« 最近のイケてない「ながら勉強」。 | トップページ | 生活のなかの韓国語 »

アジュンマド アプダ。

まだまだ大きな余震が続いているようで、

子どもやお年寄り、体の不自由なご家族を抱えた方々を

思うと、

本当に気が気じゃありません(>_<)

是非、地震の少ない我が町へ!!

…と思いますが、やはり住み慣れた土地がヨイのでしょうね…。

小さな頃から根ナシ草生活だった私は

「ここじゃなきゃ!」という、土地に対する愛着はさほどないので

わかりませんが…

幸か不幸か転勤族の夫と結婚し、地元(?なのか?

14~23歳まで暮らした街、札幌が地元だと

思っているけど、もはや今住んでいる町の方が

居住歴が長くなってしまった(-_-))を離れて14年。

たいていの田舎で暮らしていく自信はありますが、

昔から夫にこれだけは言ってあります。

「私、地震の多いところには住めないから」と。

こんな地震恐怖症の私ですから、

余計に毎日何度も余震を経験している方々を思うと

気が気じゃないのですcrying

早く余震やめ~~~~~\(*`∧´)/

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。

何度かご紹介させて頂いた「아줌마도 아프다」

L97889961506331

子どものお迎えの待ち時間や、外食の待ち時間、

たまに乗る汽車の中で読んでいた本で

本来、あまり長い時間読む機会がなかったのですが

プレ春休みの様な、立て続けに見舞われた子供のカゼのお陰で

病院の待合室でいっぱい読み進めれちゃって読了(-ω-)v

病院の待合室で、病んで伏している娘の横で、

笑いこらえながら読んでいました。

ほんっと~におもしろい!!

しかし、ヒトんちのコトだから笑える事ヾ(≧▽≦)ノ☆!!

子どもに起こった事件とか、冷戦中の夫のムカつく行動とか、

母として妻としての葛藤とか、とにかく笑えます。

いや~わかるわかるヾ(≧▽≦)ノ☆ってのから、

それってアリ(lll゚Д゚)!?あり得ないしヽ(*≧ε≦*)φ☆

ってのまで、とにかく笑えます。

韓国語を勉強するまでは日本のエッセイなんて

読んだことなかったんですけど、

ヒトんちを覗いてるみたいで面白いですね(笑)。

ちょこちょことしたところに、面白い生きた韓国語の

表現を発見できるのも面白く、

ご紹介したい表現がいっぱいいっぱいあるのですが、

あまりに沢山あるので代表してエピローグから一つ。

作者さんが原稿を書くのに忙しく、家事をする暇がなかった。

そのシーンでの引用から(の引用?)。

어느 여성학자가 청소를 소홀히 한다는 가족의 구박에

"먼지에게도 생각할 시간을 주자"고 했다는데...

ある女性学者が掃除が手抜きだという家族からのいびりに

「ホコリにも考える時間をあげようよ」と言ったというが…

う~ん素敵すぎる、カツ、為になる巻き返し(*゚ー゚*)

機会がある方(特に私の様な子持ちのおばちゃん、

冷戦中の夫をお持ちのおばちゃん)は是非ご一読下さい♪

|

« 最近のイケてない「ながら勉強」。 | トップページ | 生活のなかの韓国語 »

韓国語本」カテゴリの記事

コメント

「地震が無いところ」、それは韓国?
もうね、余震があまりにも続くので昨日はついに「もういい!」と地震に向って叫びましたね(^^;)。夜中だって熟睡できないんですよね。
「夫と冷戦中の人」...。たいていの夫婦は、この状態にたまになりますよね。それが5分だろうが数日だろうが(^^;)。
それにしても興味深い本ですねぇ...。

投稿: ハーちゃん | 2011年4月10日 (日) 04時46分

う~(ノω・、)夜中の余震なんて~(T_T)
(数日前の11時半過ぎの大きいのはコチラも揺れました)
よろしかったらうちに来て休んで頂きたい(>_<)
…けど、うちの方が疲れるかも、うるさくて(^_^;)
しかも、うちに避難するより、ハーちゃんさんなら
韓国に避難する方が近いし安いですかねcoldsweats01

投稿: 海 | 2011年4月11日 (月) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/39383527

この記事へのトラックバック一覧です: アジュンマド アプダ。:

« 最近のイケてない「ながら勉強」。 | トップページ | 生活のなかの韓国語 »