« ヌニ ワッソヨ~。 | トップページ | 腰痛家系。 »

백사도。

10月から続く通院地獄(子供のね)。

三女も結局ヨウレン菌で(ヨウレン菌感染症が

激流行りな我が学校。)まだ検尿生活。

検尿ごときで病院呼びつけずとも

検尿の紙(試験紙)くれや(#`Д´)!!

と思わなくもないんですけど。

そうこうしてるうちにまた長女はノド痛いとか言ってるし

次女(このヒトだけまだヨウレン菌未感染)も

鼻水・鼻づまりがひどくて窒息しそう(-ω-)

また通院地獄になるのかしら…

…でも毎日部活で病院も行けないね(-ω-)ウフ…

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

そんなこんなで先日も病院2時間コースで

読書いっぱいしちゃったよ(T▽T)ノ

(といっても残念ながら2時間まるまる読書できる

わけではないんですけど(-ω-))

백사도/김내성

Photo


タイトルの백사도は「白蛇図」白蛇の絵です。

巷で注目を集めるキム・ネソン先生の短編集で

怪奇編と翻案編となっています。

推理小説というホド推理チックではありませんが

謎めいた怪奇事件が主題になった作品たちです。

キム・ネソン先生というと、どちらかというと

殺人事件の中にも情があったり、

仇にも仇なりの言い分を持たせたり、

温かいイメージの作品が多いと思うのですが

怪奇編はしっかり怪奇です。

でも、怪奇なんだけど、やっぱり愛情が絡んだりして

必要以上にグロくはなく、

起こる事件そのものはグロくても、

描写の焦点はあくまでも事件そのものであり、

(歪んだ愛)情であり、

グロさに焦点を当てた描写はされておらず、

その辺はやっぱりキム・ネソン先生な感じがします。

怪奇事件なのに最後はクスッと笑っちゃう

エンディングになってたり^^

短編なのですが、それぞれしっかり楽しめます。

先日Naverの質問コーナーをウロウロしていたら

ネイティブの女の子が「推理小説が好きで〇〇という

小説を読みたいんですが、怖いですか(^_^;)?

推理小説は好きなんですが怖すぎるのは読めません」

ていう質問が上がってて微笑ましかったのですが、

全く同感よsign03

キム・ネソン先生によると、推理小説は

正統派探偵小説と狂気・エログロ(下記参照)探偵小説に

分けられるそうなのですが。

ホント、推理小説が好きだからとヘタに推理小説を

狙って買おうもんなら

こりゃ推理小説じゃなくホラーだろ!!と

言いたくなる作品も少なくないと思います。

推理小説なんですから、殺人事件が起きるのは

わかります。

連続殺人なんかもありでしょう。

が、私の中でミステリーはOK、

サスペンスはモノによりOK、

ホラーはNGですcrying

(どこでどう線引きするのか分かりませんが(笑))

昔ながらのホームズやポアロみたいな探偵小説を

読みたいのに、殺人の残忍性やグロさが前面に

打ち出された作品だった日にゃ~ゲンナリsad

キム・ネソン先生曰く、普通の恋愛小説、

日常生活を描いたような小説では刺激が足りず、

実際に起きたら恐ろしいはずの殺人事件を扱った

推理小説に刺激を求める人も多いとのこと。

作中にも「エログロ에로그로(エロくてグロい)という

ジャンルの推理小説家」が出てきて驚きです。

この当時からエロ(はともかく)グロ推理小説を好む読者層が

存在したのなら、

殺人事件を扱ったドラマなり映画なりが

わんさとあふれ続けているこの世の中、

推理小説もやはりグロさでアピールするのが

刺激充足の手っ取り早い手段になっちゃうんでしょうかね。

…長くなっちゃいましたが。

キム・ネソン先生の作品は、今風のエログロ(?)な刺激は

少ないかもしれませんが

私にとっては適度な緊張感を持ちながら

最後まで飽きずに安心して読める作品ばかりです。

翻案編はシャーロック・ホームズの有名な3作品、

赤毛連明

6つのナポレオン

斑の紐

の翻案小説が収録されています。

話の内容を知ってるだけに新鮮な楽しみは

ありませんが(笑)、

韓国風ホームズもなかなか親しみを持てます。

単語も若干方言が見られますが、

↑この版はほぼ現代語に訳されているので

それほど難しくないと思います。

字もあんまり多くないかと。

(1頁25字前後×21行。

ちなみに今布団で読んでる本は27字前後×28行で

文章もややこしくて全然進まない(-ω-))

長い推理小説はちょっと自信がない…という方、

グログロゲロゲロな「ド」ホラーは苦手だけど

ちょっとしたナゾの事件にワクワクしちゃう方に

おススメです。

|

« ヌニ ワッソヨ~。 | トップページ | 腰痛家系。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

「赤毛連盟」と「斑の紐」は読みました。
昔はけっこう外国の本、読んでたんですね。
キム・ネソン先生に関する海さんの感想文って? 読みたいなぁ(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2012年11月20日 (火) 18時08分

私はホームズ、本もドラマも超好きでしたheart04
探偵ものはホームズ、ポアロ、ミス・マープルなど
定番モノも好きでしたが、
コリン・デクスターという作家さん(これもイギリス)の
作品が好きで、
韓国語版もまだ何冊か売れ残ってるようなので
そのうち韓国語で読んでみたいな~と思ったりしてます。

感想文?「魔人」紹介用に作った作文の事でしょうか。
たまさんとこのブックカフェで使って下さるとの事で、
クビ突っ込ませて頂きましたcoldsweats01
作文というほどの長さじゃないんですけどcoldsweats01

投稿: 海 | 2012年11月21日 (水) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/47910965

この記事へのトラックバック一覧です: 백사도。:

« ヌニ ワッソヨ~。 | トップページ | 腰痛家系。 »