トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

なんで(;゜д゜)!

ながら族の私(-ω-)

勉強する時もたいてい、DVD見ながらです(。・ω・。)

かなり集中しなければならないモノとかリスニング以外は

「注視しなくてもいい見慣れた」韓ドラDVD見ながらです^^

今はもう何度も見た「復活」見てます。そろそろ終わりです。

何度見ても同じとこで鳥肌立って同じとこで泣けます(T_T)

で、昨夜も見ながら机についていたのですが

オム・テウンが「잠깐만…」て言うところ。

何気なく見たら…잠のㅁで唇くっついてませんけど(;゜д゜)!?

これって常識なのでしょうか!?

実際問題、잠깐만の発音は非常に難しく思われ、

ㅁで唇くっつけてㄲの濃音に移るのは至難の業。

で、よくブツブツとひとりごちて練習する単語の一つなのですが。

くっつけなくてもいいんでしょうかね(;゜д゜)!?

昨夜のちょっぴりショッキングだった出来事でした(。・ω・。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

受験票来た~ w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

来ちゃいました~(来なきゃ困るけど)。

単語の追い込みでも…と思いつつ、

TOPIK前日の韓流フェスティバルでソンモちゃんにあげる

プレゼントを作りたいな~(´▽`)ノ…とか、

(テスト前日に、そゆうモノに行くこと自体どうかと思うのに

更にプレゼント作ろうだなんて(ノ_-;)…)

前の週はマラソン大会だから、も少し走り込みたいな~

ε=ε=ε=(┌  ̄_)┘シュタシュタシュタ...とか

思ってる所に昨日は茶の間の蛍光灯が壊れましてね(-_-)

隣りの和室とダイニングの電気をつけて

(あ、うち、ダイニングはあるんですが、

今時ダイニングセットがなくて、

茶の間で普通の座卓?でご飯食べてます)

暗~い茶の間で晩御飯食べた次第でありまして。

今日は不動産屋さん(賃貸です)や電気屋さんに連絡取ったり

業者さんの出入りがあったりで、落ち着かないまま時が過ぎ、

これから子供の病院へ行かねば(-_-)

んで、子供がおやつ食べてる間に

「果たして800字のハングルを書くのに

私はどれくらいの時間がかかるのか?」をやってみた。

結果…13分30秒。

左のモノを右に書き写すだけでこの時間。

あ~この、ラストの800字記述問題にたどり着いた時点で、

私には、どれだけの時間が残されているんだろう(-_-)…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バランスチェックシート

                                      001_5  

ナニもここまで…

…と我ながら思うんだけど~

やはり

「バランスよく」勉強したい…と思い、

始めは時間割でも作ろうかなと

思ったんだけど、さすがに自分一人の都合で

日々を過ごせるわけじゃないのでcoldsweats01

そこで、今年の1月くらいに、こんな表を作りました。

コレ作るのに半日かかりました。アホっすね~happy02

只今2枚目使用中です。

002_3 こんなカンジで、

使用教材をピックアップして

日付でチェックしていきます。

進めて行きながら、教材の項目は

チョコチョコ修正したりもします。

あ、写真はダレ?とか

ヤボな質問はナシで。  

毎日、ちょっとずつ、日付で埋められていくのが

気分よくもあります(^_^;)…く、暗いっすか(-_-;)

でも、今となっては、これがない時はどうやって勉強を進めていたんだろう?

と思うくらい、私の勉強には欠かせないバランスチェックシートです^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

単語帳

皆さんはどういう風に作っているのでしょう??

…ていうか、このデジタルの時代にあって

今更単語帳を愛用しているアナログな人は

あんまりいないんだろうか…??

私は、始めの頃は単語帳などたいして作らず

おそらくハン検準2級を受けるくらいから本格的に

作り始めたのですが、まず困ったのが漢字語。

単語帳を使って単語を覚えるのって、たいてい

日→韓だとずっと思ってたのですが(え、違います(-_-)?)、

漢字語って日→韓より韓→日の方が覚えにくい(-_-)

どの漢字がハングルでどう書くかは、ぶっちゃけ覚えてしまえば

いいんだけど(それが難しくもあるけど(-_-))

逆に韓国語の長文の中でポコリと出てきた漢字語の

ハングルから漢字を想起するのは私には難しい…。

しかも、単語や語尾は例文を使って覚えた方がいい!

と思って(え?これも間違いでした(-_-)??)

日→韓の例文で単語帳を作った。

…らその例文の中でしかその単語・語尾を覚えていない…

という事態になった(´▽`)ノあはははは…。

考えてみたら공부や바쁘다を覚えるのに、いちいち例文を使って

覚えたわけではないハズ。

それに、ハン検に限って言えば、単語を選択する問題が多いので

選択肢の単語を見て

「…え~っと、この単語はどの例文で使ったっけ(-_-)??」

などと考えている余裕はないのだ。

その単語をパッと見て意味がパッとわからねばならない。

という事で、最近は非常にオーソドックスに単語・語尾とも

韓→日で単語帳を作っています。

韓の方には単語・語尾だけババンッと。

日の方(裏)には日本語での意味、その下に例文を書いて

覚えられない単語は、その意味と共に例文に目を通しながら

覚えるようにしています。

きっと、単語の覚え方って、

その人によって覚えやすい方法が違うと思うのですが、

コレが今の所、私には一番合っている単語帳^^

もっと効率的に頭の中にたたきこめる方法が

見つかるといいんですが…イヤイヤ語学に近道なし。

初詣のおみくじにもありました。

「小細工は避ける事」

「短気を起こして自ら事の成り立ちを破らぬように」

「小細工を考えないで(また(-_-;))正攻法をとれ」

って(-_-)…。

そ、そんなに小細工を考えてるつもりはないのですが…

短気は当たってるかな(・_・;)・…。

小細工せずに、コツコツ単語を覚えま~すヾ(≧▽≦)ノ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハングル検定受付開始!

ですね~^^

私も早速、申し込み!

…할까~말까~생각중이에요.

…てなカンジで(-_-)

なんせ、高い!

受かる見込みがないのに高い検定料払って受けるくらいなら

そのお金で教材を買った方がマシ!!

ってことで、前回はパスしました。

(そのお金が本当に教材に回ったのかどうかはナゾ(-_-))

しかし、今回はどうしよう(-_-)

相変わらず過去問といても、平均点+10点くらいで。

つまり合格ラインには程遠いってことで(゜-゜)…。

ま、受付は確か10月2日まで。

それまで何回過去問を解けるか?

どれだけ単語を覚えられるか?

幸か不幸か、TOPIKも近付いており、その対策のため

ハン検2級の単語を攻めているところであります。

ハン検2級単語とTOPIK高級単語って、結構重なってるものが

ある気がします(語尾や慣用表現も)。

上級への道は、結局、語彙力なのでしょう。

そして、私の様な丸暗記の超ニガテな人種は、

単語を語尾を、慣用表現を、時間をかけて

コツコツコツコツと覚えていくしかないのでしょう。

時間をかけ過ぎて、先に覚えた単語を忘れてしまう

悲しい現実と闘いながらも、時間をかけるしかない(/_;)

あ~~~~~bearing 暗記パンが欲しいbread!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六根清浄(ろっこんしょうじょう)육근청정

…ってご存知でしょうか。

先日、何気なく、母とマラソンの話をしていたら(母、マラソン歴なし)

「学校のマラソン大会とかで、最後の方で苦しくなったら

『六根清浄、六根清浄…』って唱えながら走った」のが、

母のマラソンの思い出だそうな。

六根清浄って何だ(-_-)?と尋ねると「仏教用語だと思うんだけど

詳しくは知らん。お遍路さんも使うはずだけど。

韓国語でもあるかも(母、韓国語学習中)」というので

調べてみたらあった~coldsweats01

六根清浄육근청정・・・한국말→コチラ   日本語→コチラ

私のわかる範囲での訳はこんなカンジ。

仏教用語。六根の執着を断ち切り、無碍(むげ:何物にも
妨げられない事、また、そのさま)の妙用(不思議な作用、
優れた働き)を発揮し清らかになる事で、六根浄ともいう。
〈根〉というのはサンスクリットのインドリア〈感覚器官〉の
漢訳語で、感覚器官とその器官が持つ能力を意味する。
六根というのは
眼根(視覚器官と視覚能力)、
耳根(聴覚器官と聴覚能力)、
鼻根〈嗅覚器官と嗅覚能力)、
舌根(味覚器官と味覚能力)、
身根(触覚器官と触覚能力)、
意根(思考器官と思考能力)の6種を言うが、
この六根が清らかになる事を六根清浄という。
仏教では修行と各種の浄行によってこの六根清浄を
得る事ができるという。
例えば、≪法華経≫〈法師功徳品〉では、
≪法華経≫経典の受持(仏の教えを銘記して忘れない事)
・読誦(経などを声をあげて読むこと)・書写を実行する事で
六根の感覚が各種の功徳を備え、
超人的能力を発揮すると同時に清らかになると説法している。
また、中国天台宗では、これに基づき、六根清浄を仏道修行の
進展を表す目標の一つとして考えており、
修行の階級に六根清浄位という位置を設けた。
後世になり、霊山などに上る時、金剛杖(お遍路で用いる杖)を
手に持ち〈六根清浄〉と声を出すのは、
そうする事で登山者の体と心が清らかになり、
その功徳により、無事に登山できる事を祈るという事で、
これは六根の罪の懺悔を説法した≪観普賢菩薩行法経≫という
経典に基づいている。
…だそうな(-_-)

母は、たまにこの様な、今の私達にはよくわからん呪文を教えてくれます(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習スタイル

私は、自慢じゃあないですが、結構沢山の教材を並行して使ってます。      

先日あげた「韓国語の公式」をはじめ、韓国語ジャーナル、

前田真彦先生の緑の本、ハン検2級合格を目指して、

それから、その時に応じて、翻訳課題として韓国の新聞関係のHPから

韓国文化を知る事が出来るような記事をひっぱってきたり、

原書本を読んだり、その他CD付きのリスニング教材を使ったり

単語帳を使ったり。                      

色々やってみて気付いたのは(あくまでも私の場合は、ですが)

とある教材で見かけた単語を、また他の教材で見かけると

「あ!さっきも会ったね!」とインプットしやすいというか、

気に留まりやすいのです、私の場合。

自分が知らないばかりに「こんな単語使うかよ~(-ω-)」と

思う様な単語も、他の教材や本で出てきたりして初めて

「あ、あんた案外重要だったのね(´▽`)ノ」と気づくことがあるのです。

なんか、1冊の問題集をががーーーっとやって達成感を得られるのも

いいなぁと思うし、並行して沢山の教材を使っていると、

1冊ずつにしてみると、月日の流れのわりにちょっとずつしか

進まないので、回り道してるみたいな気もしますが 

同じ教材ばかり使ってると、マンネリ化してイライラしてきちゃうんですよね~。

え(-_-)?飽きっぽいだけ(-_-)??そうかもしれないけど~(-ω-)

このイライラしながらの勉強は脳へのインプットによくない!と思うので

新鮮さや気分転換で脳に刺激を与え、円滑なインプットを図るためにも

(実際、円滑なインプットになってるのかは不明)

意識して、なるべく読む・書く・聞く・話すがまんべんなく学べるよう、

何種類かの教材を並行して使うようにしています。

ホントは「これ1冊やれば絶対、読む・書く・聞く・話す、

まんべんなく実力がつくよ!」という教材があれば一番嬉しいのですが、

なかなかそう都合のいいモノはありませんね~(^_^;)

前田先生の緑の本・赤の本が一番それに近いのでしょうが・・・

なかなかハードルの高い教材で、使いこなせていない感アリ(-_-)・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネイティブの公式

                日常韓国語会話ネイティブの公式

最近お気に入りの教材です。

「3場面で広がる日常韓国語会話 ネイティブの公式」

お持ちの方も多いでしょうか?

あまり一度に沢山は進めないのですが(^◇^;)

語尾や慣用表現を中心にまとめられている本です。

一単元につき3パターンの会話が提示されています。

まず、ノートに3単元分くらい、語尾・慣用表現を書きます。

1単元につき1ページです。

で、あとはひたすらパダスギです。

短い会話なのですが、それなりに面白い表現や知らない単語が

含まれていたりして、100%聞き取るのは至難の業です(私には)。

だから100%聞き取れた時は、ノートに「あっぱれ!」とか「Good job!」とかの

スタンプを押しちゃいます(淋しい独学の身ゆえ自分で自分を励ますしかない)。

丸つけをした後、シャドーイングをすると「あ!この音に騙されたのか!」など

思わぬ発見ができてこれまた楽しいです。

ちょっとした豆知識なんかも拾えて、楽しいです^^

なかなか100%聞き取れなくて「あっぱれ」スタンプが押せないので

時には「お疲れ様です」「よく頑張りました」スタンプを押します。

淋しいですね、えぇ(-ω-)・・・。

でも、楽しんでるんです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なれそめ③

…そんなわけで、ソンモちゃんの歌と共に韓国語に熱中してる私。

しかしながら、悲しい事に、私の住む町にある韓国語講座なるモノは

日本人講師による市民講座一つのみ(コースは二つくらいあるかも)。

時間も7時から8時前後と、子持ちの身にはちょっとつらい時間帯。

てなわけで、否応なしに独学の道を進んでいます。

まあ、独学もメリットは色々ありますけど。

人に合わせず自分のペースで進めますし、

自分で分かっている自分の弱点を中心に勉強進められますし。

んで、あまりに没頭しすぎてものすごくせつなくなる時が多々あります。

お気に入りの問題集や参考書を読んでいると、

目に入ってくる例文がとても愛おしく、美しく見えてきてしまって、

全て覚えたい衝動にかられるのですが

それができない自分がとてももどかしい。

それでも、そんな例文たちを眺めていると、

その例文たちがとても愛しくなってしまうのです。

(眺めてるだけじゃ無意味なんですけどね)

リスニング教材もしかり、あ~もっとこの韓国語の響きに浸っていたい、

耳の中にこの音がず~っと通っていてほしい、

と、うっとりとしてしまうのです(゜-゜)…。

目で耳で、韓国語に触れれば触れるほど、もっと触れていたい、

もっと知りたい、もっと近づきたい、と、ハマり込んでしまうのです。

これって、歌によく出てくる(?)♪보고 또 봐도 보고 싶은 사람ってヤツかしら?

そう思うと、韓国語って、恋人?私の想い人みたいheart04(片思いだけど)

と思ってしまったわけです。

そういうわけで、ブログタイトルがこんなタイトルになりました。

想いとはウラハラに、進み具合はノロノロと悲しいペースではありますが、

ここは一つ、牡牛の歩みで드문드문 걸어도 황소 걸음

(速度は遅い歩みでも着実で頼りがいのあること)を念頭に

すこ~しずつでも着実に、進んで行きたいと思います。

韓国語を学習されている皆さん、頑張りましょう~happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

画像初アップ

Img036 お友達から「ココログは画像のアップは簡単?」と聞かれたので

試してみましたが…ちゃんとアップされるかな~?

ま、画像と言ってもいろんなタイプがあるでしょうし

(「いろんなタイプがあるのだろう」という事しかわからない(/_;))

ヘルプ欄を見ると、画像に関する質問がいっぱいあったので

こんな絵がアップできたからと言って

「ココログは画像アップ簡単だよ♪」とは言い切れないよな(-_-)

ちなみにこの絵は、長女(小2)が夏休みの自由研究「野口英世新聞」のために書いた野口英世像で~す。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はじめまして

プロフィールの方でも、少々自己紹介をさせて頂いておりますが

北海道在住、三児の母、「海」と申しますm(_ _)m

日本cyワールドに籍を置いていましたが、日本cyの閉鎖に伴い、

引っ越し先を探してさまよい、思い切ってこちらでブログを始める事にしました^^

基本、韓国語ネタで行こうと思いますが、ナニブン、趣味が多岐にわたるため

時にはソンモちゃんネタ、時にはジョグネタ、時には子供ネタ、

時には工作ネタなど、ウロウロすると思います(^_^;)

一緒に韓国語の勉強、「コレわかんないよね!」「この教材つまらんかったよね!」

「この教材買っちゃったヾ(≧▽≦)ノ☆」「もう勉強疲れたよ(-_-)」など、

雑談できれば幸いです。

パソそのものを使いこなせていないので、ショボイブログかとは思いますが

何卒よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なれそめ②

ハングル文字を読めなかったころは、

あの文字はいったいどういう作りになっているのか?

ヒト塊が最小単位なのか?それともパーツが組み合わさっているのか?

五十音みたいのがあるのか?どこからどこまでが単語なんだ?

など、ただの不思議な「形」でしかなかったのに、

ㄱ=k、ㅏ=a、 ㅁ=mだから 감=kamで 막=mak!

その、あまりに合理的パズル的な文字の世界にあっという間に

引きずり込まれてしまった!

そして、さわやか笑顔のRyuのアルバムも購入し、

韓ドラにも手を染め、着々と韓流への道へと引きずり込まれ、

その後はまった韓ドラが「パリの恋人」♪

そしてもちろん(?)DVDボックスもOSTも購入し、

「チョ・ソンモ」を知ることになったのである。

ヒジョーに何気なく買ったチョ・ソンモの5集、6集を聴いた時、

その、とても美しい韓国語の発音にカンドーした!

Ryuの時には感じなかったんだけど(Ryu&Ryuファンの方々、

ミアナムニダ~m(_ _)m)ㅗとㅓの発音の違いとか

ㅡ とㅣの発音の違いとか、激音・濃音が、ものすごくわかりやすい!

目を閉じて聴いていると歌っている口元が目に浮かぶようだし、

一緒に歌っていると、自分の発音の違いがよくわかる。

そして、とあるサイトで知り合ったソンモちゃんファンの方に

「動くソンモを見たらもっとはまるよ^m^」とそそのかされて手にした

ソンモちゃんのDVDを見て…すっかりソンモちゃんに落ちてしまった(-_-)

歌がうまいのはもちろん、予想通り、歌っている口の形がとてもはっきりして

韓国語の勉強になるのはもちろん、彼の、屈託のないガハハ笑いと

チョーシコキなふるまいに、私はやられてしまったのだ~(*゚ー゚*)…。

《なれそめ③に続く…》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なれそめ①

私が韓国語にはまったのは2005年の5月くらい。

それまでは趣味と言えば英語一本!自分の時間は100%英語に充てる!

という生活だったので、

ハングル文字を見ては、この字はどういう仕組みになってるのかいな~(-ω-)

と思う程度で、ま、子育てがひと段落して、時間に余裕ができたら、

ちょっとかじってみてもいいかな~、くらいの興味だった。

その後、生後2週間の三女が入院する事になり、同室入院で年越しするハメになった

私が、新生児との入院でできる事と言えば…テレビ見る事くらいで(-ω-)

丁度「冬ソナのRyu」がちょこちょこと年末番組に出ていたけれど、

「アンチ流行」の私、冬ソナにはときめかなかったし、冬ソナの歌聴いても

「くら(暗)っ!」と思うくらいで、全くときめかず(-_-)

年が明けて退院し、三女の夜中の授乳中に、何気な~く見た

「サンドゥ!学校へ行こう!」が私が見た初めての韓ドラ。

これは、なかなか面白いんじゃない?と、結構楽しんだ。

結末にはぶっ飛びましたが(´▽`)ノ・・・。

その後、再び何気な~く見た「テレビハングル講座」。

これが運命の出会い!

さわやかに微笑んでいるRyuにやられてしまったヾ(≧▽≦)ノ☆

丁度、英語に行き詰っている時で、趣味で始めた英語が苦しくなってしまって、

ならば、ここはイッチョ、気分転換、苦しくならない程度のかる~い趣味程度で

韓国語をかじってみましょう♪・・・と思った私がバカだった(-_-)

《なれそめ②に続く・・・》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆準備中☆

本日ココログに仲間入り。

準備中です…(* v v)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年9月 »