« 11月末日。 | トップページ | 오즈의 닥터。 »

카스테라。

またまたどっぷり雪が降りました~30㎝越え^^

朝早くからあちらこちらで除雪作業中の方々、

何台もの除雪車と出くわしながら

肩身狭~く朝ジョグを楽しませて頂きました(* v v)…。

先日、破れた内布に絆創膏を横方向に貼ってみたモノの

途中ではがれ再び靴ずれを作ってしまったので

3日ほど前に縦方向に貼って試走。

すると絆創膏ははがれなかったけど

やはり絆創膏越しに当たるソールカップで靴ずれが(T_T)

という訳で今日はおニュー(死語?)の雪上ランシューで

出走~~~run完璧でしたscissors

やはり圧雪路面では滑りますけどねhappy02

人生いつでもどこでも油断大敵catface

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

本日はコチラの本をご紹介。

Photo

커스테라/박민규

カステラ/パク・ミンギュ

初版は2005年の様ですので、結構古めですよね。

日本のネットショップでもあちこちで見かけてはいたのですが

なんとなく食指が動かず、今回やっと読んでみました。

短編小説が十作品収録されている小説集です。

今回、この本を読んでみようと思ったきっかけの一つは

タヌキやキリン、マンボウにペリカンに…と

動物の名前が入ったタイトルが多い、という事なのですが

…普通の動物のお話ではありません(-ω-)

なかなか奇想天外なストーリーばかりが集まっていて、

中にはあまりに奇想天外過ぎて理解不能レベルな物も

ありましたが、不思議なくらい、

奇想天外な中にもメッセージが込められていて

妙に感動してしまったり、人生考えさせられたりする作品も

ありました。

後書き然り、ありかよ(゜д゜;)的な後書きなのに

読んでいくうちに、その奥深さに唸らされます。

で、カステラはどこで出てくんの?

キリンはどこで出てくんのよ!と思いながら、

フツーに楽しく(?(笑))読めました。

多々知らない単語をすっ飛ばして読みましたが、

一つ、とっても気になる表現が。

主人公が、父親の事業の失敗で住処を失います。

しばらく友だちの家を転々としますがそれも限界に達し

新たな居住地を探し始める主人公。

현실적으로 군대가 유일한 도피처였지만,

시력 때문에 보충역을 받은 나로서는 그나마도

비빌 언덕이 아니었다.

現実的に軍隊が唯一の逃げ場だったけど、

視力のため補充役(公益勤務要員など入営対象ではない

兵役)判定を受けた僕としては、それさえも

こする?混ぜる?丘ではなかった?????

비빌 언덕ってナニ(-ω-)

こちら、

소도 언덕이 있어야 비빈다.

ということわざから来た言いまわしの様。

で、そのことわざってどういう意味、って話なんですがgawk

牛も丘があってこそ痒いところをこすったり

丘を踏みしめてみたりできるように

人も拠り所や頼れる人があってこそ

何か事を始めたり成し遂げたりできる

という事を例えた言葉、との事。

つまりこの비빌 언덕頼れる場所、拠り所、

という意なんですね。

がしかし、なんと언덕そのものにこんな意味が。

いたわってくれたり導いてくれるような

頼りがいのある対象を比ゆ的に表す言葉。

う~ん、侮れない初級単語。

人生いつでもどこでも油断大敵catface

|

« 11月末日。 | トップページ | 오즈의 닥터。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

あ~この本。
わたしには冷蔵庫との会話だったっけ?1話目すら読み進めなく、何年も放置されている本ですわ。
この本のよさを感じ取れるにはまだまだ修行が足りないのですわねワタシは。coldsweats01
あぁでもいつか必ず読み終える気になりましたわ~delicious
んもう海ちゃんの読書量にも脱帽ですhappy01

投稿: ◇Yumi◇ | 2012年12月 1日 (土) 16時02分

オモ~既に入手済みだったんですね~サスガ!
1話目も奇想天外で、自分の読解が合ってるのか
不安になるくらい摩訶不思議ですので
読めてないと思ってもなんとなく字面を追って行くと
案外読めるかもですよhappy02

私の感覚ではキリンのお話と最後のお話が
イイお話でしたので機会があれば是非^^

読書量と言いますか…
…結局なんだかんだヒマな専業主婦ですから(T_T)
子供の目がないのをいい事に、
朝ご飯とか昼ごはん食べながらも読んじゃいますしねcoldsweats01

投稿: 海 | 2012年12月 1日 (土) 21時10分

またもやネタバレトラップか?と思って、飛ばしました。

先生の研究室にあるので、目を付けているんです。

なんか、最近私の読む本と指導教官のN先生、
文学のC先生の読む本とかぶっていてちょっともったいない・・・。
被らないように「ウン・ヒギョンとソン・ソクジェは買いましたっ!」と宣言してみたりして。
先生がキム・ヨンスの新作を買っていたので、速攻で借りましたが、読む時間がなかなか・・。

投稿: たま | 2012年12月 1日 (土) 21時42分

これから読む方たちのために
あんまりネタバレはしてませんよ~(´▽`)ノ

いいですね~周りに借りれる環境があって!
…という東京から見ればかなりの文化過疎地である
北海道の韓国語学習者のために(そんな北海道の中でも
秀でた文化過疎地の我が町(-ω-))、
なんとか私の本をお貸しできるシステムと場を
作れないかと考える今日この頃です。

投稿: 海 | 2012年12月 2日 (日) 09時07分

そのことわざ、どうして知っていたんですか(^^)。スゴいです。
そして本を貸し借りできるところがあったら、助かりますよねぇ。
海さん、がんばって管理人になってみたら〜(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2012年12月 3日 (月) 13時51分

イエ、全然知りませんよ~もちろんhappy02
あちこち調べに走りましたrun

まあ、管理人とかネット上とかってのは
システムも思い浮かばないしよく分かりませんので
大手の韓国語教室にでも直接足を運んで
打診してみようかと思ったり…。
…蔵書がもう少したまったらですけど(^_^;)

投稿: 海 | 2012年12月 3日 (月) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/48045321

この記事へのトラックバック一覧です: 카스테라。:

« 11月末日。 | トップページ | 오즈의 닥터。 »