« Kの本棚&고향사진관。 | トップページ | 밤 무지개。 »

위험한 독서 137개의 미로 카드。

家庭訪問が迫り、毎年のことながら、

片付けが追い付かない…

というか、散らかり過ぎて片付ける気が起きなくて

困り果てる今日この頃。

そう言えば、そんな時にはこんな素敵な言葉。

눈아 겁내지 마라,

 손이 다 해치운다.

目よ恐れるな、 

 手がみんなやってのける。

そ、それにしても手も恐れる勢いの散らかり具合sweat02sweat02

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

本日の本。

위험한 독서/김경욱

L97889546067521

「危険な読書」短編小説集です。

買ってから気づきましたが、以前この作家さんの本を読んで

とってもハマれなかった経験がありました。

「で、何が言いたいの(`Д´)」的な終わり方で。

今思えば、まあ、なんだか温和な終わり方だった

気もするのですが。

なんだか平凡な男女の煮え切らない恋愛小説

だったと思います。

で、今回も、なんだか淡々としたお話や、

へんてこりんなお話や…

ワタシ的にはあまり気持ちを揺さぶられない感じで

黙々と淡々と読んでいたのですが。

ある日、そんな私の気持ちに変化が。

コレ、面白いのかも!!

…そんな気持ちをひき起こしてくれたきっかけは

コチラ↓の作品のお陰(-ω-)

137개의 미로 카드/김운하

L97889320128961

一足遅れで同時進行で読み始めたコチラの長編。

作品紹介はこんなカンジ。

1年半前、突然我々の前から消えてしまった、ある優れた

作家の失踪、あるいは死と、彼が残した謎のパズルが入った

箱を取り巻く数々の疑問…彼の不在の本当の原因が

明かされなまま、残ったものは137個のカードが入った、

黄金色の謎の箱一つと、20編余りの未発表原稿だけだ。

彼が残した謎の箱と未発表の作品をめぐって、何人かの

作家、批評家など文学界は論争に巻き込まれるが…。

…という紹介よ、どう見たってミステリー?サスペンス?

どっちにしたって推理系だと思うじゃないの(#`Д´)!!!

んで、この本に出てくる単語たちはこんなカンジ。

マルクシスト

キエルケゴール

ディオニューソス的解放

ヘーゲル的止揚の弁証法

パルメニデス的世界

……

……

……

とにかく「〇〇的××」とか「〇〇主義」とか

「〇〇論」とか、そのテの表現、多過ぎ!

しかも日本語に直されても分からん分野!!

哲学・宗教・文学(詩)という、私にとっては

真っ暗闇な世界を扱った作品で(T_T)…。

行方不明になった作家の未発表作品として書かれている

部分が3分の1くらいを占め、それらもちっとも理解不能。

あまりに意味不明でゲロ吐きそうになりましたshock

知ってる単語の羅列であっても意味わかんない。

あ、この章は少しわかるかも…と思って読んでいても

あっという間に意味不明の渦に巻き込まれtyphoon

ものすごく高尚なことを書いているのかもしれないけど

その書きっぷりというか、文章構成がまた

このヒト、大丈夫?的な。

突然、句読点がまるでなくなったかと思うと

やたらと読点だらけになったり(笑)。

(句読点がないのは黒岩涙香みたいで

パズルチックで楽しめるけど

読点だらけなのはかえって読みにくいということを

発見(笑)。三女の作文みたい。

「きのう、わたしは、おねえちゃんと、お母さんと、

図書かんに、行って、本を、3さつ、かりました。」

みたいな(笑)。どんだけ点うつよcoldsweats01

残された137個のパズルというのは137個の短文が

書かれたカードなんだけど、それがまた意味不明。

とにかく何もかも意味不明!!

全体的な雰囲気も「苦悩~~~」ってカンジで

読んでて楽しくないですshock

というわけでこの本を読みだすと、

「危険な読書」が面白く思えてきた(笑)。

というか、「わかるって、おもしろいshine」みたいな、

どっかの塾のキャッチコピーみたいですが、

心底そう思いましたcatface

特に最後の収録作品「황홀한 사춘기」という

作品は、自分の意思とは全く関係なく、

全寮制の予備校に突っ込まれた男の子が、

友人らと共に、その狂人的な管理体制から逃れ

青春を楽しむべく、教師陣と戦う姿が面白おかしく、

涙ぐましく描かれ、

ラストシーンもなかなかキレイにきまっていました。

こんな狂人的な予備校、韓国だったら実在しそうcatface

最後にもう一度。

「137個の迷路カード」、推理小説ではありませんので

くれぐれもお間違いのございませんよう、

皆さまお気を付け下さいませ。

|

« Kの本棚&고향사진관。 | トップページ | 밤 무지개。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

私が最近なついているc先生が、김경욱作家と大学院の同期で、研究室が近かったのかな?顔見知りだそうです。
学生デビューしていたので有名だったのかも。
この作家も時々イケメン写真がありますね。

3年前に身の程知らずにも「危険な読書」を翻訳してみたことがあって、小説の引用がたくさん出てきたでしょ?
20ページちょっと訳すために夏休みに2000ページくらい本を読む羽目になりました。
まーた、その時の翻訳が師匠に不評だったという苦い思い出があります。はは。

投稿: たま | 2013年4月15日 (月) 23時33分

なんと~有名作家とお知り合いの先生とは
うらやましい(>_<)
どなたかキム・ネソン先生のご子息さま(大学教授を
なさっているご子息さまがいらっしゃいます)と
お知り合いの先生なんかいらっしゃいませんかね(* v v)
イケメン作家、イム・テウン作家のお知り合いとかheart04

そうそう、「危険な読書」は引用が多くて、
若干コ難しかったですね(-ω-)…
とてもとても翻訳する気になんぞ~ヾ(≧▽≦;)ノ☆

投稿: 海 | 2013年4月16日 (火) 05時35分

ほほぅ「ちょっとな本」を読むことによって「面白くない本」が格上げになるわけですね(^^)。面白いなぁ。
たまさんをたどって行くと、ネソン先生のご子息にもとっかかりが出来るかも〜。期待感大(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2013年4月16日 (火) 13時49分

パク・テゥオンの息子さんと、Y君がカカオトークチングですが。
息子さん、文学畑の人だったらつながる可能性もあるんだけど、どっち畑のひとなんでしょうね?

投稿: たま | 2013年4月16日 (火) 18時12分

ハーちゃんさん…本も結局、相対評価なんでしょうかね。
そう考えると、面白い本ばかり読むのは怖い気がします。
面白くない本が増えそうで(笑)。
(心配せずともそう簡単に面白い本には出会わない
のですが。)

たまさん…すご!パク・テウォン氏の息子さん!?
…もやはり文学人なのでしょうか?

ネソン先生のご子息は、
全然文学畑の方じゃないんですよ~(>_<)
経営科学?情報保護?などが専門の
KAISTのシステム工学科の教授サマです(* v v)

投稿: 海 | 2013年4月16日 (火) 20時41分

KAISTにはつながらないですね・・・・・。

投稿: たま | 2013年4月16日 (火) 21時58分

残念(´・ω・`)…

投稿: 海 | 2013年4月17日 (水) 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/51242979

この記事へのトラックバック一覧です: 위험한 독서 137개의 미로 카드。:

« Kの本棚&고향사진관。 | トップページ | 밤 무지개。 »