリしてるところになんと!!!!!

Photo

チキンマニアの広告じゃないの!

シナメンじゃないの!!!

ドンちゃんじゃないの!!!

もう~ビックリするやら嬉しいやら(* ̄∇ ̄*)

出てきてくれて、ありがとね~チキンマニア(/_;)

…じゃない…シナメン(/_;)嬉しいよ~(/□≦、)

やっぱ今夜はワンダフルナイトだわheart01

一気にやる気アップだわupupup

…と言いたいところだけど、本読みたいので休憩~bleah

シナノレ聴きながら(一日中かかりっぱなしだけど)

読書タイム~book

ウィズ3連75円でゲットしたコーヒーゼリーsmile

次女に見つかりませんように…heart04

| | コメント (5) | トラックバック (0)

우리는 모두 사랑을 모르는 남자와 산다。

4月、新学期早々長女がヨウレン菌感染症にかかり、

5月、長女の3回目のヨウレン検尿を待たずして

長女ヨウレン再感染&次女ヨウレン感染

先週、長女&次女の3回目の検尿が終わり、

昨日、三女にヨウレン判定が下った☆海☆家ですcatface

エンドレス ヨウレン検尿hospital

の、呪われてるわ…sweat02sweat02sweat02

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

父の日が近づいてきました。

韓国語学習中の父に

何か韓国語でメッセージを…と考えてたら

ふと思い出しました。

先日読んでいた本にあった文章なのですが

主人公の女性が子供の頃、「両親の日」に

書いた両親宛ての手紙に

「사랑하는 엄마, 아버지에게」と書いたところ

「アッパ~」とはとても呼べない頑固で厳格な父親が

6학년이나 된 게 ‘전상서’라는 말도 안 배웠느냐

6年生にもなって「전상서」という言葉も知らないのか。

と激怒した、というのです。

スミマセン、40になりましたが、なんスかそれ(-_-)

というワケで検索検索~

전상서とは、正しくは 전 상서と分かち書きするらしく

漢字で書くと「前 上書」、

아버님 전 상서(お父様へ)などと用い、

目上の方に差し上げる書状の冒頭に使う言葉

らしいです。

しかし父の日のメッセージの冒頭に「お父様」…

我が家には縁がなさそうな言葉でした(-ω-)

こんな言葉を拾った本はコチラ

우리는 모두 사랑을 모르는 남자와 산다/김윤덕

L97889718485001

朝鮮日報で連載されたエッセイをまとめたエッセイ集です。

結婚生活における夫とのゴタゴタ、姑とのゴタゴタ、

子供とのゴタゴタ、働く女性の苦難、などを

ユーモア交じりで笑い飛ばしたり、

皮肉交じりにチクチクつついたり、

とにかく味のある面白いエッセイを書かれる方です。

残念なことに、方言や老人語などちょっと難しい

言い回しが多くてスルスル読めないものも

少なくない…

のですが、逆に方言や老人語、故事成語や

四字熟語などを学ぶことが出来るのは

メリットかもしれません。

…んで、こんな面白いエッセイを書く方です~と

私の一番のお気に入りのエッセイをリンクしようと

したら~~~~!

なんと!!!!!!

1週間以上前の記事を見るにはログインが必要!?

聞いてないけど~~~。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

いつからそんな仕組みに。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

めっちゃショック~~~。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

仕方がないので、このエッセイ集から一文ご紹介(´・ω・`)

夫が妻に投げかけた一言です。

솔직히 당신, 남편을 발가락에 낀 때만큼도

안 여기지.

正直言ってお前、夫を足の指にはさまった垢ほども

思っていないだろう。

ギクリΣ(;・∀・)とされた方、いらっしゃいませんか~smile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

오픈。

今週もなかなかビッチリな通院スケジュール。

月曜:私の歯医者(虫歯)

    長女の歯医者(矯正関連)

火曜:三女の皮膚科(水イボ治療)

    三女の歯医者(口内炎?奥歯の奥の歯茎に腫れもの)

水曜:長女&次女のヨウレン検尿(3回目)

   (→その後同じ病院に入院中の友達のお見舞い)

土曜:長女&三女の歯医者(矯正)

それぞれが大した病気じゃないのはありがたい

コトですが…これに習い事の送迎や

部活の発表、親子レクなども加わるので

毎日結構イラつく時間ドロボウ(/_;)

親子レクは1年に1回でいいと思う…。

参観日もね…。

昨日、歯医者から帰ってきて

「お母さん奥歯にすっごい虫歯あるんだよね~shine

全然痛くないから気づかなかったけど

今日、歯医者で見せてもらったさ」と

長女に報告すると、長女、

「なんで虫歯ってわかるの?」と(-ω-)

「…なんでって…先生が先っちょ曲がった鏡で

見せてくれたから(-_-)」

「え?虫歯ってフツーに見えるの?

どんなふうに見えるの!?」

「フツーに黒く見えるけど(-_-)」

え~~~~!!!!!

 虫歯って黒いの~~!!??

 漫画かと思ってた~!!!

 え~~~!!え~~~!!

…と顔を真っ赤にして叫び続けて

大コーフンの長女(-ω-;)

おめでたいな、キミ(-ω-)…

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

なんだか読書日記みたいになっていますがsweat02

本日の本。오픈 / 김이환

L97889930948241


先日kの本棚さんで取り寄せて頂いた

キム・イファン作家の「オープン」。

いや~面白かったよhappy02

キム・イファン作家さんてオモロイんだけど

ヘタするとワケわからなすぎる印象で

(と言いつつ買っちゃったんですけど)

前回読んだ作品も思いっきりグルグル小説で

ワケわかんないしcatface…と思いつつ

また同じ作家さんのを買っちゃうって事は

やっぱり面白いんだと思いますけどね。

今回はどんだけ不可解かしら…とおっかなびっくり

読んでみましたが、話の内容的難解さもほとんどなく、

ところどころ、人前で笑いをこらえるのが大変な

可笑し~いhappy02シーンもあったりして、

今回はホント4.5ってカンジで

面白かったです。

結婚願望があるモノの、イマヒトツ良縁がめぐってこない

サンウォン。

ある日地下鉄で見知らぬ男から白い箱を

手渡されます。

とても紙製とは思えないツルツルとした光沢、

継ぎ目も見当たらず上下も開け口も

曖昧な箱。

「箱が望むものを箱に与えてあげれば

箱があなたの願いを叶えてくれます。」

そんな不思議な箱です。

物語は「彼の箱」「トラの箱」「ちびっこの箱」

「息子の箱」…など10章で構成されており、

各章、基本的には登場人物は別モノで

一見、つながっていないお話たち。

…なのですが。

だからと言ってバラバラに読み始めては~

いけませんsmile

ちゃんと1章目から読んでいくのがヨイです。

それぞれ、とっても違う題材、違う結末で、

ただただ不思議なのあれば、悲しい結末あり、

恐ろしい(ほんの若干グロ)結末あり、

オモロイ結末もあり、

悲しいながらほんわかとぬくもりの残る結末あり、

そのゴチャ混ぜ具合のバランスがとっても良く

読んでいて心地よい。

そして最終章もナイスですgood

キム・イファン作家っぽいグルグル感が

ちょっと顔をのぞかせます。

私の勝手なイメージでは雰囲気が

「笑ゥせぇるすまん」な不気味で不思議な雰囲気。

望みが叶えられる代わりに失うものは何か??

よ~く考えなくてはいけませんcatface

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »