« オス。 | トップページ | グッバイ李箱。 »

세계의 끝 여자친구&오만과 편견1&2。

先週は(参観日+懇談会)×3という日程、

しかも、そのうち2日がキライな先生の授業で

(私が教えてもらってるわけじゃないんですけど。)

なんだか、気疲れ(ノ_-。)…。

てなわけで、週末は毎年恒例、私の希望で水族館へfish

009_2_3

011_2_2

008_2_2

005_2_2

ず~っと毎年行っていますが、今年は初めて

夫両親を誘って行ってきました。

なんだかんだと、出費させちゃいましたが

夫父はもちろん、夫母もイルカショーは初めて見たと

大喜びしてくれ、

お土産コーナーで子供たちに一つずつぬいぐるみを

買ってくれた挙句、

自分(夫母)は子供たちの物よりデカイ

イルカのぬいぐるみを購入していました(笑)。

こういう素直に喜んでくれる所がとてもかわいい

夫母ですhappy02

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

では、書籍感想コーナー。

短編集「세계의 끝 여자친구」。

L97889546088241

たまさんご推薦の本ゆえ、さぞかし難しいのだろうと

かなり身構えて読みました。

が、前半は比較的スルスルと。

韓国人とアメリカ人が英語でしゃべってるようなんだけど

書かれている言葉が韓国語で…なんて状況があったりして

少々混乱しましたが(笑)、内容的には難解なモノは

少ないのではないでしょうか。

いろいろな国、いろいろな国の人が登場します。

(確か小樽も出てきた気が。)

韓国情緒漂う、という作品は少なく、

異国情緒が漂う作品が多し。

キム・ヨンスさんという男性作家の作品ですが、

話者や主人公が女性という作品も多い。

しかも、なかなか女性の心理描写が鋭く

ドキリとさせられますcoldsweats01

作者さんの甘いマスクが成した産物でしょうか…。

全体に、家族や恋人を扱ったお話たちで、

話の展開における感情の起伏や波風は少なめな

気がします(短編だから?)。

もちろん、それぞれ、何かしら事件が起こるのですが。

しかし、この作家さん、どうも一文が長くて(笑)、

軽めの作品だとなんとか消化できるのですが

重めの作品だと、一文を消化するのに2回も3回も

読んじゃったりしましたcoldsweats01

ウニャウニャウニャ(A)

ウニャウニャウニャ(B)

ウニャウニャウニャ(C)…と長い文章の中で

本論は(A)+(C)で出来上がるのに

あらっwobblyという(B)が入る。

言うなれば

いつも以上に暑い今日の晩ご飯は(A)

冷やしラーメンにしようか冷やしそうめんにしようか

ざるそばにしようかざるうどんにしようか迷ったが(B)

カレーライスにした。(C)…みたいな。

(ちょっと違うかな(笑))

なんか、(B)や(C)で○|_| ̄ =3 ズコーとさせられる事が

チョコチョコあって、`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!と笑っちゃいます。

(本来の笑いどこじゃないのに(≧m≦))

そういう意味では鼻歌交じりで読んでいると

あらっ!今の何だったの!的な読み返しが必要な、

速読困難な面があるでしょうか。

個人的には、元刑事の人生を扱った

「내겐 휴가가 필요해」というお話が、

悲しいながら素敵な雰囲気。

30ページにも満たない短編なんですが

長編にしてくれても面白いだろうな~と思いました。

次。오만과 편견1&2。

B5511B5521_3

高慢と偏見?傲慢と偏見?日本語でも(もちろん英語でも)

読んだ事ないんですが読んでみた。

この↑版は文庫本サイズで字も少なめで

読みやすいだろう、と思ったのですが…

あんまり読みやすくなかった(-ω-)

まず、欧米モノ特有の、一人につき、ファーストネーム、

ファミリーネーム、愛称×2~3、肩書呼び、など

多数の呼称が出てくるので、誰が誰だか

チンプンカンプン(-_-)という状態がしばし続く。

それから、欧米モノの翻訳本のせいか

こそあど言葉が多くてイマヒトツ誰が誰に誰の事を

話しているのか、などがつかみにくい。

登場人物、相関関係を把握し、慣れてくると

解消されましたが、慣れるまでが大変だった(-ω-)

物語そのものの感想。

…なんの変哲もない恋愛小説だった(-ω-)…。

日本語で読んだ事のある方だったら

あまり苦労せず楽しめたのかもしれませんcoldsweats01

|

« オス。 | トップページ | グッバイ李箱。 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

甘いマスクでしょうかね・・・・・?
えくぼができるのがとってもキュートだと思います。
私も好きな顔ですけど、
指導教官に「う~ん、私は好みじゃないけど。」とバッサリ言われたことがあります。

暗くなりがちなストーリーにちらりと恋愛話を絡めるあたり、女性のファンが多いのだそうです。
かくいう私もはまっていますが^^;

新作がめちゃくちゃおもしろく、いつになく読みやすく(ちょっと文が短い)、ハルキリスペクトな感じが滲み出してます。

投稿: たま | 2012年7月10日 (火) 22時31分

顔は、私もそんなに好みではありませ〜ん(^^;)。
1文が長いんですか。う〜ん。
知らない単語が多くても読みやすい作品、単語は引かなくて良いのに読みにくい作品がありますよね。
お借りしている本を読み進めていくと、そういう分類もできるな、なんて思ってます(^^)。
「今日予報」、面白かったです。最後に救いがある、って言うのかな。そんな感じでしたね。

投稿: ハーちゃん | 2012年7月11日 (水) 01時47分

たまさん…甘いというか、一般目なイケメンじゃないだけに
油断してしまうと言うか。
イケメンじゃないけどブサイクでもなく、
人相悪いわけじゃないので、
その気になれば恋愛豊富になれそうなカオ(笑)?
でもあり、
人がよさそうなので女性から恋愛相談なんかも
(受けたくなくても)沢山受けちゃいそうなカオ??
私もキライなカオじゃないです^^

ハーちゃんさん…そうそう、グッバイ李箱も
ものっすご~く難解な文学的な部分が多いんですが
分からないのになんだか楽しめました(笑)。
分かったらもっと楽しいんだろうな(-ω-)
近いうちに李箱、お送りしますね~。

今日予報あたり、ハーちゃんさんには分量的に
物足りなかったでしょうね(^_^;)
でも、
読み終わりのスッキリ感が私にはたまらないんですlovely

投稿: 海 | 2012年7月11日 (水) 08時21分

キム・ヨンス作家、パーマかけたらしいっす。

投稿: たま | 2012年7月11日 (水) 21時33分

彼の頭髪もスイートさん系と見受けられるので
(「甘い」のは「マスク」じゃなく「頭髪」…?)
見た目の分量増加を狙ったのでしょうか…
髪が傷んで逆効果にならないといいですが…

投稿: 海 | 2012年7月12日 (木) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/46257954

この記事へのトラックバック一覧です: 세계의 끝 여자친구&오만과 편견1&2。:

« オス。 | トップページ | グッバイ李箱。 »