« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

izi

ドラマ「不良カップル」の中で気になっている曲がありました。

OSTにも入っていないんですけど、

喫茶店のシーンとかで、よくBGMとしてかかっていた曲です。

いろんな場面でかかるんですけど、聴くたびアタマ振りたくなる曲で

「本来の私」が好きなタイプの曲です。

「不良カップル」系のサイトで探してみた事もありましたが

どうにもこうにも見つからなくて諦めていました。

が、先日ふと思い立って、歌詞で検索してみよう!と

ドラマのセリフの間をぬって聞こえてくる歌詞の一部を聞き取り

ヤフコリで検索!成功!コチラでした。

残念ながらコレが収録されている彼らの1集は入手不可weep

しか~も2集以降は出ていないcatface

1集後、日本デビューもしたみたいなのですが、

その後の消息がつかめませんcatface

20年前、地元インディーズの曲ばかり聴いていた頃の

「血」が騒いでしまうタイプの音楽。

今またこうして「血」が騒ぐ曲が聴けて嬉しいです。

YouTubeの中にも、わずかながら

小さなライブハウスっぽい所で歌っている映像もありますが、

商業音楽に埋もれず、小さなライブハウスででも、

iziの音楽を愛してくれる人たちの前で、

その人たちの為に、今も歌っている事を願いますconfident

出来れば、20年前には若者だった私も

客席の片隅に入れて頂きたいわ(・∀・)♪

izi여러분~ 홋카이도로 노래 불러 와 줘요~karaoke

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終了教材&読了本感想。

ヨンセ大学の韓国語読解5級・主題がある韓国語読解。

Img10368406881

…を終えました…強制的に終了~~~(-_-)

10課中9課まではまあまあ楽しんだんですけど

最終課がどうにもこうにも我慢できませんでした(-_-)

9課までに関しては4級の本と難易度はさほど

変わらないんじゃないかと思います。面白いです。

が、10課だけぶっ飛んで難しいというか。

半分くらいまで頑張ったんですけどね(-_-)

タイトル「서편제」からつっかかった。

なんじゃね、そりゃってなもんで。

その意味は

☆조선 후기의 명창 박유전의 법제를 이어받은

 판소리의 한 유파.

ってことらしいんですけど、内容もまたあまりに難しいというか。

ナゾのパンソリ歌手の出生の秘密を追う、みたいな。

パンソリ用語が多い(-_-)

ぶっちゃけ、あまりに興味わかないというか。

あまりに馴染みなさすぎというか。

単語を調べても尚、何言ってんのかよくわからん(-_-)

読もうとする度、ものすご~く脳にストレスがかかるので

やめました(-_-)

脳にストレスかけるために時間費やすのもなんですから(´▽`)ノ

アトガマ教材が未定のまま時が過ぎています(゜-゜)

んで、こちらアネキョロ。

L97889745633011

読了しました。

映画はみた事ないんですけど、映画の宣伝を見て

面白そう♪と思ってだいぶ前に購入した本。

読み始めは苦痛でした。

サッカー選手やチーム名などカタカナ語ばかり(>_<)

超読みにくい!

しかも度々出てくるサッカー話がうっとうしい(>_<)

もうやめてやる(>_<)

と思いましたが、5ページくらいで章が変わるため

案外、字の少ない本で、スルスルと読めました。

途中からはカタカナ語のハングルを一文字ずつ読むのを

やめて、「あ、カタカナ語」と思ったらうまい具合に

カタカナ語だけをスルーする技を身につけました(・∀・)

設定がぶっ飛んでるわりに終わりがソツなさすぎ(-_-)??

なのがちょっと残念(-ω-)

でも、文章的には面白い表現がちらほらあったり、

執拗なまでにセカンド(妻の夫(笑))に対して敵意むき出しの

(ホンモノの)夫の態度が笑えたりしました。

文句の多い感想ばかりですみまソンモm(_ _)m

(基本、なにかと文句の多い人間ですゆえ(-ω-)…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

틀렸다.

「似ている動詞使い分けブック」のCDで

パダスギやっています。

(余談ですが、すっかり忘れていましたが

いつ作ったのか、こんな索引を作っていました、私。

007

ヒマ人か(-_-;)…と自分でも思うけど案外便利(笑))

CDでは例文を淡々とした調子で次々と読み上げていて

短い文章ながらシャドーイングしようとすると

結構大変ヾ(;´Д`A

よく知っているはずなのに正しく書けない単語があったり

聞き取れない単語がちょこちょこあったり

言えそうで言えなさそうな表現があったり(-ω-)

そのような単語は付箋に書いて貼っておき、

次の回でさら~っと(…というのが身に付かない原因(-_-)?)

復習として目を通せるようにしてみました。

006

そして先日、え~!と今更わかったことなんですけど…

틀리다って過去形で使うんですねcoldsweats02

「まちがっている」が「틀렸다」なんだ!!知らなかった!

☆이제 틀렸다고 생각한다.(もうダメだと思う。)

☆마음가짐이 틀렸다.(心構えがなっていない。)

☆이 문장은 틀렸어요.(この文は間違っています。)

☆이 책은 이름이 틀렸어요.

          (この本は名前が間違っています。)

などなど。

日本語の「ます」が韓国語で「ました」になる例でした。

私、よく時制の間違いを指摘されるのですが

日本語では時制の使い分けがはっきりしないモノとか

ムズカシイ~~~sad

ラジオなんかで「今日は〇〇さんをお迎えして

番組をお送りいたします」みたいな時に

「~보내 드리겠습니다.」っていうのをよく聞きますが

「写真を送ります」なんて普通に言う時

つい「보냅니다」なんて書いちゃって(-ω-)

↑の様な보내 드리겠습니다的な決まり文句なら

겠を落とすことはないのにbearing

まだまだ自分のモノになっておりませんweep

もっともっと、原語を浴びねば~rain

| | コメント (2) | トラックバック (0)

치부하다

…という単語、皆様の辞書には載っているでしょうか??

私が持っている辞書3冊には載っておりまソンモ(-_-)

ブ厚い民衆書林の韓日辞典にも載ってな~いw(゚o゚)w

使われるカタチは主に

A을/를 B(으)로(または Bハンダ고) 치부하다

で、AをBだと心の中で思ったり見なしたりすること、

という意味らしいのですが、

コレ、辞書に載っていないわりに本や新聞を読んでいると

色んなところで結構出くわすので

興味のございます方(?)は辞書のはじっこにでも

書き込んでおかれては…と思いご紹介させて頂いた次第で

ございますconfident

*例文*

☆우리는 그를 겁쟁이로 치부하였다.

☆자신을 아무 일도 할 수 없는 무능력자라고 치부하고

  단념해서는 안 된다.

☆지나간 시간을 과거의 일로 치부한다.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪虫

そうそう、先週の木曜日に、雪虫を初観測(。・ω・。)

韓国語ではなんていうのかな?と調べてみましたが

イマイチわからず。

ウィキで調べても韓国語にはなくて、

「こんな虫です♪」と紹介するにもウィキでも

雪虫の写真募集中とか(-_-)

というわけで、子供たちと雪虫の写真を撮ろうと頑張りましたが

なかなか撮れないんですわcoldsweats02

辛うじて車のライトにとまってるのを撮ったのが

なんとなく形がわかるかな??

大きさはアブラムシ大です。

アブラムシの一種ですからcatface

雪虫ってこんな虫です♪

005_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

もう一人の愛しのパートナー。

(↑一人目の愛しのパートナーはもちろん韓国語サマ。)

今年のレースが終了しました~run

今年最終は人生2度めのハーフ。

一度目よりはほんの少しだけマシなタイムでしたが

標準的なタイムにはまだまだ及びまソンモ(-_-;)

しかし、前回の様な腰痛もなく、一安心です^^

このハーフに向けて、実はシューズを新調しました。

4年間、同じランシューで過ごしてきたのですが

ついに横アナがあいてしまい…

前から開いていたのですが、だんだん穴が大きくなってきて。

004_2 005_2

このシューズでハーフ走って途中で指が出てきたらヤだな、と

意を決して新調しました。

穴があきながらもこのシューズに執着してきたのは

その、絶妙なホールド感!

きつくもなく緩くもなく、足がスポッと包まれる安心感!

変な隙間は一切なし!

初めて履いたその時から靴ずれ・変なアタリなど一切なし!

あ~包み込まれてる~(*゚ー゚*)というホッコリ感。

もう、普通の靴ではありえない天国みたいな履き心地なのです。

しかし、ショッキングな事に、サッカニー(↑のメーカー)の

ランシュー、もう手に入らないんですってcoldsweats02

サッカニーを扱ってた日本の会社がサッカニーを扱わなく

なったんですってweep

ネットでもあちこち探したけど、何せモデルが古いという事もあり

あってもサイズが23センチとか28センチとか(-_-)

(店頭に売れ残りのUS5.5(24.5センチ)があります!

という情報、お待ちしておりますm(_ _)m)

というわけで、新たなシューズを購入したのですが…

…ハズレでした(ノ_-;)… ザンネン(ノ_≦。)

しばらく足慣らしをしてはみましたが、信頼関係が結べず

結局サッカニーの穴を補修してサッカニーで参戦。

全然たいしたタイムじゃないんですけど、

それでも「このシューズに乗っかってればゴールできる(・∀・)☆」

という、この上なくブ厚い信頼感、安心感の中でのラン。

たまりまソンモconfidentheart04なのです…。

もうしばらく、レースはサッカニーで参りますrunrunrun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パッチムㅈの立場。

昨日は2010年10月10日でしたね(・∀・)

(だからどうしたとか言わないで…)

で…

079_2 昨日の午前10時10分10秒。

080_2 昨日の午後10時10分10秒。

別にヒマだったわけじゃないんですよ\(;゚∇゚)/

たまたま時計を見たら10時10分近くだったので(;´▽`A``

子供たちには「お母さんすごい!1秒で撮るなんて!!」と

称賛されましたv(。・ω・。)

が、夫の一言は「ヒマだったの(-_-)?」でした…(-ω-)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

ちょっと前からパダスギ&口慣らし教材として

「似ている動詞使い分けブック」を使い始めました。

そこに햇빛という単語と햇볕という単語が出てきたのですが

心にほんのちょっとだけ引っかかりました。

同じ「日光」なのに(-_-)と。

そして昨日、何気に、とある韓国語問答コーナーみたいな

所をウロウロしていると햇빛햇볕の違いについての記述が。

読んでみてナルホドeyeshine

しかし、こんな簡単な事だったとはsad

햇빛は太陽の빛、つまり太陽の色・光に焦点を当てた物で

主に視覚でとらえる感覚、

햇볕は太陽の볕、太陽の日差し、照りに焦点を当てた物で

主に暑さや肌で感じる感覚に使われるそうな。

(ってもうご存知でした(-_-)??)

햇빛이 눈이 부시다.

햇볕에 피부가 많이 탔어요.

ま、それってどっちよ…っていう文もありますが。

最近得たもう一つの知識(?????)。

私、부딪치다の綴りがどうしても覚えられませんヽ(´д`;)ノ

どうしても부디치다と書いてしまう(-ω-;)…。

そんな私が先日出会ったコラム(우리말 바루기)によると

안성맞춤 を안성마춤と書いたり

맞추다마추다と書く間違いがよくある、との事。

…コレって私の間違いと同じくない!?

맞추다 のㅈが落ちる間違いが多いって事は

発音的にㅈがなくていいわけ??

って~ことは부딪치다のㅈ落ちもアリとか(^◇^)!?

(もちろん「間違い」だけど起こりやすい間違いなのか?)

と思い調べてみると…こんな記述が(KBSワールドHPより)。

두 표현(부딪치다と부딪히다)은 모두 [부디치다] 로

발음되기 때문에…って~ウッソ~Σ(・ω・ノ)ノ!てな衝撃。

ネイティブ的には부딪치다 のㅈの発音は落ちる事が

あるのか…韓国語の発音はやはりナゾ(-ω-)

(日本語の発音のナゾもいっぱいありますけどヾ(≧▽≦)ノ☆)

いずれにせよ、ヤフコリで부디치다で検索してみると

この誤用が使われているサイトがそれなりに発見されたので

ある意味ネイティブっぽい間違いをしちゃってんのかも私happy02

(同じ間違いを何度も犯して喜んでいる場合じゃない(-ω-;)…)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ハングルの日に寄せて・・・(?)

遅ればせながら先日より엄마를 부탁해を読み始めました。

だいぶ前に買っておいたのですが、なかなか読みだせず…

やっと読み始めたところです。

コ難しい表現がなく(しかし知らない単語はいっぱい)

ヒジョーに読みやすいです。

が、この本、本来「나는(私は)」、もしくは「경숙은(ギョンスクは)など」と

書かれるべき文章の主体が「너」になっているんですね…。

始めは「なんで너(-_-)?」と思い、

「너」には何か他の意味があるのか??と思い、

今更あちこち「너」を調べてしまった私(-_-)

しかしこの너主体の文を読んでいるうちに

読者が主体になるんですね…。

너、つまり本を読んでいる「私」がいかに

母をないがしろにしてきたか、母に冷たかったか、

ヒシヒシと追い詰められていく感覚です(;´Д`A ```

ものすごい圧迫感で読んでいて押しつぶされそうすが、

これが醍醐味なのでしょう…先が楽しみです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

しつこいようですが、

韓国語サマに運命を感じる時があります。

それは立て続けに新しい表現、気になった表現に出くわした時。

先日終わった「ネイティブ表現」の最終章には

어이가 없어서 말도 안 나오네.

あきれてものも言えない・・・という表現がありました。

その教材を終えた日に届いた朝鮮日報の日本語講座のコーナーに

まさにその表現が!!わ!また出逢った!!

それから탐탁하다の否定形が(탐탁치 않다ではなく)탐탁지 않다に

なるのはどうしてか??という事を教えて頂いたとき、

하がまるまる落ちる例として생각지 못하다という表現も

教えて頂いたその日、布団に入ってから読んだ本に

まさにその表現が。また出逢っちゃった!!

잠꼬대という単語が覚えられない(-ω-)と思っていると

ドラマの中で너 지금 잠꼬대 하니!?

(アンタ寝言いってんの!?)

同じく日→韓作文の勉強をしながらドラマを見ていたら

니가 이런 식으로 내 믿음을 저버릴 줄은 몰랐다.

(お前がこんな風に私の信頼を裏切るとは思わなかった)

という表現がでてきて、

저버리다って単語、どっかで出てきたぞ(-ω-)…と

思ったらまさにその時開いていた日→韓作文ノートに

기대를 저버리다(期待を裏切る)…ココにあるしΣ(・ω・ノ)ノ!

過去問の単語をチェックしてたら두툼하다という単語が

…コレ、昨日も調べなかったっけ(-_-)??

と思ったらまさに前の日に小説を読んでる時に調べた単語(・∀・)!

(てか前の日に調べたなら意味も覚えてろよ(-_-)…)

こういう事が数日のうちにパタパタと起こるのです。

そういう時、いや~私と韓国語サマって、ホント運命lovely!!

って思っちゃいますhappy02(カン違いcoldsweats01??)。

カン違いでもいい!!

愛なんてカン違いから始まるんですから(*≧m≦*)

世宗大王さま、こんなに私を夢中にさせるハングルを

作って下さってありがとうございますconfidentheart04

これからも、韓国語サマと愛を育んでいけるよう頑張りますshine

          ~ハングルの日に心より感謝をこめてheart01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

처지다 と 쳐지다

처지다…は何故か私にはとても覚えにくい単語(-_-)

おそらく、出逢ってから1年以上たっているにもかかわらず

そして、何度も何度も覚えようとしているにもかかわらず、

覚えられない(ノ_-;)…

しかし!この度、おそらく覚えたと思います(・∀・)♪

それは、こんな単語に出逢ったから。

쳐지다

声に出してしまうと逆に↑の처지다と何が違うの(-_-)?

となってしまうかもしれませんがで違います。

出逢った文章は이어령先生の本に出たきたこんな文章。

황제가 앉아 있는 의자 뒤에 쳐진 병풍이...

쳐진…てなんだ(-_-)??

おそらく쳐지다が基本形だろうな…てことで

辞書を見てみた…けどない(-_-)

しょうがない…標準国語大辞典で調べて…もないし( ゚皿゚)!!

てな事でヤフコリ総合検索………あった( ̄▽ ̄)!!

たどり着いた先は中央日報さんの우리 말 바루기というコーナーの

だいぶ前の記事

それによると…

"…눈과 어깨가 몰라보게 쳐졌다"와 같이 표현하는 사람이

많다.…(中略)…우리말에 "쳐지다"란 동사는 없다.

…ってそんなミもフタもないことを~~~ヾ(;´Д`A

…イエイエ、よくよく読むとこんな続きが。

"쳐져"는 "그물이 쳐져 있다"와 같이 무엇을 펴서 벌리다는 뜻의

"치다"가 활용된 형태

…活用された形態(-_-)???って???てなカンジですが

恐らく、こんなカンジ。

垂れ下がる、気持ちが沈む、立ち遅れるという意味の

"처지다"と混同して쳐진 눈と使われる事が多いが

「垂れた目」という表現で使う場合、正しくは처진 눈.

쳐진 병풍 の쳐지(다)は치다 「(網などを)張る、吊るす、広げる」

の連用形に、自発(~れる、~られる)を表す지다 がくっついて

「(網などが)張られる、吊るされる、広げられる」

つまり、 쳐진 병풍 は広げられた屏風…らしい…

…という事が書かれてるんだ(◎´∀`)ノ…と言う事を

中央日報さんの記事から読み取るまでに

かなりの時間がかかってしまいましたが…

こういう解釈で合っているのか、いまだ不明( ´艸`)プププ

何はともあれ、アタマ悩ませたお陰で우리말 바루기という

楽しそうなコーナーと出逢う事が出来ました~(・∀・)♪

(←勉強で使うサイトに入れておきます☆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »