« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

留学生の為の韓国語イルキ。

一昨日、夢の中で魔女がホウキに乗って空を飛びながら

「ひゃ~っはっはっはっは~」と高笑いをしていた。

極々一般的な「空飛ぶ魔女」の図。

目が覚めると隣り(カラオケ屋)の駐車場で

若者が高笑い大会(?)をしていた。

(予想時刻、夜中の1時半くらい。)

(別に可笑しくて笑ってるというカンジではない。

こんな笑い声出せるゼ的な高笑いをただただ連発。)

昨日の夜中は、隣りの駐車場で

「オエッ!」「オエッ!」「オエッ!」「オエッ!」

と、ひたすらオーバーイートする声(?)で目が覚めた。

あまりに長々続くのでシナノレで耳にフタをしたけど、

45分タイマー×2回分は軽く寝付けなかった。

住宅街のカラオケ屋さんを利用される皆さん。

カラオケで盛り上がるのは結構ですが、

駐車場での乗り降りはお静かに願います。

また、オーバーイートはカラオケ屋のトイレで

よろしくお願いします。

孟子だったら間違いなく引っ越してたであろう

この住宅環境(T_T)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°

というわけで本日二つ目の記事。

유학생을 위한 한국어 읽기.

03500400000921


大学(院)に留学したい学生用ですが

くたばれ専業主婦が使わせて頂きました(-ω-)

人文学、社会科学、自然科学、韓国語学、など

いくつかの分野に分かれた文章が紹介されています。

筆記問題なんかもついてるんですが

ま、気が向いたときにやる程度、基本パスで(´▽`;)ノ

他の教材と同様、サクサクっと読んで、知らない単語に

線引っ張って余白に調べた意味を書いて

後日オレンジ単語ファイルへ~。

オレンジ単語ファイルの記事)

題材が幅広いという点は魅力的だけど

文章的にはあんまり魅力的じゃなかったかな(-ω-)

太陽の寿命に関する面白いお話とかありあましたが

せっかく学びの場へ向かう学生用の教材なんだから~

もう少しへぇ~!と思える、知的好奇心をそそられるような

文章を載せて欲しかったな。

付録として「学問目的韓国語語彙目録」

「韓国語身体関連慣用表現目録」

「韓国語連語目録」

「韓国語教材の中の重要ことわざ目録」

というのがついていますが

語彙目録は、ホント学問目的(笑)。

適用、戦略、全般的、前者、典型的、転換、漸進的、

…などなど漢字語オンパレード~という感じ。

ことわざはそこそこ知らないモノもあったので

有難く拾わせて頂きましたconfident

子どもの夏休み中にサボってしまった単語の復習に

少し時間をかけねば~と思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

그는 추억의 속도로 걸어갔다。

暑い日々が続いておりますが、

皆さま、大丈夫でしょうか…。

こちらも暑い上に火力発電所が不調で

毎日の電気予報が「やや厳しい」という状況。

電力が回復してきたら扇風機でも回そうと思うのですが

電力が回復するのって暑さが和らいでからなんだろうな。

というわけで皆さまには、

三女作、涼しげな顔のパンちゃんをご披露。

120809_174201


涼しげと言うより…ちょっとコエ~(-_-;)…。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

이응준作家の「그는 추억의 속도로 걸어갔다」

シークレットガーデンのテーマ本??らしいのですが。

(-_-)(-_-)(-_-)…(-_-)…(-_-)…(-_-)…

極度に理解不能な本でした(T_T)

結構ネイティブの方のブログでの評判も良かったんですけどね。

(中には難しすぎるのでパス!って方や

確かにハングルで書かれているのに、

文章を目で追っているのに、ただ字が見えているだけで

内容が入ってこなかった、という方も。)

私には難解過ぎでした(-_-)

もう~読み進めるのが苦痛~(>_<)

なんだかよくわかんないけど

雰囲気が暗いのはわかる。

若者の葛藤、親の病死、恋人との別れ、

そんなモノが渦巻いてる短編集。

ひょっとしたら行間の意味とか

隠されたメッセージとか、

そんなモノがあるのかもしれないけど、

そんなモノを読みとれない私には

ただただ暗いし(T_T)…で終わっちゃった。

…というか、正確には終われなかった(-_-)

最後の作品がまた難解で。

前半の作品が若者の現実にある程度則した

葛藤や暗さを描いているのに比べ、

最後の作品はあり得ない系のお話

(だったんだと思う)で、その点では、

ある意味面白いとも言えるのかもしれないけれど。

ラストシーンがグロすぎて(T_T)

最後2ページほど読めませんでした(T_T)

暗くても重くても、感動できるお話ってあるけど

これは、私には感動ドコがなかった…。

やっぱりオモロイ素敵な短編集ってないのかな…

と思っていたら!!!

只今読んでる短編集、超オモロイヾ(≧▽≦)ノ☆

このオモロさが最後まで続くかは分かりませんが

読み終わり次第アップします^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

推理小説2冊。

本日の記事、第2弾。

夏休み中、記事をアップする余裕がないうちに

本を2冊読み終わりました。

まず김내성先生の 연문기담

L97889962532801

こちら、「キム・ネソン傑作シリーズ」の推理編ということで

出版された、推理モノの短編集です。

「魔人」を読んで以来、すっかりハマってしまった

キム・ネソン先生lovely

表題作、연문기담はこちらで読めます。

推理小説というほど重いモノではなく、

とても軽いタッチのちょっとした謎解き恋愛話、

といったカンジでしょうか。

日本へ留学されていた時に日本語で書かれたデビュー作

타원형의 거울「楕円形の鏡」、

同じく日本語で書かれた「探偵小説家の殺人」を

韓国語に戻して書かれた가상범인「仮想犯人」など、5作。

基本、「短編小説集」というと、

ん(-_-)?

…で(-_-)?

だからナニ(#`Д´)!?

何が言いたいの(`◇´*)!?

(↑別に怒る事じゃないんだけど。)

となるのが主なイメージなんですけど

推理小説だけあって起承転結があり、

特に「結」があるのがとても気持ちいい(・∀・)♪

個人的には、短編(中編かな?)なのに推理小説の

ワクワクドキドキ感をたっぷり味わえ、

犯人説も二転三転、中心となる事件以外にも

事件が起こっちゃう「仮想犯人」イチオシ!

…と言いたいところだけど、

どれもヨカッタな~ヾ(≧▽≦)ノ☆

のっけから犯人を明かしつつ謎解きをしていく

벌처기罰妻記も、

短いながらもスッキリした後味の비밀의 문も

とってもヨカッタlovely

「すっきりした後味」の本に出会えるのって、

本当に難しい気がします。

どこにでもあるような恋愛小説チックな後味ではない

スッキリ感。求む、スッキリ感を味わえる小説!

「魔人」同様、犯行現場の見取り図を見ながらのワクワク感、

演劇形式に書かれて舞台を見ているような楽しさ、

悪夢の中へ入り込んでしまった様なドキドキ感など、

色んな味が味わえました。

ちょっと本作品とは外れますが。

日帝時代の作家、キム・ネソン先生の作品には

もちろん日帝時代の京城の風景が沢山出てくるのですが

セピア色のきらびやかさに「日帝」の暗澹とした雰囲気が

隠されたように感じられてしまいます。

小説を読みながら、頭の中で勝手に

「京城スキャンダル」なんかで見た京城の風景を

思い描いたり、

ソウル駅などが出てくる場面では

勝手にセピア色の華やかな京城を思い描いたり

していましたが。

実は今回韓国に行って初めて車中から目にした

(旧)ソウル駅。

写真などでは見た事があったので、

小説を読みながらもその姿は想像できましたが、

頭の中のセピア色の京城とは違い、

ピカピカのコンクリートの街中に残る日帝の痕跡は

なんとも胸の痛む風景で。

思い描いていた風景の印象と

実際目の前にある風景の印象とのギャップに

驚かされたのでした。

次。睡眠前のお供本。

손선영作家の 죽어야 사는 남자

L97889251263711

お~表紙がコエェ~(||li`ω゚∞)

こんなコエェ表紙の本を枕元に置いておくと

苦情が出そうでしたが、

幸い剥がせるカバーだったのでカバーを裏返して

装着(-ω-)

以前読んだ、韓日の刑事さんが共同で事件を解決する

합작という小説を書いた作家さんです。

何気に読んでみるとなんと、同じ刑事さんたちが(・∀・)♪

(韓国の刑事さんたちね。)

いや~、久しぶり(◎´∀`)ノ…ってカンジでワクワクshine

一応長編小説なんですが、4章に分かれていて、

ま、4章目は解決編みたいな。

で、前3つの章の話が完璧につながってるかというと

そうでもなく。

あれ?あの事件はあれで終わっちゃったの?的な

章もあったり(てか、この章に何の意味が?的な)。

前回の합작ほどオドロオドロしい事件は出てこないので

気分的には読みやすかったけど

私には前回以上にややこしかった(-_-)

しょっぱなの事件からややこしくて

Aという人がBという人になりすまし、

Bという人をCという人にしてしまう、という

(A・B・C、それぞれが小説の中では実在。)

それだけでゴチャゴチャ(-ω-)

ま、推理小説なのである程度のゴチャゴチャは

必要だし、ある意味それはそれで読み応えはある。

もう1回読んだらもう少し楽しめるかな(-ω-)

キム・ネソン先生の作品は実に軽快な推理小説、

こちらは重厚な推理小説、とでもいうのでしょうか。

キム・ネソン先生の方は比較的人物描写なんかも

結構はっきりしていて、人情チックな面があり、

ソン・ソニョン作家の方はガチガチの刑事ドラマ風?

デカさんたちが苦悩しながら謎解きして

犯人追いかけて撃って撃たれて逃走して…的な

展開は推理小説というより刑事小説か??

後書きによると、この作品中には次回作につながる

内容も含まれているとやらで、

となると、

「あの事件はあれで終わっちゃったの?」な事件も

次回作でまた続きが語られるのかな…と思ったり。

って事は次回作も買いたくなる…てなもんで

ものすごい商売上手~~~shine

というわけで、推理小説を2冊並行して読んでいたので

今度はもっとほんわ~かした雰囲気の

ハッピーエンドheart04を思わせる長編小説を読みたいなheart04

と、買いだめしてある本たちを物色してみたが…

オドロオドロそうなのばっかcoldsweats02

と愕然としてる私に長女が

「自分で選んだんでしょgawk

…確かにおっしゃる通りでcatface

長編のはオドロオドロ系か?ってのと

(買いだめしてある分の)最後の最後まで

取っておこうheart04と楽しみにとっておきたいの

ばかりなので、

仕方なく(?)韓国に行った時に

「何か本を買いたいんだけどその場に

これと言って面白そうな本もあまりなく、

選んでる時間もあまりなく、

消去法的に仕方なく選んだ短編集」を

読み始めてみた。

ら。

めっちゃつまらんcoldsweats02sign03

恐るべしつまらん短編集coldsweats02sign03

よくよく見たら裏表紙の紹介文に

〇〇〇의 소설에는 이렇다 할 줄거리가 없다.

〇〇〇の小説にはこれといったあらすじがない。

って書いてあるcoldsweats02sign03

もちろん、この後に何やら称賛の文句らしい文が

続いているんだけど、どういう称賛なのか

文学用語知識ゼロの私には理解不能(-_-)

裏表紙の紹介文て大事なんだな(-ω-)と思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネイティブの動詞160.

やっと2学期が始まりました(T_T)嬉しい(T_T)

久しぶりに昼寝なんかしちゃたりヾ(≧▽≦)ノ☆

夏休み中は韓国語サマとの時間も

少ししか取れなかったけど

なんとか「韓国語動詞160」終了~。

41leejbu9nl_bo2204203200_pisitbstic


スキットを見ずにCDを何度か聞いて、

聞き取れない単語や知らない単語をチェックしつつ

シャドーイングし、その都度、

聞き取り困難な部分はキキトリ困難ノート(?)へ、

単語は単語ファイルへ、というカンジで進行。

この教材中、もっともビックリした単語は

컵라면!!(カップラーメン)

今まで「カップラーメン」と言う単語に出会わなかった気が

するのですが、そのせいか

[컴나면]

と耳に入ってきても…(-_-)?????…みたいな

フシギな音に聞こえました~。

でも、その後ちょこちょこと色んな教材で

[컴나면]に遭遇。

耳新しいせいかクチにも新しく、

シャドーイング時も口がなかなか回りませんcoldsweats01

それから辞書に載ってなかったのでスルーした単語。

된통

辞書にないから重要単語じゃないだろう…と思ったら

この本で見た後、あっちの小説、こっちの本と

出会うは出会うは~実は一般単語??

更にはずっと前に読んだ小説をパラパラ見てる時、

知らない単語としてチェックしつつも辞書になくて

放置していた…という痕跡も発見(-_-)

実は国立国語院さんの方にはしっかり載っていて

=되게 …なんですね~。

その他にも、ポロリポロリと目新しい単語や

目で見たらわかるのに聞き取れない単語があって

조퇴、なんていうなんの変哲もない単語(?)も

耳で聞くと、ン(-_-)???てな調子。

역 앞、입안이、 입안을など純粋に連音化による

耳のくらみ(?)にもイヤになるほど出会い、

更には

[그강무도하고]

…なんのこっちゃい(-_-)とおもったら「극악무도하고」、

極悪非道だってsign03(韓国語では極悪「無」道らしい。)

ヨンセイルキのCDの様なガッチリした物も

魅力的ですが、

これはこれで、日常に即したスキットで

気軽にリスニング、シャドーイングが楽しめ、

自分がいかに簡単な単語を聞き取れないか、

いかに目に頼った学習をしているかという事に

ガクゼンとすることもできます(* ̄∇ ̄*)ウフフフフ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

풍이?풍뎅이?

先日、日中の日差しを遮るため、カーテンを閉めていると、

網戸ら辺で何やらデカめの虫の羽音が。

蜂でも入ってきたか!?と恐る恐る覗いてみると。

…蜂ではない。デカイ。甲虫?なんだ??

…と、外にでてみると。

ま緑の甲虫!なんじゃこりゃ~~~!!

カメラ~~~!!

001_7


と、大急ぎで撮ったらボケてしまった(-ω-;)

キレイ~~~heart04かわいい~~~lovely

早速捕獲し、ムシカゴへ~happy02

子供の小さな図鑑で調べてみると、

アオカナブン?

…カナブンの緑版?

…コガネムシ(-_-)??

良くわかんないけどかわいい~~~lovely

死なれると悲しいので、飼いは出来ないけど、

部活中の姉らが帰ってくるまで居て頂く事に。

ほんの何時間かの間だけど一応お客様ゆえ

おもてなしでも、と思い

一応、カナブンという事にして(笑)食べモノ調べてみると

メロンを食べるらしい。

丁度、頂き物のメロンがあったので、夫の取り分から

ちょっと失敬してあげてみた。

すると、食べるわ食べるわ、穴掘りまくりで食べてるshine

その姿がまたカワイイ~lovely

002_7

005_4_3

006_3

ほんっと、虫(甲虫)ってかわいいわ~lovely

結局、4時間くらいメロンにくっついていましたが、

夜7時過ぎ、メロンから離れカゴの壁をガサゴソしだしたので

外に出たいみたいだね~と、外に連れて行き、

指に止めて待つ事、2~3分…

ん?コイツめ!私の手にオシッコかけたなpout!!

と思ったその時!

あっという間に羽を広げ空高く飛んで行きました。

「バ~イバ~~~~~イ(^^)/~~~」と

手を振りみんなで見送りお別れ^^

長く飼って死んでお別れは悲しいけど

(以前飼っていたカブトムシが死んだ時は、

お墓を作って埋めた途端、三女号泣(T_T))

ほんの数時間飼って(?)、十分に楽しませてくれて

お別れも笑顔で出来る、そんな触れ合いは

楽しいnote 嬉しいheart04

楽しませてくれてありがとう~カナブン、もしくは

アオカナブン、もしくはコガネムシちゃんheart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

漢字。

読書好きの我が家の三姉妹。

しばしば「偉いわね~」「いいわね~」と

お褒めの言葉を頂きます。

が。

全然良くありません(-_-)

まず5年生の長女。

好きなジャンルが…お笑い(-_-)

子ども落語の本とか大好きで、

一人で読んでゲラゲラ笑ってオキラク過ぎ(-ω-)

しかも本読んでるわりに語彙が少ない(-_-)

でもまあ、漢字のテストはミニテストならパーフェクト。

しかしまとめのテストになるとポロポロ落としてくる。

4年生の次女。

本好きのわりに漢字が全然ダメ(T_T)

何度教えても「児童館」が「童館」になっちゃうし

「店員さん」が「店さん」になっちゃうし、

「季節」は「節」になっちゃうし、

「約束」が「束」になっちゃうし………(エンドレス)。

部活やってる場合じゃな~いヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

そして2年生の三女。

勉強をさせても、目を離すとすぐに、

近くに落ちてる(笑)本を読みだす本好き。

「勉強しろ~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆」

と怒っても机に向かうのはその一瞬だけ。

私が目を離すと、また本を拾って読みだす。

ので、勉強中の彼女の近くに本を捨ててはいけない。

更にこちらの漢字は問題外。

次女と三女は手持ちの漢字ワークだけでは対処しきれないので

特別に母がノートに漢字の問題を書いて差し上げている。

ちなみに算数もワークだけでは不安な状況なので

母が問題を書いて差し上げている。

(こんな母の努力のお陰で学校では頭がいいと

思われているうちの子たち。

決して頭がいいわけではない。あまりに

マズすぎて親が焦って叩きこんでるだけ。)

特に送り仮名が苦手で

「歩くって『く』いるんだΣ(`0´*)!」とか

驚いている事が多い。

ので問題にも送り仮名付きの問題を出して差し上げる。

そんな彼女のブッとび質問。

「お母さん、『少ない』の『ない』ってさ~

習った(-_-)??」

……え(-_-)?????

「…あ…『少ない』の『な』かな~…。習った(^◇^)?」

………(T_T)(T_T)(T_T)

キミどういう語感持ってんの?????

「知らん(-_-)」と蹴散らし、後からノートを見てみると

書かれた漢字は…

少何

…スクナニ…?????

「…ちょっと(-_-)…これ『すくない』って読めるの(-_-)?」

「え?読めるけど(-_-)…え!?違うのΣ(`0´*)??」

と驚きのご様子(-_-)驚くのコッチだから(-_-)

そしてしばし考え

「…あ!あ~そっか~(^◇^)」

…と書き直した答えは

少内

…うん、確かに読める、すくない(-_-)…

読めるね…(T_T)

こういう、漢字以前の「語感違い」な子って

今までうちにはいなかったので…(/_;)

先行き不安だわ(T_T)

なんとか、夏休みが終わるまでに下二人の

一学期の漢字の総復習を終わらせたいところ…(ノ_-;)…

ちなみに実家で三女の勉強を見ながら

「もっとまともに字を書け~~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆」

とどなり散らしてると、

陰で

「スンマセン、スンマセン、申し訳ありませんヾ(≧▽≦;)ノ」

と、母が謝ってる(^_^;)

「私の常識が世間の常識」チックな思想、

「型破り的な合理化」チックな思考回路が

なんともうちの母と瓜二つの三女。

なもので、三女の字が汚いのも勉強嫌いなのも

自分譲り、と責任感じているうちの母(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ああ、夏休み(T_T)

姉たちが部活で居ぬ間(午前中)に

三女の読書感想文の監督をすることにした。

3~4年生用の本を読書感想文の本に選んだ

2年生の三女。

当時1年生の長女が30ページくらいのド絵本を選んだ

時も、かなり大変だったけど、

ある程度の濃い中身があるはずの内容の本を

表面しか見えない2年生が読んで感想文を書くのは

また大変(T_T)

そうじゃないだろ~~~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

バカ~~~~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

…という解釈が多すぎて暴言吐きまくりな母(-_-)

そんな自分に自己嫌悪(/_;)

もっと、レベルに会った本に替えろよ(-_-)という母心と

本人が選んだ本で最後まで書かせてやりたい母心の

板挟みで苦しい(T_T)ゲロ吐きそうだわ(T_T)

あと2週間ほど、毎日、この

どいつもこいつもヤル気あんのかゴラ゛~~ヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

という状況が続きそうなヨ♡カ♡ン…(T_T)

自由研究も、三女はなんとなく終わったものの、

もう少し作品を付け加える予定、

次女は超~時間のかかりそうなフエルト細工に

取りかかったものの、完成までの道のり遠し、

長女は…昨日型紙が出来上がった所(-ω-;)…

今週は三日間の午前・午後通しの部活があり、

(もちろんそれ以外も平日午前は部活。)

ワタシ的には「もっと、あっという間に出来るヤツにしろ(-_-)」

と思うのですが、子供の「これ作りたい♪」という気持ちを

バッサリ切り捨てるわけにもいかず…

今年もまた「自由研究by母」「読書感想文by母」な作品が

出来上がりそうなヨ♡カ♡ン…(T_T)(T_T)(T_T)

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そんなこんなの夏休みですが韓国旅行に行って参りました。

今回は夫両親と共に。

もちろん全てお任せできるガイドさん&運転手さん付き♪

足腰弱ってる夫父と食後のスムーズな移動が困難な夫母に

行動を合わせて頂けて助かりました^^

韓国初体験の夫両親でしたので、とりあえず

オーソドックスに民俗村や水原華城、ソウルタワーや景福宮など、

観光地の王道で。

昼食は1日目は巨大な焼き肉屋に連れて行かれ

「1時間後に迎えに来ますので」と個室に置き去り(・_・)

店員さん、日本語通じないようですが(・_・)???みたいな。

焼肉屋の掟(?)も焼肉用語もよくわからん私には、

かなり厳しい状況でした(-_-;)…。

2日目はたまさんご推薦のカルグクスのお店へ。

(こちらはガイドさんたちも隣りの席についてくれた。)

人気のお店の様で、行列が出来てましたが

思ったほど待たずに入れ、キレイな個室に通して頂きました。

カルグクスのお店でしたが、キムチがとっても美味だったheart04

ワンマンドゥもデカくてジューシーで美味かったです^^

夜は全てデパ地下で(笑)。スミマセン、夫両親(^◇^;)

(しかし、うちの両親だったら全てコンビニの所を

夫両親ゆえ、レベルアップのデパ地下にしたのだ。)

毎日、観光とデパ地下への買い出し、

夫母の買い物の付き添いなどで、

ワタシ的には自由時間がほとんどなく、

本屋も近くの小さな本屋しか行けず、

韓国小説は小さな棚2面くらいしかない(>_<)

その中から辛うじて小説5冊だけ購入~^^

お土産屋さんもほとんど寄らずに帰ってきちゃいました。

まあ今回は夫両親を旅行にお連れするという使命で

それを無事果たせ、夫両親も喜んでくれてたみたいなので

任務完了(o ̄∇ ̄)/という事で。

観光地的には行った事のある所だったのですが

ガイドさんが違うと、また違う話を聞けたり、

行き帰りの車の中や、ちょっとした雑談の中で

文化的な事も聞けたりして楽しかったです。

ちなみに、うちの母がうるさいくらい

「ガイドさんと韓国語で話して来なさいよ!

韓国語話せる貴重な機会なんだから!」と

言ってましたが、幸か不幸か、今までの旅行の中で初!!!

の若い男性ガイドさんで(-ω-)

日本語で話すのも困難だわ、若い男性ガイドさんなんて(-ω-)

なかなかのイケメンで次女は大層お気に入りでした。

でも、道行く人と言葉を交わす機会が結構あって、

ものすごい、カタコト会話なんだけど

カタコトでも韓国語が出来てヨカッタ(´▽`)ノ…と思った。

写真はあまりとらなかった上、

観光地の写真は、まあ、ありきたりなので…

118_2

ビルの屋上に人…

これって、ドラマでは、何やら良からぬ相談をする時とか…

事件…!?

119_2


…と思ったらただのオッサンの談笑だったご様子(-ω-)

あ!あっちのビルにも!!

120_2


今度こそ事件!!??

121_2


と思いましたが、やはりただの喫煙タイム?

職場内での喫煙が難しくなってきているのでしょうか。

そもそも、デカイ建て物は市役所くらいしかない我が町。

屋上で人が涼んでいる光景など目にする機会も少なく、

あ~韓ドラチック~♪と、妙にココロ魅かれる風景でした。

それにしても暑かった~ヽ(´д`;)ノ

077_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »