« なれそめ① | トップページ | はじめまして »

なれそめ②

ハングル文字を読めなかったころは、

あの文字はいったいどういう作りになっているのか?

ヒト塊が最小単位なのか?それともパーツが組み合わさっているのか?

五十音みたいのがあるのか?どこからどこまでが単語なんだ?

など、ただの不思議な「形」でしかなかったのに、

ㄱ=k、ㅏ=a、 ㅁ=mだから 감=kamで 막=mak!

その、あまりに合理的パズル的な文字の世界にあっという間に

引きずり込まれてしまった!

そして、さわやか笑顔のRyuのアルバムも購入し、

韓ドラにも手を染め、着々と韓流への道へと引きずり込まれ、

その後はまった韓ドラが「パリの恋人」♪

そしてもちろん(?)DVDボックスもOSTも購入し、

「チョ・ソンモ」を知ることになったのである。

ヒジョーに何気なく買ったチョ・ソンモの5集、6集を聴いた時、

その、とても美しい韓国語の発音にカンドーした!

Ryuの時には感じなかったんだけど(Ryu&Ryuファンの方々、

ミアナムニダ~m(_ _)m)ㅗとㅓの発音の違いとか

ㅡ とㅣの発音の違いとか、激音・濃音が、ものすごくわかりやすい!

目を閉じて聴いていると歌っている口元が目に浮かぶようだし、

一緒に歌っていると、自分の発音の違いがよくわかる。

そして、とあるサイトで知り合ったソンモちゃんファンの方に

「動くソンモを見たらもっとはまるよ^m^」とそそのかされて手にした

ソンモちゃんのDVDを見て…すっかりソンモちゃんに落ちてしまった(-_-)

歌がうまいのはもちろん、予想通り、歌っている口の形がとてもはっきりして

韓国語の勉強になるのはもちろん、彼の、屈託のないガハハ笑いと

チョーシコキなふるまいに、私はやられてしまったのだ~(*゚ー゚*)…。

《なれそめ③に続く…》

|

« なれそめ① | トップページ | はじめまして »

なれそめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1254885/30915942

この記事へのトラックバック一覧です: なれそめ②:

« なれそめ① | トップページ | はじめまして »