« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

しわを寄せる。

そんなこんなで読書の秋maple

秋じゃなくても読書maple

先日久しぶりに、

同じ日に、違う本で、同じ「新単語」に出会いました。

변화무쌍하다

変化無双…って日本語でも使うのでしょうか??

とても変化に富んでる事、コロコロとよく変わる事、

自由自在に七変化、的な意味の様です。

1回出会っただけなら、「変化」は分かるし~

無双ってナニ?よく分からんし~(´▽`)ノアハハハ…

と通り過ぎてた気がしますが1日に2回出会ったので

一応、記憶に留めておいた方がいいのかと。

あと、全然関係ないですが、これまた本の中で出会った単語。

「白鳥」なんですけど、

「白鳥」ってフッツ~に「백조」って漢字語で考えてましたが

고니」という固有語があるんですねcoldsweats02

知らなかったcoldsweats02

シナペンの皆さん、せっかくですから是非お見知りおきをshine

(既にお見知りおき?)

それからそれから、今、探偵小説を読んでるんですが

その中でふとハマった表現。

この表現自体は目新しい表現じゃないんですが

주름을 잡다

牛耳るという意味もありますが

「しわを寄せる、ひだを取る、折り目を付ける」

という意味もありますよね。

で、私の中のイメージ的に

주름을 잡다…しわを握るってこんなカンジか?

Photo


って思ってたんですけど。

確かに布を握るとシワよるわな~みたいな。

が、今読んでる探偵小説の中で刑事さんが

양미간에 주름을 잡으며 (眉間にしわを寄せ)

という表現が出てきて。

ま、意味は分かるんですけど。

想像するにこんなカンジか?




Photo_3


と想像して一人で吹き出してしまったヒマそうな私happy02

(おう~洗濯無事終了!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

洗濯機。

昨日は長女が授業を中抜けして病院に行く事になり

(1歳のころからある血管腫の「ようなもの」が

最近出血するようになってきた。

何度か皮膚科を受診するも正体不明とされ、

受診する度、特に変化がなきゃほっとけ、的な

扱いを受け続け、最後の受診が5年前。)

10時に学校へお迎え。

隣町の病院へ行き総合案内で

「あんたんとこの皮膚科で何度見てもらっても

分からんて言われたコイツから血が出るようになったの

どないすりゃええねん(`Д´)」

…てな事を、も少し常識的な言葉で遠回しに訴えると、

それなら今日は形成を…

と、形成外科受診を勧められた。

んで、形成でも結局、診断名は血管腫

という、あくまでもハテナ付きなんだけど、

とりあえず、なんだかわかんないなら取っちゃって

調べてみたらどうです?と勧められ、

取ってもらえる事になったshine

1歳からのお付き合いの血管腫さんとのお別れは

なんだか淋しいけど、

学校で出血して血が止まらなくなったらどうしよう!?

とか、

腫れてくる度(腫れては治るを繰り返してきた。)癌!?

とか思ったり、

どんどん中の方に食い込んで

体の内側に血管腫が入りこんでたらどうしよう!?

とか、(↑そういう事があり得るのか知らんけど。)

中で出血して固まったのが血栓になって

肺梗塞や脳梗塞になったらどうしよう(>_<)

(↑これもあり得るのかどうか(-_-)…)

…なんていう無限大な心配が減るので嬉しいわ(・∀・)

(と言っても手術は来月半ばまで待たねばならん。)

んで、なんだか、手術説明だの手術のために検査だの

あっち行きこっち行きして、うちに帰ってきたのが1時、

大急ぎで昼食わせて学校に送り届けて、

ホッと一息…で三女帰宅~

ちょっくら昼寝でも…とウトッとしたら

母から電話で経過観察してた脊柱管狭窄症の父が

手術受けることにしたとの連絡、

ああだのこうだのグチを聞き(娘としての公務か?)

やっと電話を切り、三女にオヤツ食わせ、

4時に三女をピアノに送り届け、

その足で部活の姉たちを迎えに行って~

4時半に姉たちピアノに連れてって~

買い物行って~ご飯支度~

5時半に三人ピアノにお迎え~il||li _| ̄|○ il||li

で力尽きてしまった私(-_-)

子供お抱え運転手かいな私(T_T)

今日はゆっくり読書でもshine

と、朝ご飯食べながら読書~shine

洗濯機を回しながら読書~shine

あ、洗濯終わった~干さなきゃ~と思いつつも読書~shine

昨日の分まで読んだるわいshine

…イヤ、いい加減に干せよ、私(-_-)

と自分を戒め洗面所に行くと

…水たまり…(-_-)…なんで????

水漏れ~~~~~~!!(゚ロ゚屮)屮

ついに壊れたか? (買って16年目かな)

買わねばならんか?

ついに買えるか?

(機能的にあんまり気に入ってないので

早く買い替えたいんだけどなかなか壊れない。)

イヤ、その前に家電屋呼ぶべきか?

水回り修理屋か??

てか、いずれにせよ業者頼むとなると

家片付けなきゃならん??

ムリムリムリ~~~(>_<)

片付け終わるの待ってたら着る服なくなるわ!

自分でなんとかせねば!!

と、心の声にせっつかれ、自分で修理試みる(-ω-)

まず、コンセント抜かなきゃね。

感電したら怖いし…。

埃と水と髪の毛できちゃない床を泣く泣く拭き、

給水ホース点検。異常なさげ。

洗濯機の底か??排水ホースが抜けたか??

排水口見えないし(>_<)

奇跡的に長女の宿泊研修用に買った懐中電灯が

手元に会ったので照らして見る。

…ちゃんとホースささってるように見えるけど…

…ん?

てか、ホースを差し込んでる排水口の金属のリング?

が、床から浮いてる!微妙に外れてる!これか!?

しかし、手が届かず。

洗濯機をえっちらおっちら動かし、動線(?)確保。

手の届く範囲で床を拭き、とりあえずビニールテープで

リングを床に固定してみた。

只今、再び試し洗濯中。

今日は運転手じゃなくて家電屋か(T▽T)ノ

…と思ったら、今日も子供たち帰って来てから

長女の病院(今度は小児科)。

夕方からまた運転手もやっちゃうよ(・∀・)♪

(…只今1回目の脱水、無事終了!

…まだ買い替えれなさそうな予感(-ω-))

| | コメント (9) | トラックバック (0)

キキトリ困難単語。

すっかり朝晩の空気が秋めいてきました。

さすがの暑さに弱い私も、半袖いっちょで朝ジョグは

厳しくなってきて、うわっぱりのベストが登場。

ナナカマドもうっすら色づく秋の気配です。

今年の春のTOPIKは、

夫父の誕生日が近かったため

きっと夫実家に行かなきゃならないんだろうな…

と申し込むのをやめた。

ら、夫両親はその日、海外旅行に行ってしまった。

ムダに試験回避しちゃったじゃん(-_-)

…と後悔したので、秋のTOPIKは早々と申し込んだ。

ら、先日、本来なかったはずの子供の部活発表の予定を

突如入れられた(一人熱血顧問に)。

送迎バスは学校で出してくれるし、

必ずや見に行かねばならない物でもないんだけど。

今の所、受験可能確率は五分五分なカンジ(-_-)

しかも、受験できたとしても、7時半発の汽車に乗るのに

それまでに子供の弁当×2を作っていかねば(-_-)

10月はその他にも市内ホテルでの発表あり、

(クソいっそがしい晩ご飯時に!)

市内の学校の音楽発表会での発表ありと大忙しな部活。

にっくき部活め~~~(陸上部ならいいんだけど(笑))。

…と毎度グチらずに子供の活躍を楽しめる親に…

…なれるか~~~~(#`Д´)!! (陸上部なら…( ・ω・)…)

 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

しかしながら、TOPIKの過去問をやってみたりしてる。

語彙・文法なんかは日頃の勉強で積み重ねるしかないし

書き取りはマークシート部分は語彙・文法の

延長みたいなもんだし

記述式はだいたいしか丸つけ出来ないし

読みとりは…私の場合、運か(-_-)?

中心内容を選ぶ問題なんか、その時々で

明らかに得点にばらつきがある(-ω-)

聞き取りはどうすりゃいいんだ?と今更ながら

「キキトリ困難」ノート(色々なキキトリ教材を

キキトリ中に、聞き取れなかったキキトリ困難な

単語を書き出したノート…早口言葉みたいhappy02

を見直してみた。

もちろん、フッツーーーーの単語で聞き取れない

って場合もあるんだけど、

助詞との連音化で混乱するのが多々あり。

…が、見直してもしっくり来ない物は来ない(-ω-;)

[동싱무래] 동식물의 動植物の

[방녀긴는] 박력 있는 迫力ある

[저뭐니]점원이 店員が

(↑簡単な単語なのにいつも聞き取れない)

[구기게] 국익에 国益に

[워놔리]원활히 円滑に

(↑これも聞き取れなかったこと複数回。)

[놈나지]높낮이 高低が

[지늘기]진흙이 泥が

[사너평명] 산업혁명 産業革命

(↑キキトリもシャドーイングも大幅に困難。)

[갈랴키]간략히 手短に

[살림뇩]산림욕 (山林浴→)森林浴

(↑サルリム?살림?暮らしがナニ?と混乱。)

などなどなどなど(-ω-)

森林浴なら「森林浴」の漢字のまま

삼림욕でいいんじゃないの、と思いますが

どっちにしても [삼님뇩]分かりづらそう(-ω-)

「森」の字が심じゃなく だって知ったのも

とっても最近(´▽`)ノ…でなじみがない(-ω-)

読むほどには聞いてないから当たり前ですが

読みとるほどには聞き取れない痛い現実。

SHINHWAの歌ばっか聴いてないで

韓国語のトーク番組でも聞きながら勉強せねば

…って~ながらに頼ってちゃダメかsweat02

最後に、これはキキトリで拾ったわけじゃないんですが

聞き取ったとしたら分かりづらそうヾ(≧▽≦)ノ☆

と思った単語

ヘジョ

…外来語?と思ったら

해저 海底だったヾ(≧▽≦)ノ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

죽은 왕녀를 위한 파반느。

죽은 왕녀를 위한 파반느 /박민규

L97889591339181


亡き王女のためのパヴァーヌ。

スペインの画家ベラスケスによって描かれた

「王女マルガリータ」

Photo


…に霊感を得て作られたといわれる

モーリス・ラヴェル作曲のピアノ曲

「亡き王女のためのパヴァーヌ」。

をモチーフにつけられた小説タイトル。

で、表紙の絵は同じくベラスケスによって

描かれた「ラス・メニーナス(女官たち)」。

Photo_2

王女マルガリータと侍女たちが描かれた作品。

しかしながら、本の表紙で一際明るく

スポットライトを当てられているのは、

右側に描かれた小人症の女性です。

この小説の主人公の一人「그녀」は

小人症ではありませんが、

稀に見る「不美人」であり、その外見のためだけに

常に周りの人たちから虐げられてきたという

女性です。

その女性と、両親はいるモノの結局は家族離れ離れに

なってしまった「話し手」の男性、

お金はあるモノの同じく家族の愛情を受けられずに育った

友人(男性)の3人が中心となった青春、恋愛、成長小説です。

愛の話、とかロマンティック、などの言葉が

(確か)帯に書かれていましたが、

ワクワクドキドキなロマンス恋愛小説ではありません。

80年代の韓国、近代化が中途半端に進みだした時代、

飲み屋の看板に「BEAR」「HOPE」「희망」などの

フシギな可笑しな(その可笑しさが書かれた部分がまた

クスリと笑えていい。)単語が掲げられ、

ウォークマンにカセットテープを入れて聞いていた時代、

人々がより美しく、より豪華な物、人を追い始めた時代の

お話です。

裕福な人たちはステータスシンボルとして高級車に乗り、

そんな人たちがよりよい暮らしを求めてデパートに押し寄せ、

裕福ではない人、平均に満たない人たちは見下される。

평균을 올리는 것은 누구인가. 그것을 부추기는 것은

누구이며, 그로 인해 힘들어지는 것은 누구인가...

또 그로 인해...이익을 보는 것은 누구인가.

(暮らしの)平均を高めるのは誰なのか。

それをあおるのは誰で、

それによりつらい思いをするのは誰か… 

また、それにより…得をするのは誰なのか。

ちょっと話はズレるかもしれませんが、

朝鮮日報でもよく特集記事として組まれていますが

韓国では子供が結婚するとなると新郎の親が

何千万もお金を出して住居を与えるのが常となっている

今日この頃らしく、ものすご~く変なカンジ(-ω-)

息子ばかりの家は大変っすよ(たまさん、Yumiさん)。

日本の死ぬまで家のローン地獄なんかってのも、

簡単にチョコチョコ(中古の)家を買い替えちゃう

オーストラリアやイギリスの人なんかから見たら

おかしな話なんだろうけど、

親の経済状況もわかっているであろういいトシした子供が

親に「家を買ってくれなきゃ結婚できない」と言い放ち、

親は有り金はたいた上に莫大な借金こさえて

子供に家を買い与え、

お陰で老後の暮らしは真っ暗…っていう構図は

親子関係の在り方がおかしい気がするんですが。

ま、住宅事情とかも日本とは違うんですかね。

話戻って。

そんな、資本主義社会の波にのまれ、

ヒトを羨み、人より上へ!という考えばかりをヨシとする

世の中に疑問を感じる主人公の葛藤をつづった部分も

大きいです。

本来私の好みではない「日常を淡々とつづった」小説

なのですが、不思議と飽きませんでした。

その理由の一つが、私としては非常に共感できる文章が

多かったって事。。

사랑은 오해다.愛は誤解だ。

とか

사랑은 상상력이야.愛は想像力だ。

とかsmile

「だよね~happy02」と言いたくなる文章がいっぱいでした。

特にこれと言って大事件が起こるわけでもなく、

最後の方なんて韓ドラチックで一見安っぽいんだけど(笑)、

「恋愛小説」というには「浮き足立っていない感」がヨイ。

ちょっとクセのある改行の仕方で、文章の途中で改行、

一行あけ、という、なんとも奇妙な感じの作りで、

始めは妙に気になりましたが、

読んでいくうちに気にならなくなっちゃいました。

所々、会話の一部分を水色やピンクで書いているというのも

独特で面白いです。

その他の会話文は全て「」ナシに文章の中に

組みこまれてしまっているので、その点と、

超話し言葉チックな会話が少々あり、

慣れるまではちょっと読みにくいかもしれませんが、

全体的にコ難しい話もなく、日常的な話なので

理解不能さは少ないと思います。

韓国語学習者としては、

「コレ、おかしくね?」と思う様な分かち書きとか、

単語や綴りの間違いと思われる部分が

ちょっと気になりましたが、

このテ(淡々系)の小説としては珍しく

5つをあげてしまえるかも!

…と思ったのですが、あ~ザンネン!!!

最後の、話がひと段落したあとの章、

Writer's Cutという章が頂けなかった!

彼と彼女、そしてヨハン(「彼」の友人)のもう一つの話、

というタイトルでくっつけられている、

ページの色もラベンダー色で、明らかに本編とは

別個な位置づけにしてあるのかな、とは思うんですが、

本編の最後も比較的ロマンティックでスッキリした

終わり方なのに、その後の付録章を読んだら

ガックリした(>_<)

これがなかったら5つにしたのに~

この章のせいで4つ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

좀비들。

なぜか寝る前用に読んでいた

2010年に出版されたキム・ジュンヒョク作家の

初長編小説「좀비들」。

L97889364338021

寝る前には、もっと素敵な穏やかな本を読みたい

所ですが…なかなかそんな本がありません(-ω-)

この本も、

お~こえぇ~( ̄◆ ̄;)

…んだろうなと思いながら読みだしたけど

思ったより怖くなかったhappy02

怖いというより、悲しいかな。

ゾンビが出てくるだけに、グロイ描写が

ないとは言えないけれど、

「思ったより」グロくはなかった。

(ゾンビよりも人間の行動が怖かった。)

極めてありふれた日常からお話が始まりますが

いつの間にかハチャメチャな世界に入り込みます。

極ありふれた主人公が新たな友人たちと出会い、

ゾンビと出会い、ゾンビの謎に迫ります。

キム・ジュンヒョク作家ならではのハチャメチャな文章に

布団の中で足をバタつかせながら笑っちゃうシーンが

ポロポロとsmile

彼のハチャメチャな発想って、

頭の中に何があるのか、

どんなネタがどんだけ詰まってるのか

ものすごく気になります、おもちゃ箱みたいでshine

うちの夫って、面白い事を一つも言わないので

ジュンヒョク作家みたいな人が夫だったら

毎日、笑わせてもらえるのかな~(*゚ー゚*)なんて

思っちゃいますが…ペンと口は違うのでしょうか…。

そして、思った以上にハチャメチャなわりに

以外にしんみりとした、

なんだかホロリと感傷に浸っちゃう

切ない(と他の人も感じるのか微妙だけど)

ラストシーンweep

最後の方に出てくるこんな文章が、

とても当たり前の事で、

初めて出会った内容の文章じゃないけど、

やっぱりグサリと来ます。

나에게 일어난 모든 일은 하나로 연결돼 있었다.

僕に起こった全ての出来事は、ひと繋がりになっていた。

하나의 사건은 이전 사건의 결과이자

ある事件は、前に起こった事件の結果であると同時に、

다음 사건의 원인이었다.

次の事件の原因だった。

도미노가 다음 도미노를 넘어뜨리듯

ドミノが次のドミノを倒すように

모든 사건은 연결돼 있었다.

全ての事件は繋がっていた。

う~ん、人生って恐ろしい。

自分の毎日、こんなんでいいのか?

こんな毎日の積み重ねで、5年後、10年後、

どんな自分になっちゃうんだ?

(とりあえず、10年後も生きていられるといいなcatface

もちろん、外的要因や不可抗力などイロイロと

自分の人生に影響を及ぼすモノはありますが、

それでも、自分の生活態度を、考えさせられます。

積み重ねって怖いよな、と思う訳です。

毎日毎日、「5」散らかっていくのを、

毎日毎日「2」しか片付けないとすると、

1日目、散らかり度5-片付け2=3

2日目には3+5-2=6になり、

3日目には6+5-2=9

4日目には…(((゚Д゚)))!!

「2」だけとはいえ、毎日片付けたとしても

この有り様、アイゴー恐ろしや(´Д`;≡;´Д`)…

話がそれましたが、続く文章。

나는 예전부터 죽음 이후의 삶이 궁금했다.

僕は以前から、死んだ後の「生」について気になった。

내가 죽는다면, 내가 지금 붙잡고 있는 이 모든 것들이

僕が死ぬなら、今、僕が握りしめている物すべてに

도대체 무슨 소용일까 싶었다.

一体なんの意味があるのだろうかと思った。

これ、すごく考えました、子供の時。

私が死んだらこの、今、目に見えてるモノたち、

今考えている事、気持ち、どうなっちゃうんだろう?と

布団に入ってから考えちゃって怖いのなんのってcoldsweats01

そして、子供が出来て分かりましたが

こういう思考回路って遺伝するんですね(笑)。

次女に遺伝してしまいましたcoldsweats01

幼稚園児の時から、死にたくないとか、

死んでもず~っとお母さんと一緒にいたいとか、

そういう事を口にするようになり、

やっぱり、夜にそういう事考えちゃうらしく。

悲しいサガですcatface

ちなみに夫と長女は布団に入ってから

「あ~今日食べたスイカ、美味しかったね~heart04

「明日の朝ご飯、なんだろうhappy02

…という思考回路(-_-;)…理解不能…。

…とまたまた話がそれましたが。

ハチャメチャながらもイベント(?)盛り沢山で

常に次の展開が気になる面白さでした。

尻切れトンボ的な終わり方だけど、

まあ、それはそれで韓ドラチックというか。

私にはそれほど消化不良的な感もなく。

おそらく、最終的に誰がどうなったのかは

問題ではなく、

(主人公が言うように、最初や最後なんて

わからないし、あるのかどうかもわからない)

主人公がラストシーンで考えている、感じてる事が

大事なのではないかと。

最後に誰がどうなって、誰はどうなって、

これから、どうなるだろう、的な

きっちりとケリをつけた終わり方じゃなく、

悲しくて切なくて泣ける(のは私だけか(笑)?)

シーンで終わってるのがキレイだったのかな、

とも思います。

というワケで~ワタシ的には4つ(゚ー゚)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

韓薬材料2種。

なかなか笑える事のない毎日。

子どもたちが帰ってきて「今日ね~…happy02」と

楽しい出来事の報告を浴びながら

「いいわね、アンタたち、毎日笑いネタあってgawk

と思う。

けど、母にもあるんだぞ、笑いネタ!!

ミヌが鼻ほじってエリックに付けたんだよhappy02

…とか

ヘソンのご飯の食べ方、すっごいガッツキ方で

かわいいんだよhappy02

…とか…誰も共感してくれないけど楽しいんだよcatface

というわけで、味気ない専業主婦生活

(なんて言ってはいけませんね、

好き勝手な時間過ごしてんですからcoldsweats01

の中で最もおいしい「笑い」の源、神話放送shine

皆さま、先週の放送も楽しまれたでしょうかhappy02

もちろん、笑いどこ、ツッコミどこたっぷりの

放送でしたが、今回は韓薬の材料名で苦労weep

聞いた事あるような気もするんだけど

さて、それって日本ではなんていうモノ??

と考えると分からない、辞書を見ても載ってないgawk

まず最初に헛개나무。

これはどうやら日本では「ケンポナシ」

という植物らしい。

日本語で聞いてもわからないや(´▽`)ノ…

実がつくと同時に、根元の枝が膨らんで、

こんなカンジに。

Photo


コイツが二日酔いに効くんですって~。

んで、素朴な疑問で헛개나무ってことは

개나무もあるのか??と思って調べてみると

ありました、ありました~。

でも正式名称は누리장나무、

日本ではクサギ(臭木)と呼ばれているそうですcoldsweats01

…しかしこの木と似てるから헛개나무になったのか?

というとこまでは分からないんですけど(-ω-)

こちら、クサギの実。

Photo_2

案外、神秘的でかわいいheart04

次、가시오가피。

なんだか外来語的な響き(-ω-)

タピオカみたいな(-ω-)

んで、피って皮?

それともシナモン계피の仲間なの?

…と色んな憶測がグルグルと頭の中で渦巻きtyphoon

…ましたが、全然違いました(-ω-)

가시오갈피とも言い、なんと、日本語では

エゾウコギ!!ドサンコと縁の深い言葉だったわ!

洒落た響きの가시오가피!!

余談ですが、なんだかタピオカに引っ張られて

カシオカって言ってしまいそう(なのは私だけ?)ですが

カシオだそうです(当たり前ですけど)。

というワケで、来週の神話放送も楽しみだわhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女不在。

昨日から今日にかけて長女が宿泊学習で不在。

予想通り、静かだったわ~(* ̄∇ ̄*)

いつも、晩ご飯の時間は話題争奪戦で

先を争って1日の出来事を話し出す。

もう、息継ぎしたが運の尽き、

「あのね~」

で息を吸ったらアウト、バトンを奪われる壮絶な世界。

(たいていバトンを奪うのが三女、

奪われるのが次女。

「んもう~pout…」とふくれっ面ながら若干弱気。)

長女は喃語の時からしゃべりっぱなし、

しゃべりすぎを咎めても

「しょうがないでしょ、口がしゃべりたがってるんだからpout

とギャク切れされたりして。

あくまでも、悪いのは私じゃなくクチなのよ、的。

私は子供の頃から必要な事しかしゃべらないタイプで

親から「今日、学校どうだった?」と聞かれても

「別に(-_-)」

「フツー(-_-)」

…と答えて終了(-ω-)

聞かれてない事までぺらぺらしゃべる長女を

イマイチ理解できない。

疲れないのか(-_-)?という素朴な疑問。

次から次に飛んでくる子供たちの話聞いてるのも

ヒジョーに疲れるし(-_-)

だいたい上の空で聞いてるフリしてるくらいなんだけど(-_-)

イヤ、元気でしゃべってくれてるのは非常に有難い事だと

思うんだけど。

冷静な時は、そう考えられるんだけど。

常にアドレナリン分泌しまくりで

冷静な時なんて滅多にない私。

とにかく、風呂の中からだろうが

トイレの中からだろうが聞こえてくる長女の

「あのね~お母さん!今日ね~!!!」

というセリフに「またキタ(-ω-)…」と怯える日々。

その長女がいない、しゃべり手が二人だけ!

なんという平和!!!

話題争奪戦がほとんど起きない!

争いごともほとんどない!

3人いると敵対関係が3パターン生じるのが

2人だと1パターンのみ!

争いごとの確立三分の一!

宿泊学習前日、布団に入ってからももめごと絶えず、

次女と三女がケンカ、長女が「だって三女がね~pout

と状況説明、すかさず三女

「だって次女だって(`◇´*)●◎★※▽@…」

と金切り声モード。

あ~長女が三女を責めてる限り三女の金切り声が

収まらないな(-_-)…と判断、

長女に「わかったから、もういいから寝ろ」と通告、

すると長女

「なんで私にまでとばっちり(?)が来んのさ(≧д≦)」

と怒りの号泣(-ω-;)…

別に長女を怒ったつもりはないんだけど(-_-;)…

何かとあっち立てればこっち立たずな我が家。

昨夜からそんな争いごともなく、

いつもは三女の準備を待ちながら

「早く食べてよ!もう~pout」とプンスカ怒ってる次女も

今朝は、三女愛用のヒツジのぬいぐるみで

「早く食べてよ~(。・w・。 )」とのんきそうな声色で

三女をせっついていた…平和な風景~(*゚ー゚*)

毎朝こんなに平和だったらいいのにな~(*゚ー゚*)

ああ、明日の長女「回復日」(宿泊学習の疲れを取るために

設けられた休み。

放課後の部活は出席させられるんだけど(笑))が

恐ろしいわ~どんだけしゃべり続けられるのか~(>_<)

ま、でも、ケガなく無事に帰って来いよ~、

近隣でメチャメチャ熊が出てるようだけどcoldsweats01

熊よけの鈴持たせればよかったなcatface…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

퀴르발 남작의 성。

短編集=不可解or難解or重いor暗い…

という手応えばかりでしたが、

おそらく、今まで読んだ短編集のなかで

最高だったんじゃないかというくらいの勢いで

短編集を楽しんじゃいました。

久々に(ワタシ的には)一気読み。

L97889320205251

퀴르발 남작의 성/최제훈

初めて手にした作家さんの短編集ですが

超~~~~面白かったですヾ(≧▽≦)ノ☆

ま、人それぞれ好みは分かれるところでしょうが、

(実際、★1つ評価の方もいらっしゃいます(^_^;))

この表紙からは想像できない面白さ。

表紙的にグロいの?きもいの?怖いの?

と思っていたら、とんでもない!

ホームズや皆さんご存知の「怪物」、魔女(たち)など

とても身近な人たち(?)が登場。

特に、各作品のテーマ(ホームズなど)の「元ネタ」を

知っている人なら、お~!と感嘆する仕掛けがいっぱい。

時空を超えた想像上の人物(?)との対話など

ほんっと、ハチャメチャで楽しかったですhappy02

最近気がついたのですが、私はどうやら

「ハチャメチャ好き」らしい。

マジメだったりしんみりしてたり純粋なお話より

思わず足をバタつかせてしまう様な、

「あり得ないし(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ」

と思っちゃうようなナンセンスな笑いが

好きらしい。

作品のタイトルを並べてみるとこんなカンジ。

・퀴르발 남작의 성

・셜록 홈즈의 숨겨진 사건

・그녀의 매듭

・그림자 박제

・마녀의 스테레오타입에 대한 고찰

     -휘뚜루마뚜루 세계사1

・마리아, 그런데 말이야

・괴물을 위한 변명

・쉿!당신이 책장을 덮은 후…

タイトル見てるだけで面白い(*^m^)

マリア、クロンデ マリヤ~

…オヤジか(*≧m≦*)!!てなもんで。

(しかし、このお話はイマイチだったかな。)

以下、若干ネタバレ。

表題作「퀴르발 남작의 성」は同名の映画

(おそらく創作?検索かけてみたけど見当たらなかった。)

にまつわる、様々な時代ごとの小話。

原作小説(ってのもおそらく創作でしょう。)が出来た時の小話、

それをもとに映画が作られた時の小話、

その映画がリメイクされた時の小話、

その映画をテーマにした大学の講義、

その映画のせいで起こった事件、

など短いお話が順不同で書かれています。

ぶっちゃけ、起承転結があるタイプの作品ではなく

各小話が並べられている、という構造なのですが

それぞれの小話に年月日も書かれており、

それを見ると最後に「あ!」というちょっとした驚きが(^m^)

大学講義の小話では

とっても話し上手な先生の講義を楽しめます。

最後のお話のタイトルも気になるでしょう~

「シーッ!あなたがページを閉じた後…」(*^m^)

今までにない楽しい終わり方!!

私としては8作中、少なくとも5作は

あ~面白かった~ヾ(≧▽≦)ノ☆と満足して読めました。

ページ数も字数も少なめで読みやすく、

(魔女のお話は神話(→シナじゃないよ)系の名前が

多くて、神話(→シナじゃないよ)に疎い私としては

ちょっと戸惑う面もありましたが。)

ナンセンスな笑いがお好きな方におススメです^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神話放送deことわざ。

昨日は朝の真っ青な空とは打って変わって

昼からものすごい突風&雨&雷!

雷恐怖症の私としては生きた心地がしない(>_<)

竜巻注意報まで出てる(>_<)

…という天候でしたが、

超ラッキーな事に、

私にとって年に数えるほどしかない貴重な

「友だちとランチ」(という名の部活グチ会)の日♪

しかも、私なんかより超~おっとりした友達ですが

雷全然平気なヒト(・∀・;)

「わたし~雷ぜんぜんダイジョウブなんだよね~(◎´∀`)ノ」

という、心強いヒトといれました~嬉しい(ノω・、)

夕方、雨が上がった頃、友達から

「虹だよ~」というメールが来て、三女と虹観察。

あ~友だちっていいな~(゚ー゚)と思ったのでした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

先週の神話放送、ご覧になりましたか~。

またまた沢山ことわざが学べましたね~shine

가는 날이 장날.

行った日が市場の日

出かけてみたら意外な事に出くわす。

(変形型→가던 날이 장날, 오는 날이 장날,

가는 날이 생일などもあるらしい。)

가란비에 옷 젖는 줄 모른다.

小雨に服が濡れるのもわからない

小さい事が大事に至るという警告の意、

特に、少額の支出が度重なると

大きな金額になることのたとえ

など、おなじみのことわざから、

어물전 망신은 꼴뚜기가 시킨다.

魚屋の恥はイイダコがかかせる

愚かな者ほどその仲間にまで恥をかかせる。

구더기 무서워 장 못 담글까.

ウジが怖いからと味噌を作れないだろうか

多少の障害はあろうとも成すべき事は成すべきだ。

という、私にはあまり耳慣れないことわざ、

소문난 잔치에 먹을 것 없다.

名物に旨いものなし。

(そうなのか??)

빈대 잡으려고 초가삼간 태운다.

シラミを捕まえようと家三軒燃やす

大損害を被る事を顧みず、気に入らないモノを

なくすことだけを目的に無茶な手段をとる。

など、先日終えた「留学生の為の~」の

ことわざ目録で見たばかりのモノまで、

フムフム…と、いろいろ楽しめましたhappy02

もちろん、ことわざ以外の事で楽しんだ方が

多いんですけどヾ(≧▽≦)ノ☆

以上、神話放送deことわざコーナーでした^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »