« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

再び到来。

只今、家庭訪問期間中で、子供たちは午前授業。

だけど一度帰宅して3時から部活です。

昨日はその3時までのスキに小児科に行き

喘鳴のうるさい長女、鼻かみのうるさい次女、

ノド痛の三女を見てもらおうと、

学校へ子供たちを拾いに行き、

その後、上二人を部活に送り届け、

三女の「タコだと思いこんでいた」イボ治療に

隣町の市立病院に行く…というスケジュールだった。

まあ、三女のノド痛はともかく、基本的には

この時期恒例のアレルギーだろうと、

軽い気持ちで行ったのですが。

が。

が。

が。

なんと長女がまたヨウレン菌

(=出席停止&尿検査3回)。

昨年末、長女→三女→長女とヨウレン地獄に

陥った我が家。

ま、またか、またなのかヽ(´д`;)ノ

三女は検査では陰性だったけど、

かなり怪しいノド(ヨウレンはノドでだいたい分かるらしい)

なので、長女と一緒に抗生剤を出してくれました。

ただただ、またグルグルとヨウレン地獄に

陥らない事を祈るのみ(-ω-)

結局昨日は長女は部活も欠席、

イボ治療に連れていくハメになりました(-ω-)

昨日はヨウレン検査で予想以上に時間がかかり

次女も部活が遅刻すれすれ(>_<)

1時過ぎに家を出て、学校→病院(受診)→学校(部活)

→ガソリン入れ→病院(会計)→隣町の病院→

我が町の調剤薬局…と帰宅が5時。

車があるって、とっても便利だけどとっても疲れるshock

今日は長女と三女の家庭訪問。

とりあえず、部屋の掃除を長女に手伝ってもらえるので

今日に限って言えば休んでくれてヨカッタわshine

…と思う事にしよう(-ω-)…。

(掃除好きな長女。掃除グッズに萌える。)

6年生にもなるとヨウレンじゃ熱もでない。

明日はおしゃべり地獄だわ(-_-)

考えごと一つ出来ない(T_T)

てか、6年生でヨウレンかかるな(-_-)

流行ってもいないのに(-_-)

しかし。

私も昨日からノドが痛いという状況(-_-)

四十路まであと2カ月でも、やっぱりヨウレン菌て

かかるのかしら(・∀・;)…。

四十路が近づき、最近すっかり易感染性患者な私(T_T)

子供の風邪をバカにできなくなってきました…。

そんなこんなで新学期早々、今年の生活目標

「ヨウレン菌に2回もかからない」の達成が

既に危うい長女ですbomb

(6年生にあるまじき目標だな(-ω-))

| | コメント (10) | トラックバック (0)

밤 무지개。

やっと街路樹わきのクロッカスの芽らしきもの、

それから、フキノトウも顔を出し始めました。

まだ庭には雪が残り、

今週も雪マークが出ている北海道ではありますが、

我が家の「季節の変わり目アレルギー」も

本格化、長女の喘鳴も絶好調(絶不調?)とあり、

まさに春~cherryblossomといったカンジです(桜はGW頃ですが)。

私のケータイも衣替え、長らくブルー系のシールを

くっつけていましたが、

この度、念願のオレンジシールをついにゲットheart04

009_2

前のモノより若干小ぶりな文字ですが、

和やか且つ華やかな雰囲気になりましたshine

札幌の街ん中を歩いている時、長女に

「二つ折りのケータイいじってんのお母さんくらいだよ、

恥かしいcatface」とけなされましたが、

オレンジシールつきになりましたから、

もう~みんなに見せびらかしちゃいたいくらいhappy02

(今までのブルーのも捨てるのもかわいそうなので

辞書に貼ってみた。)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日の本は先日kの本棚さんで取り寄せて頂いたこちら。

L97889905542531

밤 무지개/이상우

イ・サンウ作家の名前は、キム・ネソン先生の本の

解説の中で「現在活躍されている韓国推理小説家たち」

の中の一人として挙げられており気にとめていたのですが、

作品を読んだのは、以前紹介させて頂いたオムニバス形式の

短編推理小説集「木蓮が咲いた」の収録作品が初めてでした。

「木蓮が咲いた」に収録されてる作品は非常にライトな

推理小説だったのですが、今回はこの↑表紙sweat01

あんまりライトじゃないのかsweat01?と思いきや

やっぱりライトでしたcoldsweats01

かなり恋愛小説がかっており、ガチガチの推理小説を

好む方には向いていないかもしれません。

恋愛小説のノリが濃いのですが、しっかり推理小説でもあり、

怪しそうな人物がゴロゴロ出てきます。

犯人はコイツか?ソイツか??アイツか???

と、散々思い巡らされるわりには、

結末はなんだかあっけない感じはしますcatface

「あんまり込み入ってない」というのが

果たして推理小説的にいいのか悪いのか…。

その辺の込み入り具合の好みは人それぞれ、

良し悪しを語るのは無理がありますが、

私の受けた印象では「あっさり」といったカンジです。

でもまあ、作家さんのばらまくエサによって

あれこれ思い巡らされるのが推理小説の醍醐味、

そういった意味では楽しく読めます。

特別これと言って衝撃的な場面や感動のシーンなどは

ないのですが、字もデカめで少なく、ページ数も少なめ、

短い会話文が多いのでスルスルと読めますbook

| | コメント (2) | トラックバック (0)

위험한 독서 137개의 미로 카드。

家庭訪問が迫り、毎年のことながら、

片付けが追い付かない…

というか、散らかり過ぎて片付ける気が起きなくて

困り果てる今日この頃。

そう言えば、そんな時にはこんな素敵な言葉。

눈아 겁내지 마라,

 손이 다 해치운다.

目よ恐れるな、 

 手がみんなやってのける。

そ、それにしても手も恐れる勢いの散らかり具合sweat02sweat02

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

本日の本。

위험한 독서/김경욱

L97889546067521

「危険な読書」短編小説集です。

買ってから気づきましたが、以前この作家さんの本を読んで

とってもハマれなかった経験がありました。

「で、何が言いたいの(`Д´)」的な終わり方で。

今思えば、まあ、なんだか温和な終わり方だった

気もするのですが。

なんだか平凡な男女の煮え切らない恋愛小説

だったと思います。

で、今回も、なんだか淡々としたお話や、

へんてこりんなお話や…

ワタシ的にはあまり気持ちを揺さぶられない感じで

黙々と淡々と読んでいたのですが。

ある日、そんな私の気持ちに変化が。

コレ、面白いのかも!!

…そんな気持ちをひき起こしてくれたきっかけは

コチラ↓の作品のお陰(-ω-)

137개의 미로 카드/김운하

L97889320128961

一足遅れで同時進行で読み始めたコチラの長編。

作品紹介はこんなカンジ。

1年半前、突然我々の前から消えてしまった、ある優れた

作家の失踪、あるいは死と、彼が残した謎のパズルが入った

箱を取り巻く数々の疑問…彼の不在の本当の原因が

明かされなまま、残ったものは137個のカードが入った、

黄金色の謎の箱一つと、20編余りの未発表原稿だけだ。

彼が残した謎の箱と未発表の作品をめぐって、何人かの

作家、批評家など文学界は論争に巻き込まれるが…。

…という紹介よ、どう見たってミステリー?サスペンス?

どっちにしたって推理系だと思うじゃないの(#`Д´)!!!

んで、この本に出てくる単語たちはこんなカンジ。

マルクシスト

キエルケゴール

ディオニューソス的解放

ヘーゲル的止揚の弁証法

パルメニデス的世界

……

……

……

とにかく「〇〇的××」とか「〇〇主義」とか

「〇〇論」とか、そのテの表現、多過ぎ!

しかも日本語に直されても分からん分野!!

哲学・宗教・文学(詩)という、私にとっては

真っ暗闇な世界を扱った作品で(T_T)…。

行方不明になった作家の未発表作品として書かれている

部分が3分の1くらいを占め、それらもちっとも理解不能。

あまりに意味不明でゲロ吐きそうになりましたshock

知ってる単語の羅列であっても意味わかんない。

あ、この章は少しわかるかも…と思って読んでいても

あっという間に意味不明の渦に巻き込まれtyphoon

ものすごく高尚なことを書いているのかもしれないけど

その書きっぷりというか、文章構成がまた

このヒト、大丈夫?的な。

突然、句読点がまるでなくなったかと思うと

やたらと読点だらけになったり(笑)。

(句読点がないのは黒岩涙香みたいで

パズルチックで楽しめるけど

読点だらけなのはかえって読みにくいということを

発見(笑)。三女の作文みたい。

「きのう、わたしは、おねえちゃんと、お母さんと、

図書かんに、行って、本を、3さつ、かりました。」

みたいな(笑)。どんだけ点うつよcoldsweats01

残された137個のパズルというのは137個の短文が

書かれたカードなんだけど、それがまた意味不明。

とにかく何もかも意味不明!!

全体的な雰囲気も「苦悩~~~」ってカンジで

読んでて楽しくないですshock

というわけでこの本を読みだすと、

「危険な読書」が面白く思えてきた(笑)。

というか、「わかるって、おもしろいshine」みたいな、

どっかの塾のキャッチコピーみたいですが、

心底そう思いましたcatface

特に最後の収録作品「황홀한 사춘기」という

作品は、自分の意思とは全く関係なく、

全寮制の予備校に突っ込まれた男の子が、

友人らと共に、その狂人的な管理体制から逃れ

青春を楽しむべく、教師陣と戦う姿が面白おかしく、

涙ぐましく描かれ、

ラストシーンもなかなかキレイにきまっていました。

こんな狂人的な予備校、韓国だったら実在しそうcatface

最後にもう一度。

「137個の迷路カード」、推理小説ではありませんので

くれぐれもお間違いのございませんよう、

皆さまお気を付け下さいませ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Kの本棚&고향사진관。

「お母さん!始業式、来週の月曜じゃなくて

今週の金曜日だった(゜д゜;)!!」

…と報告を受けたのが今週の月曜日(-ω-)

危うく、新学期早々意味なく欠席してしまう所でしたが、

ブジ登校していった子供たち。

今年は3、5、6年、次女と三女がクラス替えです。

長女は教室の位置さえ5年生の時のままらしく

「全然新鮮じゃないpout」と、かなりブーたれモードですdelicious

しかし漢検問題集が新年度唯一の新鮮さである母に比べりゃ

じゅうぶん新鮮だよ、キミたちcatface

そしてスケールが違う新鮮さを味わっていらっしゃるであろう

たまさんの韓国書籍ショップKの本棚がオープンshine

私のように「教保文庫で決済出来ないcoldsweats02」という

ショッキングな状況におかれてる方、

北海道って送料がバカにならないのよねcatface

とボヤいていらっしゃる方におススメです。

全国どこでも送料300円shine

ショップのサイトには商品が4つしかならんでない…

と思いきや!読みたい本は取り寄せて下さいますshine

ショップHPの左下にあるお手紙マーク、

お問い合わせフォームで是非リクエストをしてみて下さいhappy01

我が家にも、たまさんショップに注文していた本が

昨日到着~scissors

早く読みたいのですが、

只今、難解過ぎてなかなか進まない、

とってもおもろくない本を読んでいるので、

そいつを読み終わらねば…。

その前に、だいぶ前に読み終わった本を。

L97889566027761

고향사진관 / 김정현

成績優秀、前途有望な若者ヨンジュン。

一流大学、一流企業と明るい未来が待っていたはずの

彼の人生が、父が脳卒中で倒れたことで一転します。

母と共に始めた自宅での介護生活。

「一流」とはかけ離れた片田舎で、

父が営んでいた写真館を引き継ぐことを決めた

ヨンジュン。

そんな彼の日常が、賢く甲斐甲斐しい妻ヒスン、

頻繁に写真館を出入りするミョングクら友人との

触れ合いを通して描かれています。

悲しいながら、とても温かいお話です。

韓ドラでこんなのありそう~smile…と思いつつ

泣けてしまったりしますweep(トシか?)

ラストシーンは涙なしでは読めませんよ~bearing

しかし。

これはドラマじゃない!!

…というのは作者さんによるあとがきでご覧ください。

会話文も多いので口語表現が多少出てきた…

気がしますが、気にになるほどではありません。

コ難しい内容でもなく、理解不能な世界のお話でもない、

ものすごく日常的な話なので読みやすいかと思います。

ご注文はKの本棚happy02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

치루다?

まだまだ庭は雪の山ですがもう4月cherryblossom

毎年、(ワタシ的には)何事も新たな始まりのない

4月_| ̄|○……と凹む4月ですが

今年は新しいモノがshine

それは………漢検準2級問題集shine

先日受けた3級は無事合格

(子供たちもそれぞれ9級、7級、6級に合格^^)、

その後、札幌に遊びに行って本屋に行った時、

私が韓国語本コーナーでトラップされてるスキに

心優しい子供たちが、自分たちの次の受験級の

問題集と共に、「お母さん、ハイshine」と、

私の分まで持って来てくれましたgawk

(頼んでねぇ…catface

準2級となるとノリで受けれるレベルじゃないので

あんま受ける気なかったんですけど…

ま、漢字のみならず日本語の勉強にもなるし、

四字熟語なんかも出てくるので韓国語にも

繋がれば、と思い、受験はさておき(?)

問題集に取り組んでみる事にしました。

キレのいいところで4月1日にスタート~run

あまりに知らない語句が多過ぎて、

漢字練習ノートとは別に言葉調べノートも作って

えっちらおっちら調べながら進めています。

「あ~!これ、韓国語では読めるけど日本語では

読めないわhappy02」っていう韓国語ではおなじみの単語が

あったりもして、面白いです(面白がってていいのか…)。

4月1日の夢には、私の夢の常連、エリック様も登場し、

(エリペンの皆様、スミマセンm(_ _)m)

なんだか幸先の良い新年度ですcherryblossom

(こんなことで幸先いいとか言ってるのって

ひょっとして、ちょっと寂しいかも。)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

先日、久しぶりに某有名大学の教材のリスニングを

していると、こんな文章が出てきた。

시험을 치루었다.

…ん?

試験を受けるのチルダって치르다じゃなくて

치루다 だっけ?

たしか第三語基が変則活用するはずだったけど?

いつまでたっても「チルダの第三語基は칠러だったっけ?

치러だったっけ?」というドツボにハマっている

(お恥ずかしい…)としては、納得いかな~い(。>0<。)

辞書を調べてみると、やっぱりチルダは치르다.

これって、ひょっとして、(麺が)のびるよ、を

불겠다って言っちゃう、間違いだけど標準語しちゃってる系?

と思い検索してみると…

国立語学院さんには普通に

치루다→치르다   とだけ載っていて、

「過去形は基本形が치르다なので치렀다が正しい」

とは書いてあるけど치루다が間違いという表記はナシ。

ネイバー辞書さんでは

치루다は치르다の間違い、という表記。

この混乱は第三語基の混乱を巻き起こしているらしく

치러야か치뤄야か?という質問はもちろんのこと、

ネイバーの質問コーナーではこんな質問が。

치루었다 と치르었다、どっちが正しいのでしょうか?

…どっちも間違いです(-ω-)…みたいな。

中には

치루다と치르다の違いを教えて下さい~

…という質問なんかも(-ω-;)…ビックリした…。

そして、今更ながら気づきましたが、

私が混乱していたのは

치르다は르がついてるから~…르活用?칠러?

いや、違うな…と思っちゃってたのであって

ふつうに쓰다と同じ으活用なんだ(´▽`)ノ…

…と今更気付いたワタシ(・ω・)…。

なんか、르変則とも으変則とも違う

特殊活用かと思ってた(-ω-;)…。

(こんなハン検1級保持者にもビックリだよ…。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »